Welcome to Mr.Kame's English with fun

これがすべてだ!Classroom language(教室英語)を教えるための小学校英語学習教材

Mr.Kame

Mr.Kame

earphones

英語を話せるようになるためには日常生活で使うことが大切になります。

その第一歩が、教室で英語を話す機会を増やすこと。

まずは、授業中によく使う英語のフレーズを教えます。

身近でよく使うところから英語に変えていきます。

今回は教室英語を教える際に使用できる教材を紹介します。

クラスにあったものを選んで使用してください。

学習した後は、それらの教室英語を教室内に掲示すると忘れた時に見て使うことができます。

ビデオ、パワーポイント、学習プリントと教材の種類別に紹介していきます。

Classroom language教室英語を教えるためのビデオ教材

まずは、教室英語を学習できるビデオを紹介します。

ビデオを見ながら教室英語を学習します。


(引用:YouTube外部リンク)

最初に紹介したのはフラシュカード型ビデオです。

ビデオの良いところは、それぞれのフレーズを発音してくれるところです。

このビデオは、子どもが使える教室英語と、教師が使う教室英語を分けて紹介してくれています。

前半部分が教室英語の学習パート、後半がクイズ形式になっているので、クラスみんなで一緒に確認できます。

このビデオはフレーズが少し長いので、小学校高学年くらいからが適していると思います。

幼児、小学校低学年向けのビデオは次に紹介しています。


(引用:YouTube外部リンク)

1つ目のビデオが難しすぎる場合は、このビデオをお勧めします。

それぞれのフレーズが短く、覚えやすいです。

まずは、基本中の基本をと考えられている方はこちらが最適です。

フレーズが短いので、必ず子どもたちと一緒に繰り返すようにしましょう。

さらに、ここで紹介している表現をウエブサイトにてゲーム形式で学習できます。

ビデオでフレーズを学習した後に、ウエブサイトで確認しましょう。

外部リンク
Let's go to class! l Learning chocolate

(引用:YouTube外部リンク)

3つ目は、さらに年齢の低い子ども向けです。

幼稚園の子どもたちに歌を通して英語表現を教えていきます。

■ビデオ内で使用されている英単語■
sit down, stand up, turn around,

put one hand up, put one hand down

jump, hop, run, stop

楽しみながら英語に親しむのには最適の教材です。

一緒に立ったり、座ったりジャンプしたりしましょう。

Classroom language教室英語を教えるためのパワーポイント教材

classroom language ppt1

私はClassroom Language(教室英語)を教えるときにパワーポイントを使用します。

パワーポイントは自分でフレーズを変えたりとクラスのレベルに合わせて自分で編集できることが利点です。

一から作るのではなくてちょっとだけアレンジして使います。

上のパワーポイントを使用する理由は、このパワーポイントだけでなく、確認用のクイズ形式のパワーポイント、子ども達に配布できる学習プリントがすべて、あるからです。

学年にもよりますが、私は、学習プリントの吹き出し部分を空欄にして配布し、パワーポイントで一つずつ教室英語を確認しながら子どもたちに書き込ませています。

書くことが難しい時はすべてが終わってから復習用に学習プリントを配布します。

一通り確認した後に、クイズ形式のパワーポイントを使ってもう一度確認します。

上記に紹介したパワーポイント2つと学習プリントは以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Classroom Language PPT (全体指導用)
Classroom Language PPT (クイズ形式)
Classroom Language(教室英語)学習プリント

必要に応じて自分で編集して使ってください。

Classroom language教室英語を教えるための学習プリント

classroom language craft

教室英語を学習するときに使う学習プリントを2つ紹介します。

一つ目はクラフト型学習プリントです。

幼児、小学校低学年でも可能です。

1.Classroom language  Peacock.の作り方

1)色を塗ります

クジャクです、カラフルに色をぬりましょう。

2)はさみで切り取ります。

少し羽の部分が小さいので気を付けてください。

3)英語とイラストをマッチさせてのり付けします。

ノリをつけるのは羽のとがっている部分だけです。

羽をペラペラさせて何度も学習できるようにします。

4)ノートや教室に貼って完成

どこか目に付くところに貼りいつでも復習できるようにしましょう。

以下のサイトから学習プリントがダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Classroom language  Peacock (PDF学習プリント)

クラスルーム英語マッチング学習プリント

classroom language worksheet

2つ目は少し学年が上の子どもたち向けです。

写真と英語をマッチさせます。

この学習プリントの上部には

番号とアルファベットを書き込む欄があります。

私は、ノートに残すために別のやり方で使用していますのでそれを紹介します。

2.Classroom language学習プリントの使用例

1)自分のクラスに合わせて、プレーズを編集します。

自分が使わない表現や分かりにくい表現を自分で編集します。

特に、マッチするフレーズとイラストがわかりにくい場合はイラストを変更しています。

2)はさみで切り取る

配布した学習プリントをはさみですべてバラバラに切り取ってもらいます。

3)イラストと英語をマッチさせる。

机の上で英語とイラストをマッチさせすべて正しいか確認します。

4)ノートに張り付ける。

イラストと英語をセットにノートに張り付けます。

忘れた時に振り返れるようにします。

5)ワードボックスに入れる。

時間があれば授業内で、ない場合は宿題として教室英語をワードボックスに入れましょう。

単語だけでなく、フレーズも覚えていけるようにします。

以下のリンクから学習プリントをダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
Classroom language学習プリント2(ワード形式)

最後に教室掲示用素材

classroom language for classroom1

教室英語は毎回クラスの中で使うものです。

一度に覚えるのは大変ですので繰り返していくうちに覚えます。

子どもたちが覚えるまで、教室英語のミニポスターをクラスに貼ると子どもたちが忘れた時はそれを見て思い出せるようにするとよいです。

上の画像のような小さなフラッシュカードを印刷して教室に貼るのはどうでしょうか。

いかに2種類の教室掲示用の教材を紹介しておきます。

一つ目は小学校高学年。もう一つは低学年向けです。

引用サイト(外部リンク)
Classroom language教室掲示用(小学校高学年用)(ワード形式)
Classroom language教室掲示用(小学校低学年用)(PDFファイル)

この活動の後、子どもたちが習った英語を教室で使ってくれたらとてもうれしいですよね。

それで今日も良い一日を。

Comments 0

There are no comments yet.