簡単‼アルファベット26文字線つなぎゲームワークシート(dot to dot)!アルファベットを聞き取り線でつなごう! - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]The Alphabet アルファベット

Welcome to Mr.Kame's English with fun

簡単‼アルファベット26文字線つなぎゲームワークシート(dot to dot)!アルファベットを聞き取り線でつなごう!

Mr.Kame

Mr.Kame

eys

今は子ども達がアルファベットを書けるようになる必要なないけど…

せめて聞いて文字を識別できるくらいにはなってほしいという場合の英語活動(ゲーム)を紹介します。。

将来的にはアルファベット26文字、当然大文字、小文字合わせて子ども達には書けるようになってもらいたい。

そう思って指導していますが最初から書かせると抵抗がある子もいます。

ますはスモールステップということで、アルファベット26文字を最低見て、聞いて識別できるようになる事を目標にします。

今回はそのためにクラスでできる英語活動アルファベット線つなぎゲームを紹介します。

この活動は教師がアルファベットを発音する必要があります。

英語の発音に自信のない方は以下のページにてアルファベットのカタカナ表記を表記しています。

ぜひ参考にしてみてください。

参考英語教材
英語のアルファベット発音、読み方を発音記号が読めない方用にカタカナで表記

アルファベット26文字にまずは親しむ

まずアルファベットの線つなぎゲームをクラスで行う前に、アルファベットを言えるようにしておく必要があります。

前回紹介したアルファベット26文字を正しく発音できるようになるビデオ教材4選をまずはご確認ください。

参考英語教材
・英語のアルファベット26文字を順番に発音できるようになる!小学生向け英語ABCの歌4選!
・小学校5.6年でも使える!!ABCの歌 ラップでアルファベット順に26文字の発音を覚えよう!

で紹介しているABCの歌を使ってアルファベット26文字に親しんでおきましょう。

小学校低学年では国語でローマ字教育をしますので学年によってはすでに何となく親しみがある子ども達もいと思われます。

その場合には文字と音(発音)を一致させるように練習することになります。

アルファベット線つなぎゲームのやり方(The Alphabet dot to dot)

アルファベット線つなぎワークシートalphabets dot to dot bat

アルファベット線つなぎゲームのワークシートは上の画像のようなものです。

上のワークシートのダウンロードリンクはページ後半に掲載していますのでそちらからどうそ。

1)子ども達に画像にあるような線つなぎワークシートを配布する

子ども達は鉛筆が必要です。

日本語では線つなぎゲーム、英語では”dot to dot”と言われています。

検索をすればネット上に他のワークシートも出てきますが今回は私が常に使っているものを紹介しています。

■線つなぎゲームお勧めの理由■
・聞いたアルファベットを線でつないでいくのでリスニングの練習になる。

アルファベットを順番に26文字結んでいくのであればアルファベット表などを見てだれでもできます。

しかし、今回ここで紹介する活動は教師が発音したアルファベットを聞いてその文字を見つけて結んでいきます。

そのため、子ども達は教師が発音する言葉を注意深く聞く必要がありあり、個人的にこの線結びゲームを気に入っています。

もちろん最初にアルファベット順に結んでいく線つなぎゲームを行うことも可能です。

まずは、アルファベットをABCの順番につなぐアルファベット線つなぎワークシートをしたいという場合は以下のリンクで無料ワークシートを紹介していますので、ご覧ください。

また、アルファベット迷路教材も人気がありますので同時にご活用ください。

参考英語教材
・【厳選】無料でアルファベット点つなぎワークシートをダウンロードできるサイト4つ!

・【無料】英語アルファベット学習用迷路(Maze)作成サイトでABC迷路を作ろう!
私はアルファベット順につなげる線つなぎプリントは宿題として出すことにしています。

2)教師がアルファベットを1つずつ発音してそれを子ども達がつなげる

まずはスタート地点のアルファベットを見つけてもらいましょう。

そして黒板に教師はスタートP(Start)と書きます。

そして、”次のアルファベットは…”と子ども達に伝えます。

リスニングの練習にもなるので2、3回繰り返して発音してあげましょう。

当然英語で指示を出すことも可能です。

もちろん子ども達は理解しないかもしれませんが繰り返していくうちに何となく理解していきます。

”The next alphabet is ...(A)...”

と言えばいいです。簡単ですね。

初めてなので一文字づづ答えを合わせていくことをお勧めします。

答えを確認したら黒板にその文字を書いていきましょう。

子ども達も自分の目で見てアルファベットを確認する事かできます。

教師の皆さんは教室内を回って子ども達がきちんとフォローしているか確認していきましょう。

後はこれの繰り返しです。

途中で子ども達が”あっ!!これ○○○じゃないかな”などと何が出来上がるか考え始めます。

最後はスタート地点に戻って終わりです。

3)何が出来上がったのか確認する

最後まで線で結んだら何が出来上がったか聞いてみましょう。


当然日本語で答えることになると思いますが、必ず英語ではどういうかを教える事を忘れないようにしましょう。

たかが1単語ですが、大切です。

新しい単語を学習したら

参考英語活動
秘密の英単語暗記法‼WORD BOXを作ろう!

で作ったワードボックスに入れるのを忘れないようにしましょう。反復練習が大切です。

アルファベット線つなぎゲームの無料ワークシート

今回載せた線つなぎワークシートですが5年以上前にインターネット上で発見し、今でも使っています。

今回ここに掲載するにあたりリンク先を探したのですが見つからずスクリーンショットのみの掲載です。

サイトを見つけ次第リンクさせていただきます。

ご存じの方はコメント欄から連絡いただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

追記:2020年7月10日

ここで紹介しているサイトをネット上で見つけましたので下にリンクを張りました!

ダウンロードをしたい方はそちらからお願いします。

無料教材例1:アルファベット大文字線つなぎゲームプリント dot to dot "bat"

アルファベット線つなぎワークシートalphabets dot to dot bat

無料教材例1:アルファベット大文字線つなぎゲームプリント dot to dot "Umbrella"

アルファベット線つなぎワークシートalphabets dot to dot umbrella

追記:

こちらのアルファベット線つなぎゲームワークシートはSAKURA PRESSさんからのものでした。


今回紹介したアルファベット線つなぎワークシートはコウモリと傘だけでアルファベットの大文字だけでしたが、以下のリンク先にはアルファベット小文字の線つなぎゲームや数字の線つなぎゲーム、アルファベットと数字が混ざったものなど種類が豊富です。

数字の線つなぎゲームに関しては後日再度紹介したいと考えています。

引用サイト(外部リンク)
アルファベット線つなぎワークシート(PDFファイル)

その他のアルファベット識別練習活動例を別のページにて掲載していますので是非参考にしてください。

参考記事
・Let's play a board game! ABCスゴロクをしよう!
・ABCかるたでアルファベットを覚えよう!Let's play the alphabet’s card game
・アルファベットを探せ!! Find the alphabet!!

少しでも皆さんの授業の手助けになったら幸いです。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.