Welcome to Mr.Kame's English with fun

身の回りにある建物を英語で言える?子ども英語ビデオ教材4選!

Mr.Kame

Mr.Kame

buildings

今回から数回にわたって”私の街”として建物の名前などを学習していきます。

この単元では次のことを目標にします。

■単元の目標■
1)公共施設など建物の名前を英語で言えるようになる。

2)それぞれの公共施設等で何ができるか英語で言えるようになる。

3)簡単な地図を見て建物がどこになるか前置詞を使って言うことができる。

以上の3つを目標にして、これから授業、教材案を紹介していきます。

これらを学習する前に、これまで学習してきた、Canの使い方と前置詞の復習をしましょう。

それらの単元については以下のリンクから確認できます。

参考英語授業
場所を表す前置詞教材、授業案一覧
ファームアニマルとCanを使った授業、教材例一覧
まず今回は、建物の名前を学習できるビデオを紹介します。

私の街:建物の名前ABC

まず紹介するのは建物の名前に焦点を当てたビデオです。

前半は建物の名前のみを学習する場合に使用できます。

後半はそれぞれの建物で何ができるか説明しています。

今後学習していきますので、一度見せても良いかと思います。

最初のビデオは、私の街、建物ABCです。


このビデオでは公共施設や建物をアルファベットABC順に1つずつQ以外の25個紹介してくれています。

1つのアルファベットにつき1つなので身近な建物が入っていなかったり、あまり馴染みのない単語もありますが、最初のステップとしては十分です。

後半部分はそれぞれの場所で何ができるか説明していますので、いくつか子ども達と確認します。

子どもの中には、そのほかにできることを英語で言える子がいます。

Canを動詞の復習になります。

これらの表現活動は次回詳しく紹介します。

出てきた建物の名前と知らなかった動詞などは忘れずにWord Boxに入れましょう

Word Boxについての詳しい説明は以下のページでしていますので参考にしてください。
参考英語活動
小学生がみんなで楽しみながらできる秘密の英単語暗記法!WORD BOXを作ろう!

フラシュカード形式で建物を学習

ここで紹介するのはフラシュカード形式のビデオです。


前半部分は建物の名前をフラシュカード形式に学習できるようになっています。

後半は、アクエリアムの歌とともに海にいる動物を学習できます。

さらに最後はそれらの動物が何ができるかCanを使って表現する練習ができます。

部分的に授業で使う事も可能ですので用途に合わせて利用してください。


Townというタイトルで、簡単な地図に載っている建物を紹介してくれるビデオです。

使われている建物もとても基本的なものなので幼児や小学校低学年にも使えます。

まずは、このビデオに出てくる建物から始めるのがお勧めです。

建物とそこで何ができるか同時学習!

最後に紹介するビデオは、建物と何ができるかを同時に学習できます。

初心者には少し難しいですが、小学校高学年や中学生に使えます。


このビデオのお勧めの理由は、建物名前だけでなく、関係する動詞や名詞の英単語を同時に学習できることです。

ビデオでかなりの量の英語の説明があるので、英語力がある程度ないと理解できないことがネックです。

もしも教師が翻訳できるようならこのビデオはお勧めです。

最後に

今回は街で見かける建物や施設の名前を学習するためのビデオを紹介しました。

どの建物が身近にあるのかで紹介する英単語も変わってくると思いますので、ビデオを一度見てもらい判断してください。

街の中にはここで紹介しきれないほどの建物があります。

それらは、その都度学習していきます。

さらに、道案内ができるようになるための単元も後日紹介する予定です。

その時にさらに多くの建物を紹介したいと思います。

それでは、よい一日を。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.