Welcome to Mr.Kame's English with fun

家具の名前を楽しんで学習できる英語活動3選!

Mr.Kame

Mr.Kame

a girl 

英語で家具を言えるようにする2時間目です。

1時間目はビデオを使って英語で家具の名前を何というのか学習しました。

これまでの単元と違って、新出単語が多いので覚えるのは大変です。

そこで、異なった英語活動を通して楽しみながら英単語を反復練習し身に着けていきます

今回の目標は、家具の英単語が子どもたちに定着させるです。

これまで紹介してきた活動から今回も使えそうなものをアレンジして使っていきます。

クラスや目的に合った活動を選んで活用してください。

これまでの部屋の名前を覚える授業案、家具学習用のビデオ教材例を確認していない方は下のリンクからどうぞ。

参考英語教材
部屋の名前はこれで完璧!ビデオ教材で英語で部屋の名前が言えるようになっちゃう!
英語で部屋の名前を覚えるための学習教材はこれだ!
無理ではない!部屋の中にある家具を英語で言えるようになる小学校英語ビデオ教材4選!

新出英単語チャレンジ!で英単語をマスター

フラシュカードを使った学習は常に有効です。

授業の最初の10分など短時間で素早くできます。

いつもの様に事前に準備したフラシュカードを一枚ずつ子どもたちに見せ”What is it?”と聞きます。

子ども達は”It is a ....”と答えてきます。

1)もしも子どもの大半が単語を覚えていないとき

部屋や色を学習する時は単語数が少ないので素早く復習できます。

しかし、単元によっては20を超える英単語を学習します。

復習している時にあまり定着していないと感じた時の活動をここで紹介します。

Ⅰ)一つずつ確認し、黒板に貼っていきます。

すべて貼りだしたら、もう一回子どもたちに聞き英単語をフラシュカードの下に書きます。

Ⅱ)どの単語が簡単で覚えたか子どもに聞きます。

子どもたちが覚えたといった単語から消していきます。

今、黒板にはフラシュカードとその英単語が書かれたものと、フラシュカートのみで英単語が 消されたものが混ざっています。

Ⅲ)全員でもう一回英単語を言い覚えた単語を消す。

再び、覚えて大丈夫になった単語があるか聞きます。

いくつか大丈夫だという単語を消して、もう一度すべての英単語を全員でいいます。

Ⅳ)すべての英単語が消えるまで続けます。

この繰り返しで毎回いくつか単語を消していき、最後はすべての単語を消した状態で言えるようにします。

クラス全員で英単語を言うので、たいてい誰かが覚えているので消した状態でも大丈夫です。

Ⅴ)新出英単語チャレンジ

黒板には英単語が消された状態のフラシュカードが並んでいます。

今回は子ども一人ずつの挑戦です。

教師がランダムにフラシュカードを指さしその名前を言ってもらいます。

全部言ってもらうのがいいのですが、クラスのサイズや時間の関係で適当な数だけ選んでください。

すべての英単語を言えると、チャレンジ成功です。

小さい学年の場合はステッカーなどをあげたりします。

この新出英単語チャレンジの他に、フラシュカードを使った英単語暗記用活動としては、早く言ったものの勝ち"Shout it out"と素早く見つけた者の勝ち”Slap”が考えられます。

これらの活動の詳細は以前の記事にて説明していますのでそちらを参照してください。

参考英語活動
素早く答えた者が勝ち‼”Shout it out!”英語を楽しみながら学べるゲーム!
学習したことを定着させるための楽しい英語活動‼”Slap(スラップ)”

上記の活動例では別単元で行っていますので、今回は使用するカードや英単語を家具に変えておこないます。

使用するフラシュカードの見本は以下のサイトからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ESL Flashcards Furniture(英単語入り:PDFファイル)

英単語なしのフラシュカードがいいのですが現在エラーでタウンロードできなくなっているので英単語入りフラシュカードのリンクです。

単語を消すことによって使用できます。

jump

子どもが大興奮!カルタゲーム

2つ目に紹介するのは、家具の描かれた小さいカードを使ってのカルタ。

以前どのようにカルタを英語活動として取り入れるかは紹介していますので、そちらをまずご覧ください。

参考英語活動
日本の伝統文化だって利用できる!ABCかるたで英語のアルファベットを覚えよう!

今回はカードには家具が書かれているものを使います。

さらに、以前よりも子どもたちは英語をより理解できるようになっていますので、少しレベルアップしたカルタ活動をここでは紹介します。

1)カルタの仕方:家具編

机の上にイラストを上にして並べる所までは同じです。

Ⅰ)今まで通り英単語を言う

これまでのカルタ活動と同じように教師が英単語を言って子どもたちが取ります。

少し慣れてきたところから難易度を上げます。

Ⅱ)教師は英単語をそのまま言う代わりに英語で説明する

これまで習ったことを使って、家具を英語で説明し、それが何かを子どもたちは考えてカードを取ります。

例えば、”Sofa”が答えの場合、教師は

”It is in the living room.”

”It is big and soft.”

”Two or three people can sit on it.”

などと単語を説明していきます。

どこの部屋にあるのか、何色か、大きさは、何ができるかなどを説明します。

難しい事を言う必要はないです。

説明が難しい場合は、英単語を言います。

最終的にカードを多くとった人の勝ちです。

けんかなどが起きないようにするためのルールをもい一度ここに載せます。

カルタゲームを公平にするためのルール例

・ゲーム開始時は両手は膝の上もしくは後ろで組む

・手が重なった場合は手が下に来ている人の勝ち

・同じタイミングだったときはジャンケンで勝った人がカードをもらう。

・カードを取れるチャンスは一回、間違えたらその回は終わり。

・お手付きしたら相手に自分のカードを一枚渡す。

今回カルタに最適なガードが見つかっていません。

以下に一つ小さめのカード教材のリンクを紹介します。

英語単語の部分を切り取って使用すればいいと思います。

引用サイト(外部リンク)
ESL Furniture learning cards(PDFファイル)

子どもが大好き!すごろくゲーム

3つ目の活動はすごろくです。

こちらの英語活動も別単元で扱っていますので詳しい説明はそちらをご覧ください。

参考英語活動
みんなが大興奮! ABCスゴロクで英語のアルファベット26文字覚えよう!

4人程度のグループがすごろくには適していると思います。

さいころをグループの数だけ準備するのを忘れないようにしましょう。

すごろくを盛り上げるためのルール例

・コマ数が少ない時はサイコロの目が1、2、3しかないものを使う。

・正解したらその場にとどまることができるが間違えた場合は一コマ戻る。

無料ですごろく(家具編)がダウンロードできるサイトでう。

レベルの違う3種類のリンクを紹介しておきますので、クラスに合わせてお使いください。

引用サイト(外部リンク)
Esl Furniture Board game(小学校低学年用)
Esl Furniture Board game(小学校校学年用)
Esl Furniture Board game(難しい)

最後に

今回は新しく習った家具の英単語を定着させるための英語活動を3つ紹介しました。

すべてを行うことは難しいですが、時間がある限り楽しみながら英語に親しめるような活動をしたいものです。

家具を教えるときに使える学習プリントやパワーポイント教材は以下のリンクで扱っていますので是非参考にしてください。

参考英語活動
家にある家具を学習!楽しい小学校英語用クラフト型教材4つ!
種類が豊富!小学校英語で家の中にあるものを学習できるパワーポイント教材5つ!

それでは今日も良い一日を。

追記

記事を書き終えた後に、もう一つおすすめのの活動を見つけたのでリンクだけ載せておきます。

以前紹介したStop itの家具バージョンです。

こちらは事前準備が必要になります。
詳しくは

参考英語指導
まるで脳トレ!ゲーム”Dobble(stop it)”で文房具とおもちゃを表す英単語をマスター

をご覧ください。

また家具学習用のStop itは以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト
家具の名前を覚える楽しい英語活動Stop itカード(要無料会員登録)

これからも教材を見つけ次第紹介していきます。

それでは、よい一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.