Welcome to Mr.Kame's English with fun

家族について英語で表現できるようになるための英語学習プリント!

Mr.Kame

Mr.Kame

family3
これまで、ビデオ教材やファミリーツリーを使用した活動例を紹介してきました。

それらの家族についての活動例は以下の記事を参照してください。
参考英語活動例
家族につて小学校英語で教える時に使用できるビデオ教材4選!
超定番ファミリーツリー(Family Tree)を使って自分の家族を英語で紹介しよう!
今回は家族を単元とした学習プリントまたはクラフト型プリントを紹介します。

学習プリントを使用つつも楽しんで学べるものを紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

Finger Family 学習プリント

最初に紹介するのはFinger family songを使った活動です。

こちらは、ビデオと学習プリントを一緒に使用します。

幼児や小学校低学年に向いている活動です。


Finger family songを聞いたことがある方はたくさんいるのではないでしょうか。

5本の指を使用して家族の名称を学習する歌です。

今回は、この曲で使用できる指人形を作成してそれを使って歌を歌う活動を紹介します。

とてもシンプルで同じフレーズを繰り返すので子どもたもすぐに覚えられます。

family finger

上のような学習プリントを使用して指人形を作成します。

家族の指人形を作ろう!授業の流れ

1)曲を聴く

まずは曲を一回聞きましょう。

子どもの中には今までに聞いたことがある子もいると思います。

曲の内容を説明しましょう。

”How do you do?”は最近はなかなか使用しなくなってきています。

How do you do?を聞かれたらHow do you do?と返すのがセオリです。

ネイティブの方が言うにはどちらかというと、いい日ですね。という感じらしいです。

なので、いい日ですね?と聞かれたら、いい日ですね。と返すイメージです。

2)指人形を作る

事前に準備した学習プリントを配布します。

子ども達は色を塗り、はさみで切り取り、帯のところをノリ付けします。

子どもの指の大きさにもよりますが、帯は長めに切ったほうがいいです。

輪の部分が小さくなると指に入らなくなります。

一度自分で確認してからのり付けするように伝えましょう。

3)指にはめて曲と一緒に歌う。

完成したら、曲と一緒に指人形を動かしながら歌いましょう。

ビデオに出てくるように指を見せて動かしましょう。

とても簡単ですぐにできるのでお勧めです。

とてもたくさんの曲がネット上にあるので一度検索をかけてお気に入りのビデオを見つけてください。

ここで、もう一つFinger family songを紹介します。この曲は5人だけでなく10本の指全員異なる家族になっています。

Uncle,Aunt,Cousinなどを教えている場合はこちらを使用することが可能です。

その場合残りの5人の指人形を作成する必要があります。

■ビデオの特徴■
・10の異なったファミリーメンバーを学習できる。
(Grandpa,Grandma,Uncle,Aunt,Cousinが登場)

紹介した学習プリントは以下のサイトからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Finger family 指人形クラフト学習プリント(要無料会員登録)

Family Pots 学習プリント

2つ目の学習プリントはイラストと英語表記をファミリーツリーを見ながらマッチさせていくものです。

この学習プリントの良くできているところは、初めの状態で鍋のふたと鍋がマッチされていないことです。

つまり、自分でファミリーツリーのイラストを見ながら答えを探していくことになります。

family pots

Family Potsの使用例と授業の流れ

1)色を塗る

鍋とイラストに色を塗りましょう。

この時にランダムに色を塗るのではなく、マッチする鍋の蓋とイラストを同じ色にするとノートに貼るときに簡単にできます。

2)はさみでポットを切り取る

色が塗れたらはさみで切りましょう。

鍋の形に切れない場合は描かれている四角に切り取るようにします。

3)英語とイラストをマッチさせる

いきなりノートに張り付けていってもいいのですがのり付けの後だと間違えていた時に剥がすのが大変なので一度机の上で確認します。

学習プリントの左上にファミリーツリーがあるのでそれを参考にどれが誰なのかチェックしながら作業します。

4)ノートに張り付ける。

正しくマッチできたらノートに貼っていきます。一番上にタイトルとしてFamilyなどと書きます。

子ども達が作業している時に教室内を回って、””Who is he?”などと聞いていきましょう。

紹介した学習プリントは以下のリンクからダウンロードできます。

引用リンク(外部リンク)
ファミリーポット(Family Pots Worksheet)学習プリント(PDFファイル)

My Family英作文学習プリント

ファミリーツリーを使って表現活動をしましたが、こちらも類似の学習プリントです。

こちらは、子どもたちに書いてもらう活動も入ります。

もしも簡単な英語が見本を見ながら書けるようなら使用することが可能です。

family worksheet

学習プリントの一部です。

My family紹介文学習プリント活動の流れ

1)自分の家族と対応するイラストに色を塗る。

家族のイラストがあるので、自分の家族と対応するイラストのみに色を塗ります。

2)ファミリーイラストを張り付ける

色を塗ったファミリーのイラストをはさみで切り取り、写真のフレイム状になっている四角の中に張り付けます。

家族写真を撮ったような感じに仕上げるといいです。

3)写真のバックグラウンドを描く

時間があれば写真のバックグラウンドを描きます。

どこかに旅行に行ったことを想定したり、玄関の前だったりそれぞれイメージして描きます。

4)イラストに名前を入れる

イラストが誰なのかわかるように名前を入れます。”Father”などと英語の名称を記入します。

5)最後に家族について作文する。

例文がついているのでそれを参考に自分の家族について英作文をします。

習ったことをなるべく使うようにアドバイスをしていきましょう。

ファミリーツリーを利用した類似の表現活動を紹介していますのでそちらも参考にしてください。

参考授業例
超定番ファミリーツリー(Family Tree)を使って自分の家族を英語で紹介しよう!

紹介した学習プリントは以下のサイトからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
My family紹介英作文学習プリント(PDFファイル)

掲示用Family Cards

教室掲示用のマテリアルとフラシュカードをいくつか紹介します。

黒板を使って全体指導をするときや学習したことを教室に掲示する時に使えます。

ここに紹介するのは一例です。

ネット上には素晴らしい教材がたくさんシェアされていますので是非活用してください。

1.Family members' Domino

Who is he? Who is she?を練習する時に使用できるドミノカードです。

子ども達がアニメシンプソンズを知っている必要があります。

全体指導で使用できます。

引用サイト(外部リンク)
Family members' Domino for the board(PDFファイル)

2.Who is he? Who is she? big size(大きいサイズの表示用カード)

黒板用の大きめのカードです。

引用サイト(外部リンク)
Who is he? Who is she? big size(PDFファイル)

最後に

今回は学習プリント等を利用する活動を紹介しました。

まだまだ色々楽しいアイディアがあると思います。

簡単な英語で家族のことを紹介できるようになったら目標達成です。

それでは今日も良い一日を。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.