Welcome to Mr.Kame's English with fun

犯罪者を逮捕しろ!?服装の情報を正確に読み取り全員逮捕だ!?

Mr.Kame

Mr.Kame

clothes

自分の服装について話せるようになるための授業、教材研究2回目です。

今回は、パワーポイント教材を紹介します。

前回、導入として利用できるビデオ教材を紹介しました。

そちらは、以下のリンクからご確認ください。

色々な服の英単語の他に、服装についての簡単な英語の説明を聞いて誰について話しているかわかるようにするのが今回のテーマです。

参考英語教材
マッスルマンスーツ!?今日着ている服は何?

安定のフラシュカード式パワーポイント教材2選!

まず最初に紹介するのはフラシュカード式のパワーポイント教材です。

2つ紹介していますが、一つは写真、もう一つはイラストです。

どちらか好きなほうを選んで使用してください。

他の単元ではイラストを利用することが多いので、私のお勧めは写真のものです。

ビデオと違い、個人で編集し、余計な単語などは削除できるので便利です。

一回に教える単語数としては20前後、30を超えると難しいの一回に教える単語を絞っていきましょう。

clothing ppt

スライドをスタートすると上の様な写真が出てきます。

ターゲットとなる服は色がついていますのですぐにわかります。

上の画像を例にとると、帽子だけがオレンジ色になっています。

復習であるのなら、What is this?と聞いてみましょう。

せっかく色がついているので、It's a orange cap.と答えてもらいます。

できる限り単語だけでなくフレーズで練習していきます。

clothing ppt2

色々な単元で使用している音声付きパワーポイントです。

私のお気に入りのシリーズですが、毎回同じものを利用すると子ども達の反応も悪くなるので、今回はサブ的な扱いになっています。

イラストを見せて、英語を答えてもらったり、英語を聞いて何なのか当てたりと利用方法は様々です。

ここで紹介した2つのパワーポイント教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
フラシュカード形式パワーポイント教材:洋服写真編
フラシュカード形式パワーポイント教材:洋服イラスト編

一人で着替えられるかな?

2つ目のパワーポイント教材は着替えをお手伝いする設定になっています。

英単語を見てどこの洋服について言っているのか判別します。

clothing ppt3

パワーポイントをスタートさせると上の図のように男の子か、女の子がクローゼットの前に立っている画像がでてきます。

そして、その子がI need .......と何が必要か吹き出しに書かれているのでそれを読み取り、どれのことを言っているかを判断し、その洋服をクリックします。

最初に紹介したパワーポイント教材に登場する洋服などほぼすべてを網羅しているので単語数がかなりありますが、そのあたりは選んで行います。

全体指導の復習や活動として利用できます。

こちらのパワーポイント教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
着替えをお手伝い!パワーポイント教材(要無料会員登録)

10代学生のファッションチェック
clothing ppt4

3つ目に紹介するのは、バス停で待っている人達の服装を見て誰のことを言っているのか当てるパワーポイント教材です。

一番上に英語で説明文が表示されます。

上の例だと、”Who is wearing a green T-shirt and brown shoes?”になります。

待っている人から当確する人を見つけ出し、名前の部分をクリックします。

ところどころ説明や色、イラストが曖昧なものがありますが、他の人たちの服装を考慮すれば答えは見つかります。

全員分の問題が終わるとスクールバスが来てそれに乗っていきます。

そして次の人たちが並んでいる画像になります。

問題数がかなりありますので、いくつか選んで行います。

こちらのパワーポイント教材は以下のリンクからダウンロードできます。

参考サイト(外部リンク)
若者の服装当てパワーポイント教材(要無料会員登録)

君は全員逮捕できるか!?

今回最後に紹介するのはWanted!犯罪者を逮捕するパワーポイント教材です。

clothing ppt5

スライドショーをスタートさせると上の様な3人のカーボーイが登場します。

画面の一番上に英語でだれが犯罪者なのか書かれているのでそれを読み、当確するカーボーイの名前をクリックします。

見事無事に当てることができると、刑務所の画像がでてきます。

もしも外してしまうとそこでゲームオーバーになります。

子ども達には全員無事に逮捕できるように注意して英文を読むように伝えます。

読むことが難しい場合は、教師が読んで聞かせましょう。

こちらのパワーポイント教材は以下のリンクからダウンロードできます。

参考サイト(外部リンク)
犯罪者を逮捕せよ!服装当てパワーポイント教材(要無料会員登録)

最後に

今回は服装を学習する場合に使用できるパワーポイント教材を紹介しました。

ここまでで、以下の点ができるようになっていたら目標今回の目標は達成されています。

1)基本的な洋服の名前を英語で言える。

2)服装についての英語の説明文を読んだり、聞いて誰のことを言っているかわかる。
です。

次回はこれらをより定着させるためのアクティビティーや表現活動を紹介していきます。

そちらもぜひご覧ください。

それでは、よい一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.