簡単‼英語を習い始めた小学生がアルファベットと一緒に26の英単語を覚える方法! - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]The Alphabet アルファベット

Welcome to Mr.Kame's English with fun

簡単‼英語を習い始めた小学生がアルファベットと一緒に26の英単語を覚える方法!

Mr.Kame

Mr.Kame

alphabet blocks

限られた時間と教材のなかで何とかして効率よく英語を教えたいと考えるのが教師です。

今回の記事は英語学習を始めたばかりの子ども達にアルファベットを教えるついでに英単語26個を教えてしまおうというものです。

とっても欲張りな話ですが、私はやっています。

若い時の記憶力はすごいです。あっという間に覚えてしまいます。

まずはアルファベット26文字をマスター

まずは他の記事で紹介している活動を通して英語のアルファベットと触れ合いましょう。

いきなり26単語はハードルが高いです。

最低限アルファベットが言え、アルファベットが識別できるようになっていることが好ましいです。

そのために

を参考に数時間アルファベットについての学習を進めてください。

alphabets chart

上の画像を見てください。

もうお分かりですよね。どうして26単語なのか。

英語のアルファベット一つにつき一つの英単語を教えます。

26文字ですので26単語になります。

一つの文字について2,3単語教えたこともありましたが数が多いと覚えきれません。

まずは一文字一単語で26単語覚えましょう。

覚える事ができればそれが自信になり次につながっていきます。

いきなり26単語も子ども達に教える事ができるの?と思われる方がいるかと思いますが、大丈夫です。

目標は書けるようになることではないので小学校2,3年生なら間違いなくできると思います。

ただ、覚えやすい身じかな単語を選ぶことは忘れないでください。

私は上のアルファベット表を無料でダウンロードしそこに出てくる26単語をそのまま利用しています。

小学校1年生以下が対象の場合はまだ平仮名もかけないので聞いて音で覚えていく活動になります。

このサイトでは単元ごとに新しい英単語を学習していきますのでその都度新しい単語を学習していきます。

小学校英語では700単語程度教えることになっています。

その単語からと思われる場合は市販の本に700単語をすべて入れて英単語カードにしてくれているものがありますのでそちらを参考にしてください。


レピピアルマリオ小学英単語カード700 熟語・会話フレーズつき

また、パワーポイント教材でもアルファベットと共に英単語を紹介してくれているものもありますのでそちらを参考にされたい方は以下のページを参照してください。

参考英語教材
アルファベットの発音記号と単語の音声発音付きパワーポイント教材でアルファベットをマスター

ABC英語カードを作ろう

ワークシートですがカラーコピーできなければモノクロ印刷で子ども達が色を塗ればいいです。

私は年齢が小さい時は色を塗る活動も取り入れるようにしています。

今回は上の載せたアルファベット表を印刷してそれを利用する事として説明していきます。

【英単語26英語カードの作り方】

1.カードをはさみで切ってカードを作る

はさみで切ってカードを作りましょう。

カラーでないときは色を塗りましょう。

しっかり作れば愛着がわき大切に使ってくれます。

2.英単語をカードの裏面に書き込む

英単語ですが裏面に書き込みます。

教師が黒板にアルファベット順に英語で書いていきます。

絵を見れば何かわかるので日本語は書きません!

全員一緒に確認しながら書き込んでいきます。

26単語書き込んだらカードは完成です。

次にこのカードを使ってどのように26単語を暗記するのか紹介します。

ABC英語カードを利用した楽しい活動例

さて、カードが完成しました。

片面にはイラスト、裏面には英単語が書かれています。

イラストと英単語を同じ面に書かないことでいろいろな活動が可能になってきます。

そして重要なのはいかに子ども達に楽しみながら26単語覚えさせるかです!

ここでは3つの指導方法を紹介します

1)ABCカルタで英単語26個を覚える

参考活動例
日本の伝統文化だって利用できる!ABCかるたで英語のアルファベットを覚えよう!

この記事で紹介している活動例のようにカルタ遊びをします。

まず、机にカードを並べます。

1)絵の描いてある方を上にし英単語をランダムに言う。

子どもは英単語を聞いてその絵が描かれているカードを探します。

2)英単語が書かれている方を上にして並べる

教師は英単語の日本語をいい、その日本語とマッチする英単語を探してとる。

個人戦やチーム戦などいろいろな活動方法が考えられます。

詳しい活動方法は上の記事を参照にしてください。

2)WordBoxを利用して英単語を暗記する

参考英語活動
みんなで楽しみながらできる秘密の英単語暗記法‼WORD BOXを作ろう!

カルタ遊びが終わったらそれで終わりではありません。

せっかく作ったカードですので何度も何度も使っていきます。

授業が終わったら必ず自分のワードボックスに入れて、時間のある時に復習します。

家に持ち帰って家族とカルタ遊びをするのもいいと思います。

初めのうちはクラスで毎日時間が取れるのが一番良いと思います。

3)黒板を使ってスラップ

この活動は子ども達が作ったカードではなく黒板に英単語を書きます。

26個の英単語をランダムに黒板に書きます。

そして、2人ずつ黒板の前に出てもらって対戦します。

教師が日本語で単語を言って、子ども達が黒板に書かれている英単語から言われた単語を見つけ出してタッチします。

かなり盛り上がりますが、2人ずつでのゲームになるのでクラスの人数が多い時には向かないと思われます。

詳しくは

参考活動例
文房具を英語で言えるようにするための楽しい英語活動‼”Slap(スラップ)”&”Bingo(ビンゴゲーム)”

にて説明していますのでご覧ください。

また、クラスに一つ市販されているアルファベットと英単語を学習できる教材もありますので興味がある方はチェックしてみてください。

何度も貼って、はがせるので繰り返し学習に適しています。

ぺたぺたシールで何度もABCアルファベットを学習

無料でABCカードがダウンロードできるサイト

忙しい時に役立つのが無料教材です。

無料教材が利用できるのであればそれを利用し、どのようにその教材を使用するのか考えることに時間をかけた方が効率的です。

上に掲載したアルファベットチャートは以下のリンクからダウンロードできます。

私も無料教材を利用します。教材を一から作ると膨大な時間がかかります。

引用サイト(外部リンク)
The Alphabet chart(ページ右にあるダウンロードをクリック)

私がよく利用するもう一つのアルファベットチャートはこちら

引用サイト(外部リンク)
Alphabet and Letter Sounds Charts(ページ右にあるダウンロードをクリック)

2つ目の教材はカーラー、モノクロ、英語表記入り、英語表記なしと種類が豊富なのでお勧めです。

ABCカードを使った活動の他に、ABC Bookletを作る活動もあります。参考にどうぞ。

小学校英語楽しいプリント学習ABC Booklet
引用サイト
小学校英語楽しいプリント学習ABC booklet
(無料教材ダウンロードサイト、無料会員登録が必要になります。

最後に

この活動をするのは年度の初めなのでこの時、私はワードボックスについて子ども達に話をします。

子ども達は家に帰って箱を探すところから始まります。

楽しい教材を通して皆さんも英語が大好きな子どもたちを育てていきましょう。

それではみなさんも楽しんで。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.