Welcome to Mr.Kame's English with fun

小学校英語で家族の呼び方、家族構成について教える時に使用できるビデオ教材4選!

Mr.Kame

Mr.Kame

family4

今回から家族”My Family”を単元として小学校英語教材を紹介していきます。

この単元では最低限の家族の呼び方、英語名称を学習し、自分の家族の事、自分の家族構成を英語で説明できるようになることを目標にします。

最初の授業はビデオ教材を使って、家族の呼び方、英語名称を聞き、発音できるようにします。

多くのビデオがありますがその中でも私が使っているものを4つ紹介します。


小学生に爆発的人気家族の呼び方が学習できるBaby Shark


■登場するファミリーメンバー■
Baby, Mommy, Daddy, Grandma, Grandma

昨年突如人気が出たのがこの曲。

幼児や小学校低学年が対象であるなら、歌って踊って楽しめる曲です。

おそらく子どもたちも一度はどこかで聞いたことがあると思います。

歌詞も、振り付けも数回見れば覚えるくらいシンプルです。

一応ファミリーメンバーを使うのでここに紹介させてもらいました。

この曲は楽しむことが目的になります。

個人的にはもう少しファミリーメンバーの英単語を教えたいので、私は空いた時間に使う程度です。

しかし、子どもたちはとても喜ぶので時間がある場合は使用してみてください。

子どもたちはいつもこの曲を口ずさんでいます。

■お勧めの理由■
・振り付けがあり一緒に踊れる。

・リズムがいい。

・歌詞が簡単で覚えやすい。

どんどんスピードアップ家族の呼び方学習用Family song


■登場するファミリーメンバー■
Grandpa, Grandma, Dad, Mom, Brother, Sister, Baby

2曲目もファミリーメンバーを繰り返す曲です。

繰り返すごとにスピードが速くなっていくので子どもたちもそれについていこうと頑張ります。

とてもシンプルなんですがとても盛り上がります。

バナナの車が登場したりと映像でも子どもたちを楽しませてくれます。

名前を繰り返した後に”Who is he?””He is grandpa.”Whoを使った質問と答えの練習もできるようになっています。

一回目は流して聞いて、2度目は”Who is she?”といったところでビデオを止めて子どもたちに答えてもらうようにします。

■お勧めの理由■
・スピードに変化が付くので盛り上がる。

・Who is....?の練習ができる。

・映像が面白い。


国際色豊かな家族構成Family song


■登場するファミリーメンバー■
Grandpa, Dad, Mom, Brother, Sister, Baby, Uncle, Aunt

3曲目は、ファミリーメンバーとアクティビティも一緒に学習できる曲です。

曲を一緒に歌うとなると、テンポが速すぎで難しいので、鑑賞用です。

この曲はUncleAuntも出てきます。

なぜか、Grandmaが登場しませんが、こんな家族構成もあり得ますよね。

Grandpaと一緒にGrandmaを紹介すればいいでしょう。

写真とともにいろいろな家族構成や異なった国籍の家族が出てきます。

国際色豊かなビデオです。

■お勧めの理由■
リズムがいい。

・UncleとAuntも網羅されている。

・国際色豊かな画像になっている。

自分の家族紹介導入にピッタリ、Family story


■登場するファミリーメンバー■
Grandad, Grandma, Dad, Mom, Brother, Sister, Baby, Uncle, Auntie, cousin, me

SteveとMaggiのビデオです。

通常、彼らのビデオは見ていて楽しいから利用するのですが、このビデオは次の課題自分の家族紹介の導入にもなるのでとても有効なビデオです。

ファミリーメンバーの英語表現、家族の呼び方を学習した後に、自分のファミリーツリーを作成する活動を通常します。

その導入として、このビデオでファミリーツリーとはどういうものなのか紹介できます。

また、英語学習1年目の子どもたちに必要なファミリーメンバー一通り網羅しているので、他のファミリーメンバーを補足する必要がありません。

この単元では新しく”I have got””He has got”の使い方を学習します。

特に自分自身の家族構成を伝えるときの”I have got”をここで説明することができます。

さらに、How many ....have you got?という質問まで登場します。

ファミリーツリーの授業案は以下のリンクを参考にしてください。

参考授業案
超定番ファミリーツリー(Family Tree)を使って自分の家族を英語で紹介しよう!
■お勧めの理由■
・基本的なファミリーメンバーが網羅されている。

・ファミリーツリーについて紹介できる。

・have got / has gotの導入になる。

・ビデオ自体が面白い。

最後に

今回は単元ファミリーメンバーの導入として使えるビデオ教材4つを紹介しました。

自分がどのように導入するかで使う教材が変わってきます。

自分のクラスに合わせて適切な教材を選んでください。

それでは、今日も良い一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.