君もYoutuber!小学生向け実践型英語の宿題!自分の家の周りにある建物を英語で紹介しよう! - My city建物や場所英語指導方法・教材

Welcome to Mr.Kame's English with fun

君もYoutuber!小学生向け実践型英語の宿題!自分の家の周りにある建物を英語で紹介しよう!

Mr.Kame

Mr.Kame

my city

これまで、身の回りにある建物や場所の名前をテーマにし、それらの名前を英語で言えるようになること、それらの場所には何があって、何ができるのか英語で言える事とを目標とした教材や、英語活動を紹介してきました。

これまでの授業、教材案をご覧になっていない方は以下の授業案を参考にしてください。

参考英語教材
Around the city参考教材、授業例一覧

今回はこれまで学習した事を実際に使い自分の家の周りについて英語で紹介するビデオを撮影してもらうビデオホームワーク活動を紹介します。

ビデオホームワークとは
  • これまで学習した事を使って実際に英語を話す事を目的とする英語の宿題

  • 子ども達はその時のテーマに沿った事を英語で話しそれをビデオで撮影して提出する

これまでテーマごとに4回ほどビデオホームワークを紹介してきました。

家庭も巻き込んだ英語学習として私がよく出す宿題の1つです。

これまでの別単元でのビデオホームワークは以下のリンクからご覧ください。

参考英語活動
・家庭も巻き込め‼実践型英語家庭学習!文房具編:『What's in my bag?』
・英語で自己表現できるようになるための小学校英語活動!ビデオホームワーク2”Around my desk”
・MY HOME自分の家を英語で紹介しよう!小学校英語教育ビデオホームワーク
・小学生が『私の家族』について英語で話す!ビデオホームワーク

それでは今回のビデオホームワークの詳細、進め方を紹介していきます。


小学生向け実践型英語の宿題ビデオホームワークのテーマ

いつもの様に授業の終わりにビデオホームワークのテーマと例文を紹介します。

小学生向け実践型英語ビデオホームワークの目的

ビデオホームワークは単元の学習が終わり、学習した事を使う事を目的としているので単元を一通り学習し終わった時に宿題として出します。

さらに英語の授業だけでなくその他の時間でも英語を使う機会を与える目的もあります。

今回のビデオホームワークのテーマ
  • 私の家の周り『Around my house

英語の宿題小学生用ビデオホームワークの内容】

今回のビデオホームワークは次の事を英語で話してもらいます。

  • 自分の家の近所にはどんな建物や場所があるのか

  • それらの場所には何があるのか

  • そこでは何ができるのか

まるでYoutuberになって、家の周りをレポートしてもらいます。

これまで学習してきたことをフルにつかって、色々説明してもらいましょう。

小学生向け英語の宿題ビデオホームワークの例文とルール

テーマの後に黒板に例文と今回の宿題の決まり事を書きます。

英語が苦手な子どももいますので、例文を必ず教える事でそれを基に子ども達は自分自身のセリフを考えます。

ビデオホームワークの板書用例文と守るべきルール

■ビデオホームワーク例文■
紹介したい建物の前に行きビデオをスタートする。

Around my house.

This is a supermarket.(建物の名前を言う)

It's next to the book shop.(位置関係をビデオで見せる)

There are ....... in the supermarket.(何があるか言う)

I can buy ....... (何ができるか言う)


ビデオホームワークのルール
  • 最低一つの建物に対して3文以上。そして3つ以上の建物や場所について英語で紹介してビデオをとる。

ビデオを停止させ、次の建物に行き再生することが難しい場合は、一つの建物ごとで1つのビデオを撮影し、3つのビデオを撮っても良いことにします。

最近はアプリなどで簡単に動画編集も可能なので撮影後に3つのビデオを1つにつなげる事も可能です。

撮ったビデオはLine等を利用して送ってもらうか、USBに入れて持参してもらいます。

いつもの様に期間は1週間。次回の授業まで。

宿題で撮影したビデオを授業での鑑賞

一週間後の授業で鑑賞会をします。

鑑賞中にどんな活動ができるか紹介します。

ビデオ鑑賞中にできる英語活動

まず一回ビデオを流しみんなで鑑賞します。

次にビデオを止めながらビデオについての質問や紹介してくれた建物についての質問をします。

Where is this?(建物の名前を聞く)

What are there in the .......?(何があるか聞く)

What can you do there?(何ができるか聞く)

などが考えられます。

そのほかに、ビデオに入り込んできたものについて聞きます。

What is it?(ビデオに写っているものを指さして。)

What colour is it?(色を聞く)

子ども達のレベルと年齢に合わせて質問を変えます。

こんな流れでビデオを順番に鑑賞していきます。

最後に

このビデオホームワークをもって、この”My city”の単元は終了です。

単元の一番最初に立てた目標は達成したでしょうか。

もう一度だけおさらいです。

1)身近な建物の名前を英語で言える

2)身近な建物で何ができるか英語で説明できる。

3)簡単な地図をみて、その建物がどこにあるか英語で説明できる。

どうでしょう。

もう少し学習を進めた後に、道を聞いたり、道案内をする単元がありますので、その時にもう一度復習することになります。

子ども達はすぐに忘れてしまいますが、時々復習することで定着していきます。

それでは、今日も良い一日を


Comments 0

There are no comments yet.