気分は有名バンドマン!歌って踊って曜日や月をマスター! - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]Days and seasons 日付

Welcome to Mr.Kame's English with fun

気分は有名バンドマン!歌って踊って曜日や月をマスター!

Mr.Kame

Mr.Kame

calendar

今日から、曜日、月の名前そして四季を英語で言えるようになるための教材やアクティビティーを紹介していきます。

まず、今回はビデオ教材です。

7つの曜日、12の月、そして4つの四季と単語数は限られていますので、いかに繰り返して覚えてしまうかです。

暗記力が良い子は一時間のうちにあっという間に覚えてしまいます。

今回はすべてのビデオ教材をここで紹介していますが、実際授業をする際は曜日で1時間、12の月で1時間、四季で一時間と一つずつ授業で行っていきます。

単元によっては、フラシュカードや、パワーポイントなどが有効な場合がありますが、この単元は歌が一番です。

歌って覚えましょう。

ノリノリラップで7つの曜日を英語で言おう!

まずは曜日からです。

7Day a weekというように7つの曜日を歌って覚えてしまいます。


リズムも良く7つの曜日を繰り返し歌っていきます。

一回ごとに、小さい声、大きな声、手拍子と一緒など少しずつバリエーションをかえているので子ども達も飽きることなく繰り返して歌ってくれます。

単に繰り返すだけでなく、少し変化が欲しい方にピッタリのビデオ教材です。


2曲目もアップテンポで曜日を繰り返えす歌です。

この曲はアニメーションがかわいく子ども達の興味を引くようにできていますので特に幼児や小学校低学年の子ども達に人気があります。


暗記するためには繰り返し言うことが必要なのですが、反復練習ほど退屈なものはありません。

このビデオはラップになっています。

少し年齢が大きな子ども達で先に紹介して2曲は幼稚すぎる場合はこちらを使用します。

特に活発な男の子がクラスにいる場合はこの曲を利用します。


最後は、ゆっくりなテンポで曜日を一つずつ学習したい場合はこちらをお勧めします。

単語一つずつを丁寧に発音してくれています。

幼稚園や小学校低学年向けのビデオです。

バンドマンになりきって12の月を英語で歌おう!

次は12の月を英語で言えるようにするためのビデオ教材です。


長年英語を教えてきていますが、この曲は必ず使っています。

幼児から小学生さらには中学生まで使用できます。

子ども達が好きなリズムで、Matさんが色々な楽器を弾く真似をしながら歌います。

子ども達もバンドマンになった気分で楽器を弾く真似をしながら歌います。

Matさんが言った後に繰り返して言う時間が取られているので子ども達も簡単に繰り返して発音することができます。


こちらのビデオはゆっくり一つずつ丁寧に月を発音してくれているビデオです。

フラシュカードのように一つずつビデオを止めて発音を確認する場合に利用できます。

Matさんのビデオなどと違い面白みはありませんが、一つずつ確実に確認したい場合はこちらのビデオを利用できます。

季節は4つしかいない!

四季は4つしかありません。

4つの単語を教えることはそれほど難しくはありません。

なので、四季を教える場合はそれと同時に、関係性のある質問を一緒にしながら英語の表現力などを付ける活動も一緒にしていきます。


セサミストリートプレゼンツのビデオです。

それぞれのシーズンで写真が若干異なるので、それについて質問してきます。

What do you see in the picture?

などと聞いてみたり、

What is this?

と何かを指さしえて単語を知っているか確認していきます。


こちらのビデオは、季節と一緒にそれに関連する英単語も紹介してくれています。

紹介されているもの以外にどんなものがそれぞれの季節で見ることができるか、何ができるかなどを一緒に聞いていきます。

What can you do in spring?

What do you see in spring?

などです。


四季を学習する歌です。

この曲は

What is your favourite season?

I like spring.

と自分のお気に入りのシーズンは何かを歌っています。

いつもの様に簡単な振り付けもあるので子ども達と一緒に踊りながら歌うことができます。


聞きなれた曲に合わせて四季を言う歌です。

幼児や小学生でもすぐに歌えるようになるのでお勧めです。

もとの曲を知っていると学習スピードが上がります。

教材の選び方も大切なんだなと感じます。

最後に

本日は、曜日、月、四季を英語で言えるようになるためのビデオ教材を紹介しました。

次回は、パワーポイント教材を紹介しようと思いますのでそちらもぜひご確認ください。

それでは、今日も良い一日を!

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.