Welcome to Mr.Kame's English with fun

日本の伝統文化だって利用できる!ABCかるたで英語のアルファベットを覚えよう!

Mr.Kame

Mr.Kame

alphabet block

せめて聞いて文字を識別できて読めるくらいにはなってほしいという場合のアクティビティーの第三弾です。

どうして同じアルファベットを識別できるようになるための活動がたくさんあるのか気になりますか。

理由は簡単、子ども達が飽きることなく繰り返し学習できるようにするためです。

特に幼児や小学生くらいの子ども達は文法や理屈を教えても語学は身に付きません。

どれだけ繰り返し学習し慣れることができたかが大事になってきます。

特に年齢の低い子ども達を教えたことがない教師にありがちなのは新しいトピックをどんどん教えていってしまうこと。

それでは子ども達に課題が身につく前に次へ次へと教えていることになり語学は身に付きません。

同じトピックを手を変え品を変え何度も何度も子ども達に繰り返させるだけの教材やアイディアがある事が教師には求められます。

子ども達はゲームなどで繰り返していることに気づかず楽しんで学習していきます。

それが私は理想だと思っています。

繰り返すために以下のページに楽しい活動を紹介しています。

参考英語活動
簡単‼アルファベット26文字線つなぎゲーム(dot to dot) アルファベットを聞いて線でつなごう!
みんなが大興奮! ABCスゴロクでアルファベット26文字覚えよう!Let's play a board game!
アルファベットを探せ!! Find the alphabet!! 

を参考にしてください。

楽しく繰り返えし練習できる英語活動が満載です。

ABCかるたの作り方

授業後にそれぞれで復習できるように時間がさけるようなら一人1セットABCカルタを作ります。

教師がグループ分のカルタを用意するのもよいのですが家に帰ってから家族と一緒に活動できるように1人1セットが理想です。

繰り返す事の重要性を何度も述べていますが、保護者や家庭の協力というものはとても大きいです。

学校だけではできることは限られてきます。英語が伸びてくる子どもは家庭での協力が大きい子ども達が多いのも事実です。

alphabets chart

上の画像のようなものを使います。(ダウンロード先は記事最後にあります)

Alphabet chart(アルファベット表)と検索をかければかなりの数が出てきます。

カルタ選びのポイントは大文字と小文字両方載っているものを使うこと。

大文字だけ、小文字だけという事も可能ですが両方一度に見ることができる方が効果は高いです。

カードには写真のように絵付きのものでもいいですし、シンプルにアルファベットだけでもいいです。

上記のような教材を使うのであれば、子ども達ははさみを使って紙を切りカードを作ります。

カラー印刷できればいいですがそうでなければ、子ども達が色を塗ればいいでしょう。

厚紙に印刷できれいいですが普通の紙でもいいです。

ラミネーターで補強できれば繰り返し使っても問題ありません。

ABCカルタの遊び方・ルール

ルールは普通のカルタと同じ

教師の言ったアルファベットを見つけて取るだけです。

見つけたらそのカードを教師に見せるようにしてもらい合っているか確認します。

【ゲームを公平にするためのルール例】
・両手は膝の上

・手が重なった場合は手が下に来ている人の勝ち

・同じタイミングだったときはジャンケン

・カードを取れるチャンスは一回。何度もカードを変えられない。

・お手付きしたら相手に自分のカードを一枚渡す。

新しく問題が発生したらその都度ルールを作っていきましょう。

喧嘩することが目的ではありませんので。

ABCカルタを使った英語活動授業の流れ

授業の流れをここで紹介します。

1)かるたを作る。

上記に説明済みです。一時間でかるたを作り遊ぶことは難しいのでトータルで2時間必うになります。

はさみや色鉛筆などを忘れず持ってきてもらいましょう。

2)机の上に並べる。

いきなり隣り合っている友達どうしで対戦してもいいのですが、せっかく一人一セット作ったので個人練習をします。

かるたが完成するスピードも子どもによって違うので個人練習の時間をつくります。

カードを机の上に並べてすべてのアルファベットを言えるか確かめましょう。

3)クラスみんなで練習する。

全員カルタが完成し机の上に並べたら一度遊んでみましょう。

それぞれの子ども達が自分のカードを使ってできるだけ早くアルファベットを見つけます。

見つけたら教師の方にカードを見せてもらうようにしましょう。

教師は合っているか確認します。

早くカードを見せた子から一位、二位などと順位をつけると盛り上がります。

4)友達と対戦する

いよいよ対戦です。アルファベットは26文字しかなくカードが少ないので1対1がベストです。

机を挟んで向かい合って座りましょう。

ルールをきちんと守ることを確認してからスタートです。

より多くのカードを取った子が勝ちです。

時間があれば対戦相手を変えて何度か遊んでみましょう。

2対2の対戦や、トーナメントをして優勝者を決めることもできます。

ABCカルタ無料ダウンロードリンク

これをご覧の教師の皆さんは忙しく教材を探すことも大変ですよね。

上に画像として掲載させたABCチャートは以下のリンクからダウンロードできます。

引用(外部リンク)
The alphabet playing cards(ページ右にあるダウンロードをクリック)

使用したABCカルタはアルファベットをそのアルファベットから始まる英単語の絵がかかれています。

これは別のページで紹介している英語活動を可能にするためです。

参考英語活動
簡単‼アルファベットと一緒に26の英単語を教える方法!

で紹介していますので参考にしてください。

しかし今回はアルファベットを認識できるようになるためなので関連単語のイラストはどちらでもいいです。

下の図のようなアルファベットだけのカードを作る事もできます。

alphabets chart2

最後活動が終わったら家に持ち帰り家族と練習です。

さらに、そのあとは
参考英語活動

秘密の英単語暗記法‼WORD BOXを作ろう! Let's make a word-box!!

で作成したワードボックスに入れて保管し、繰り返し反復練習をします。

最後に

ABCカルタどうでしたか。

かるたは子ども達にとてもなじみがあるので簡単に使えます。

みんなが楽しんで活動できる英語の活動をどんどん取り入れていきたいものです。

他にもアルファベットを覚えるための活動を紹介してるのでよかったらご確認ください。

参考英語活動例
簡単‼アルファベット26文字線つなぎゲーム(dot to dot) アルファベットを聞いて線でつなごう!
みんなが大興奮! ABCスゴロクでアルファベット26文字覚えよう!Let's play a board game!
アルファベットを探せ!! Find the alphabet!! 

ではみなさん楽しんで。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.