Welcome to Mr.Kame's English with fun

部屋の名前の英語表記を覚えるための英語学習教材はこれだ!【小学校英語教材】

Mr.Kame

Mr.Kame

living room

前回は英語で家にある部屋の名前を言えるようになるためのビデオ教材を3つ紹介しました。

本日紹介する英語教材を行う前に子ども達と一緒にビデオを見て部屋の名前を学習しておくことをお勧めします

参考英語指導案
小学生に教える部屋の名前や家の周りにあるもの英単語一覧表【小学校英語教育】
部屋の名前はこれで完璧!ビデオ教材で英語で部屋の名前が言えるようになっちゃう!

紹介したビデオ教材の目的は英語部屋の名前が言えるようになることです。

まず言えるようになって、そして書くことへシフトしていきます。

今回は、英語で言えるだけでなく学習プリントなどを通して書く活動も入ってきます。

アルファベットの文字にも少しずつ慣れていってもらいます。

小学校の低学年なら書けなくてもいいですが、英単語を見たら読めるくらいになるといいですよね。

さて、今回はパワーポイント教材2つと、学習プリント3つを紹介していきます。


英語で色々な種類の部屋の名前を学習!お勧めパワーポイント教材2選!

英語部屋の名前rooms ppt1

1.部屋の名前学習用フラッシュカード型音声付パワーポイント教材

最初に紹介するのはフラッシュカード型のパワーポイント教材です。

部屋の名前学習用パワーポイント教材の授業での2種類の使い方

1)イラストを見て部屋の名前を言う。

パワーポイントを開くとイラストも英単語もありません。

そこでまず筆のイラストをクリックします。

そうすると部屋のイラストが出てきます。

そこで”Which room is it?”と聞きます。

答えが正解だったらスピーカーのマークをクリックします。

音声付きで部屋の名前の英単語が現れます。

矢印をクリックすると次の画面に戻り、再び筆のイラストをクリックします。

この繰り返しです。

2)英単語を先に見せる。

部屋の名前を先に見せて日本語で部屋の名前を言ってもらうこともできます。

なるべく日本語を使わないように授業を私はしたいので1の方法をお勧めしますが、教える子どもたちのレベルなどによります。

この教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Parts of the house PTT(要無料会員登録)
英語家の中にある色々な種類の部屋の名前rooms ppt2

2.部屋の名前学習用クイズ形式パワーポイント教材

2つ目はクイズ形式です。

子どもたちが部屋の名前を英語で言えるようになった時に確認用として、もしくは復習用として授業で使用できます。

部屋の流れ学習PPT教材使用方法と授業の流れ

1)部屋の名前を英語で確認

パワーポイントを開くと上のようにすべての部屋の名前が表示されます。

一つずつ復習もかねて確認します。

2)一つずつクイズ形式で確認

次にすべての部屋の名前と矢印が消え左側のスペースにランダムに並んで出てきます。

クリックすると1つだけ矢印がでてくるのでその部屋の名前の英単語をクリックします。

教室にスマートボードがある場合は子どもを指名して英単語をタッチします。

スマートボードがない場合はマウスを渡して、子どもたちにクリックさせます。

できるだけ子どもたちに参加してもらえるようにします。

この後は繰り返しです。

新しい矢印が出てくるのでその英単語をクリックしていきます。

このパワーポイントは以下のサイトからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
My lovely house GAME(要無料会員登録)

英語で部屋の名前を学習!お勧めペーパークラフト型学習プリント!

次に部屋の名前を楽しく覚えるペーパークラフト型学習プリント紹介します。


英語部屋の名前ワークシートrooms worksheet1

1.開閉式私の家族と家ペーパークラフト型学習プリント

家の扉を開け閉めしながら部屋の名前を学習する学習教材です。

部屋の名前学習用開閉式私の家と家族使用例

1)きれいに色を塗る

部屋の中や英単語にきれいに色を塗ります。イラストが小さいので大変ですが頑張ってもらいます。

さらに家族のイラストがあるのでそれにも色を塗ってもらいます。

2)家と家族をはさみで切り取る

はさみで家と家族を切り取ります。

家は開閉できるように、点線の所のみを切り取ります。

実線は切り取らないので気を付けましょう。

うっかり切り取ってしまうと扉のない家になります。

家族も頑張って切り取ります。

小さいので気を付けて切り取るように注意しましょう。

家族のイラストは子どもそれぞれの家族に対応した分だけ切り取るようにします。

全員切り取る必要はないです。

3)家族をそれぞれ家の部屋の中に貼る。

切り取った家族を部屋の中に貼っていきます。

誰をどこに貼るかは子どもたちに考えさせます。

例えば、お父さんはリビングルーム、お母さんはキッチンなどです。

実際の家族の状況と似ているようにすると覚えやすくなります。

4)家のに扉、窓、屋根などを描き色を塗ります。

扉を閉じた状態にすると真っ白い家になってしまいます。

それでは面白みがありません。

表になる部分だけでいいので入り口の扉や部屋の窓、屋根などを描き色をぬってもらいます。

これで完成です。

5)家族がどこの部屋にいるか英語で言ってみる。

最後に出来上がった家を黒板に貼って、子どもたちに自分の家族がどこにいるか発表してもらいます。

発表は

”This is my house.”

"My mom is in the living room."

"My sister is in the play room."

などと発表します。

完成した家はノートや教室に飾るようにしましょう。

紹介した学習プリントは以下のリンクからダウンロードできます。

引用リンク(外部サイト)
開閉式My family in the house学習プリント(PDFファイル)

子ども達だけでもできる宿題用私の家学習プリント

英語家にある部屋色々な部屋の名前rooms worksheet3

最後に宿題として配布できる学習プリントを1つ紹介します。

ビデオやペーパークラフト型の学習教材でこれまで部屋の名前を学習してきました。

前半部分は部屋の名前を英語で空欄に書き込む問題です。

後半は、どこに何があるのかなど少し英語を読んで理解しないとわからない問題になっています。

これまでにまだ学習していない英単語もあると思うので配布するときに説明するようにします。

次回から部屋の中に何があるかを学習していくのでそれが終わってから宿題として出してもよいと思います。

子どもたちに余力があれば色も塗ってから提出してもらいましょう。

紹介した学習プリントは以下のサイトからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Parts of the house学習プリント(要無料会員登録)

毎日5分でも10分でも家庭で英語と触れ合えるように宿題はなるべく出すようにしています。

当然ワードボックスで英単語を勉強するようには伝えています。

ワードボックスについては以下のリンクを参照してください。

参照英語活動
小学生がみんなで楽しみながらできる秘密の英単語暗記法!WORD BOXを作ろう!

最後に

今回は部屋の名前を学習するときに使える学習教材を紹介しました。

部屋の名前が英語で言えるようになったら次は部屋の中、家具について学習していきます。

これまで学習したことと合わせてさらに英語表現の幅を広げていきます。

参考英語活動
・無理ではない!部屋の中にある家具を英語で言えるようになる小学校英語ビデオ教材4選!
・家具の名前を楽しんで学習できる英語活動3選!

を参考にしてください。

それでは、今日もよい一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.