Welcome to Mr.Kame's English with fun

どこで何ができるか言えるかな?子ども英語:身近な建物

Mr.Kame

Mr.Kame

winter street

身の回りにある建物を引き続き学習していきます。

これまでの授業、教材例は以下のリンクからご覧ください。

参考英語指導
身の回りにある建物を英語で言える?子ども英語ビデオ教材4選!
隠れているのは何?!モザイククイズで身近な建物をマスター!子ども英語PPT教材
ヒントを読み解き泥棒を捕まえろ!身近な建物の名前を言い当てろ!
今回は英語の表現活動を中心に紹介します。

何回かの段階を経て、自分がいる建物に何があって、何ができるのか英語で言えるようになるこどです。

最初は文章を作るのは難しいと思いますが、単語からスタートして最終的には英文で言えることを目標にします。

隠れている場所はどこ?こども英語ビデオ教材

まずは建物の名前をゲームで復習します。


ビデオをスタートすると建物が完全に六角形に埋め尽くされた画面が出てきます。

少しずつ六角形が消えていき、建物が見えてくるのでそれをヒントにどこか当てるゲームです。

ビデオ教材なので編集はできませんが、忙しい教師には完全に準備されているこういったビデオ教材は非常に助かります。

教材研究なしにビデオを流すだけ、忙しい教師の味方です。

さらにゲーム形式なので子ども達も喜びます。

一石二鳥!何ができるかも一緒に学習!

2つ目は、場所と何ができるかの表現する時に使える動詞や名詞を学習できるビデオ教材です。


このビデオは動詞も学習できるので、英語表現の幅を広げるため、この単元の目標を達成するためにとても優れたビデオ教材です。

Park(公園)をだけでなく、I play in the park(公園で遊ぶ)とそこで何ができるのか1つ英語の例文が紹介されます。

小さい子ども達はこのようにフレーズごとに慣れて覚えていくことが一番近道ですので、お勧めです。

知らない動詞が出てきたらその都度説明していきます。

例文は現在形になっていますが、Canを使って、I can play in the parkといってもいいと思います。

Canを習ったばかりなのでそのほうが子ども達にとってもいいです。

紹介された例文を黒板に書きだすなどすると子ども達も見ながら使えるようになります。

当然できることは1つでないので、What else can we do in the park?と聞いて他にできることを言ってもらいます。

I can walk.

I can play basketball.

など色々他にもできることが出てきます。

他の場所についても同じようにビデオを止めながら質問していきます。

助けて!私はどこに行ったらいいの?

ここで紹介するのは、Where should I go?とどこに行ったらいいのか考えるクイズ形式のビデオ教材です。


子ども達にはShould(-すべき)は教えていませんが簡単に意味だけ伝えればOKです。

前回の授業でWhere do I need to go?が出てきているので似たような意味です。

ビデオをスタートさせると一つ状況が出てきます。

例として

I am hungry. Where should I go?

などです。ここで答えを聞いても良いのですが、このビデオは3択になっています。

つまり上のヒントのあとに、

Supermarket? School? Restaurant?

と3つの場所の候補が出てきます。

3つ目が出てきたところでビデオを止めて子ども達にどこに行くか聞きます。

一つずつ聞いていってもいいと思います。

選択問題なので小学校低学年にも使える楽しいビデオ教材です。

Let's go shopping!どこで何が買えるの?

最後は表現活動の導入です。

what can I do here

Let's go shopping!ということで買い物に行きます。(買い物出ないところもあります。)

上の画像のようにお店のイラストが出てきます。

まずは、Where is it?と場所を確認します。

場所が確認できたら、What can you buy?と何を買うことができるか言ってもらいます。

たくさんの物を買える場所もあるので、思いつくだけ言ってもらいます。

その場合、単にCakeと単語を言うのではなくフレーズとしてI can buy.....と言ってもらうようにします。

小さなことですが、初心者にとって文を丸ごと言うのと単語だけでは大きな差があります。

めんどくさいといわずにフルセンテンスを心がけます。

他の場所も同じで、店の名前とそこで何ができるのか、何が買えるのかを言っていきます。

こちらで紹介したパワーポイント教材は以下のリンクよりダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Let's go shopping!What can we buy here?教材(要無料会員登録)

最後に

今回は少しずつ表現活動へのステップアップができる教材を紹介しました。

いきなり英語は話せるようにはなりませんが、少しずつの積み重ね、継続で必ず話せるようになります。

結局、根気よく継続できる人が目標を達成できるんです。

当然、人によって学習スピードは異なりますが、どうであれ、継続です。

それでは、これからも子ども達が継続的に学習に取り組めるように英語教材を紹介していきます。

では、今日も良い一日を!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.