Welcome to Mr.Kame's English with fun

小学生にもできる1分間英語劇、食べ物編2選!

Mr.Kame

Mr.Kame

food2

前回、食べ物の名前を学習する時に使用するビデオ教材を紹介しました。

今回はその英単語を使いながら定着させていく活動を紹介します。

その一つがショートロールプレイです。

簡単で短い英文を使ってお店屋さんごっこをします。

これまでも何度かロールプレイを紹介してきています。

そちらもぜひ参考にしてください。

参考英語授業案
ビデオを見ながら真似するだけで英語のコミュニケーション力が上達する!
楽しく学ぶ小学校英語‼文房具を教える時に使用する楽しい学習プリント2+1PPT

ビデオを使って便利なフレーズを学習

最初にお店屋レストランに行って使える簡単な表現2つを学習します。

今回学習するフレーズは次の2つです。

■便利な英語フレーズ■
1)want (some) ........
I want some apples, please.
2)would like (some) ........
I would like some water, please.
3)Can I have/ get (some) ......
Can I have a hamburger, please.

どれも何かが欲しい時に使えるフレーズです。

2つ同時に教えるのが大変な時は、1つ選んでそれを使えるようになるようにします。

下に2つビデオを紹介します。

上のフレーズを教えるときに一緒に見せることもできます。


最初のビデオはWhat do you want to eat?の質問とI want a ....の答え方を学習できるビデオです。

一緒に歌いながらフレーズと食べ物の名前を学習することができます。

このビデオを見終わったら、子ども達に質問してみましょう。

前回学習した食べ物の名前を使って答えることを練習します。


2つ目はレストランなどで使えるフレーズです。

Would you like some fish? Yes, please.

となっています。

お客さんが来た時に何かを出したいときに使えます。

子ども達が食べ物の部分を変えて他の友達に聞いてみましょう。

聞かれた人は、Yes,please.かNo,thank you.と答えるようにします。

この他にもWhat would you like to eat?の質問と

I would like (to eat) ....

のフレーズも一緒に学習しましょう。

教えている子どものレベルによってフレーズや教材を選んでください。

ビデオを真似するだけの1分間英語劇

今回は2つのタイプのロールプレイ(英語劇)を紹介します。

1つ目は以前も紹介していますが、ビデオを使ったロールプレイです。

ビデオを見ながらそれを真似することで英語の発音も学習できます。

さらに、英語が苦手な子もビデオと一緒ならハードルが低くなります。

前回紹介した英語授業案は以下のリンクからご覧いただけます。

どのように授業を進めるか、なぜお勧めか詳しく書いていますので参考にしてください。

参考英語活動案
ビデオを見ながら真似するだけで英語のコミュニケーション力が上達する!

今回のビデオはレストランでのオーダーです。

以前の記事で詳しく方法は紹介していますので、今回は簡単に流れのみ書きます。

ビデオロールプレイの流れ

1)ビデオを見せて意味を教えます。

2)3人組を作って役を決めます。

3)それぞれのセリフと練習します。

4)ビデオに合わせながら自分のセリフという練習をします。

5)グループごと発表します。

1分程度の短い英語劇になります。

発表する際に、テーブルやメニューなどを準備するとさらに見栄えが良くなります。

英語劇!おみせやさんごっこ

2つ目はフラシューカードを使ったロールプレイです。

基本的に2人一組で一人がお店屋さん、もう一人がお客さんという役になります。

黒板にフラシュカードを張り付け、お客さんが言った食べ物を聞き取り、それを取って渡します。

セリフは黒板に書きます。

今回のセリフは以下の通りです。

限りなくシンプルにしています。

さらにお金のやり取りは入れていません。

もしも子どもが入れたいというようでしたらそれぞれアレンジしてみてください。

■お店屋さんロールプレイ台本■
店員:Hello.

お客さん:Hello.

店員:How can I help you?

お客さん:Can I have ......, ........ and ......., please.

店員:Sure. 

言われた食べ物を黒板からとる。

店員:(渡しながら)Here you are.

お客さん:Thank you.

店員:You are welcome.Have a good day.

お客さん:Thanks. You too.

それでは、授業の流れを説明します。

お店屋さんロールプレイ

1)黒板にセリフを書きだす。

黒板にセリフを書きだし子ども達に内容を説明します。

2)2人組を作り、役を決め、練習をします。

できるだけ見なくてもできるように練習します。

それでも保険的な意味合いを込めて、黒板にはセリフを残しておきます。

3)動きを付けて練習します。

ただ単にしゃべるだけでなく、英語劇として身振り手振りも入れれると素晴らしいです。

4)みんなの前で発表

最後はみんなの前で発表します。

時間があるようでしたら、役を入れ替えて挑戦しましょう。

最後に

今回は英語劇お店編を紹介しました。

お店やレストランのロールプレイはセリフを変えるだけで色々なレベルの学生さんに応用できます。

もう少し本格的なレストランのロールプレイは後日紹介しようと思います。

次回は食べ物を単元とした学習ワークシートを紹介しようと思います。

そちらもぜひご覧ください。

それでは、今日も良い一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.