Welcome to Mr.Kame's English with fun

海外版ババ抜き!子どもが喜ぶ英語ゲームGo Fish!

Mr.Kame

Mr.Kame

clothes pic

今回はGo fish!というカードゲームを紹介します。

このゲームを始めて私が行ったのもカナダ人の先生の英語の授業でした。

クラスが大人数になると色々と難しくなるので授業で私自身が扱うことは減ってきましたがトランプが好きな子ども達なら気に入ってくれます。

海外版ババ抜きです。

インターネットで検索すると英語授業用のたくさんのGo Fish用カードを見つけることができます。

今回はその中のいくつかを例にとりながら紹介していきます。

Go Fish事前準備

Go fish!をするにあたりカードを準備が必要になります。

英語の練習をすることを目的としていますので、1つのグループを4人程度にします。

人数が増えるとカードがそろわなくなるのでゲームは長引きますが、待ち時間も増えてしまうので4,5人をお勧めします。

一つのグループにカードを1セット配るので、グループの分だけカードを準備します。

clothes go fish

必ずペアができるようにカードを印刷してください。

同じカードが2枚のセットもしくは、トランプのように同じカードが4枚のセットが考えられます。

単語の数やグループの人数によって枚数を調節してください。

ここで紹介したカードは以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Clothes Go Fish cards(ゴーフィッシュカード洋服編)

Go Fishルール

Go Fishのルールを簡単に説明します。

もしかしたらGo fishオリジナルのルールと異なる可能性がありますので、ご了承ください。

■Go Fishルール説明■
1)カードを一人5枚配ります。

トランプと同じで、よくシャッフルしてからカードを配ります。

一人5枚ずつくばり、残ったカードはテーブルの真ん中に置きます。

2)同じカードがあるか確認する。

ババ抜きと同じで、まずカードが配られたら同じカードがあるか確認します。

同じカードがあったら机の上にペアとして出しましょう。

3)最初にカードを選ぶ人を決めます。

じゃんけんなどをして誰からゲームをスタートさせるか決めます。

そのあとは、時計回りなどにします。

4)欲しいカードを持っていそうな人に質問する。

このゲームが、ババ抜きと違うところはここからです。

最初にプレーする人は自分の手札をみます。

ペアを作っていき、最初にカードが無くなった人が勝ちになるので、自分が欲しいカードをもっていそうな人を選びその人に

Are you wearing ........?と聞きます。

選ぶ人は、誰でもOKです。右隣や左隣でなくてもOKです。

つまり他の人の質問を聞いていると誰がどのカードを持っているのか、持っていないかがわかってきます。

5)聞かれた人は、自分が聞かれたカードを持っているか確認します。

聞かれた人は、聞かれたカードがあるか確認してから答えます。

答えがYesつまり、そのカードを持っていた場合

持っていいたら、Yes, I am. と答え当てられた人が当てた人にカードを渡します。

もらったひとはもう一つのカードとペアにして机の上に置きます。

答えがNoつまり、持ってなかった場合

持っていなかったらNo, I'm not.と答え、さらにGo fishといいます。

外した人は、余って、机の上のあるカードから一枚引きます。

つまり手持ちのカードが一枚増えてしまいます。

これは、外した人つまり、質問した人だけカードを引きます。

6)次の人の番になります。

同じように質問をして、当たっていたらカードを出し、外れたらカードを引きます。

7)最初にカードがなくなった人が勝ち

自分のカードがそろって最初に無くなった人が勝ち

以上が簡単なルールになります。

説明がうまくなくてすみません。

Go Fish授業の流れ

授業での流れを簡単に説明します。

1)簡単に服やアクセサリーの英単語を復習

短時間に今日使う単語を復習します。

そうすることで、英語が苦手な子どもが活動に入りやすくなります。

2)Go Fishのルール説明

初めて行うゲームなので子ども達にルール説明をします。

3)グループを作る

クラスの人数にもよりますが1グループ4人程度のグループをつくります。

4)カードを配りゲームスタート

各グループに準備したカードを1セットずつ配りゲームスタート

5)手持ちのカードが無くなったら勝ち

時間によっては何回かゲームができると思います。

同じグループでやるのもよし、グループを決めて行うもよし、勝った人同士でやってチャンピオンを決めるのをいいと思います。

Go Fishカードのダウンロード

今回は、洋服をテーマにしたGo Fishのカードを例として表示しましが、他の単元でも当然使えます。

さらに、インターネット上ではそれらのカードをダウンロードできます。

忙しい教師の皆さんの強い味方、作ってくださった方に感謝しながら使用させていただいています。

引用サイト(外部リンク)
Go Fish Cards 洋服編(要無料会員登録)
これまで学習した単元のGo Fish cards は以下のリンクからダウンロードできます。
引用サイト(外部リンク)
Go Fish Cards 文房具編(要無料会員登録)
Go Fish Cards 家具編(要無料会員登録)
Go Fish Cards 身近な建物編(要無料会員登録)

最後に

今回は英語の授業で使える人気のパーティーゲームGo Fishを紹介しました。

色々なテーマでできるカードゲームですので、英語の時間だけでなく、学級の時間などで利用できます。

ぜひ楽しんでください。

皆さんも、子ども達が盛り上がる楽しいゲームがありましたらコメント欄よりお知らせください。

よろしくお願いします。

それでは、今日も良い一日を!

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.