Welcome to Mr.Kame's English with fun

ヒントを読み解き泥棒を捕まえろ!身近な建物の名前を言い当てろ!

Mr.Kame

Mr.Kame

door

2回にわたって身近な建物の名前を英語で言えるようになるための学習をしてきました。

今回はそれぞれの建物には何があって、何ができるのか英語で言えるようになる事を目標にした教材や英語活動を紹介します。

前回までの授業案は以下のリンクからご確認ください。

参考英語活動
身の回りにある建物を英語で言える?子ども英語ビデオ教材4選!
隠れているのは何?!モザイククイズで身近な建物をマスター!子ども英語PPT教材
今回は何があるか、何ができるか聞いたり見たりして場所を当てることができるようになる教材を紹介します。

次回、それぞれの子ども達が英語で何ができるか、何があるか言えるようになるための英語活動を紹介します。そちらもご確認ください。

ハングマン形式でスペリングも覚えよう!

最初に紹介するのは、パワーポイント教材です。

このパワーポイントは建物のイラストと何ができるかを見て、場所を考える教材です。

places in the city quiz

身近な建物Hang Man形式パワーポイント教材の使い方

皆さんはハングマンってご存じでしょうか?

隠れている英単語を当てるために、アルファベットを1つずつ選んでいき、一つ外れるごとに棒人間を描いていき、人が首を吊る前に英単語を当てるというゲームです。

詳しいハングマンについては後日紹介します。

今回のパワーポイント教材はそのハングマンに少し似たものです。

1)スライドショーをスタートさせる

スライドショーをスタートさせるとその場所で何ができるかが英語で書かれたものが出てきます。

上の例でいうと”Here you can send letters and buy stamps”の部分です。

まずはこの英文のヒントでどこか考えます。

英語を日本語にしてしまうとすぐにわかってしまうのでそこは子ども達に考えさせます。

2)イラストを表示させる

英語だけではわからない場合は、Hintという青のボタンがあるのでそれをクリックします。

そうすると上の画像のように建物のイラストが表示されます。

そのイラストも合わせてどこなのか考えます。

3)英単語のスペルを言い当てる

この部分がハングマンと同じ部分です。

答えがわかったらその英単語を単に言うのではなく、スペルを言います。

郵便局が答えの場合は、P-o-s-t O-f-f-i-c-eとなります。

画像に乗っていませんが、アルファベットが並んでいるのでそれをクリックします。

そのアルファベットが単語の中にあると、上の画像のように青の文字で文字の場所に並んでいきます。

最終的に英単語を完成させると正解です。

これまで、話すことに力を入れてきていますが、ハングマンは英単語のスペルを覚えるのに有効な英語活動です。

子ども達が小さくてスペルを言うのが無理の場合は、普通に発音してもらいます。

スペルも含めて学習させたい場合は、ぜひハングマン式にやってみましょう。

英語のスペルリングの難しさ戸惑うかもしれませんが、時々意識をスペルに向けることも大切です。

今回紹介したパワーポイント教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ハングマン式身近な建物パワーポイント教材(要無料会員登録)

君は泥棒を捕まえれるか!?

最初の教材と似たものですが、少し簡単になります。

こちらはスペリングは関係なし、わかったら場所を答えます。

こちらは、パワーポイント自体が非常に凝っていてお気に入りです。

これくらい自分で作れるようになると面白いだろうなと思います。

black out

泥棒を捕まえろ!パワーポイント教材の使い方

概要

・スライドショーをスタートさせると上の様な画面が現れます。

子ども達は英文でのヒントと建物の一部がライトで映し出されるのでそれをヒントに泥棒がどこに入ろうとしているか当てるゲームです。

・建物の一部を見ることができるので、最初に紹介したパワーポイントよりもすぐに答えがわかるので、小学校低学年でも使う事ができます。

・正解すると警察がやってきて、泥棒を逮捕するという流れも子ども向けです。

授業の流れ

1)スライドショーをスタート

2)Where is he?泥棒がいる場所を当てる

3)警察が来て泥棒を逮捕そして次の場所のスライド

見えている建物から場所はすぐにわかりますが、英語でのヒントも一つずつ確認し語彙力、表現力を広げていきます。

こちらのパワーポイント教材はこちらから

引用サイト(外部リンク)
泥棒を捕まえろ!パワーポイント教材(要無料会員登録)

Where do I need to go?どこのお店に行けばいい?

最後に紹介するのも上の2つと同じく説明を読んで場所を特定するパワーポイント教材です。

places around the city ppt

Where do I need to go?パワーポイント教材

概要

スライドショーを始めると画面の真ん中にI need....と今必要なものが書かれている英文が出てきます。

その今必要なものを買うにはどこに行かないといけないのか考えるパワーポイント教材です。

答えとなる建物は地図の中にあるのでそこから探します。

授業の流れ

1)スライドショーをスタートさせる

スタートすると何が必要か書かれた英文が出てきます。それを素早く読みます。

オリジナルのバージョンを使うと、この英文が表示される時間がとても短いので、出てきたらスライドをストップすることをお勧めします。

2)お店を選ぶ

どこに行けばいいかわかったらそのお店のイラストをクリックします。

クリックすると男の子が歩き出し、そのお店の中に入っていきます。

正解すると、正解とでてきます。

クリックしたお店が不正解の場合はお店のイラストが消えます。

3)繰り返し

正解したら次のヒントが出てくるので同じくヒントを読んで何が必要か理解し、お店をクリックします。

こちらは、イラストのヒントが出てこないので、きちんと英文を読んで理解できる子ども達用です。

英文を読むのが難しい場合は、初めに紹介した2つのパワーポイント教材をお勧めします。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Where do I need to go?パワーポイント教材(要無料会員登録)

最後に

今回は単純に建物の名前を学習するのではなく、必要なものや、何ができるのかを読んだり聞いたりして場所を特定できるようになる事を目標とした教材3つを紹介しました。

次回はいよいよ子ども達にそれぞれ自分で英語で何ができるのか、何があるかを表現してもらう活動を紹介します。

そちらもぜひご覧ください。

それでは、皆さんも良い一日を。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.