Welcome to Mr.Kame's English with fun

すぐに英語で数字を素早く言えるようになる!4つの楽しい英語学習活動・指導例/小学校英語教育

Mr.Kame

Mr.Kame

windows

英語で数字20までを言えるように前回のはビデオ教材を紹介しました。

参考授業指導法
数字1から20までを英語できちんと発音し言えるようにするためのビデオ教材4選‼

を使い数字が順番に20まで言えるようになりました。

今日は、ここから一つステップアップを目指します。

数字をランダムに英語で素早く言えるようにします。

このページではそのために使える教材やアクティビティーを紹介していきます。

フラシュカードを利用した活動(全体指導)

1)復習をかねて、数字1から順番に見せて英語で答える

まずは、復習です。1から順番に数字の書かれたフラシュカードを見せて英語で答えてもらいます。

時間がある場合は20からのカウントダウンに挑戦してもらいます。

2)フラシュカードを混ぜでランダムに数字を見せる。

順番に数字が言えてもランダムに出てくる数字を即座に答えられる子どもは多くありません。

4と書かれたカードを見せると指を使って1から数えてフォーと答えを言う子どもがたくさんいます。

最初はそれで問題ありません。

数をこなして即座に答えられるように練習していきます。

最初は子ども達に挙手してもらい確認します。

慣れてきたら最後はどんどんカードをめくって挙手無でどんどん答えていってもらうようにすることで子ども達も20までの数字に慣れてきます。

数字のフラシュカードを手元にない方は以下のリンクから無料でダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ESL_Flashcards_Numbers英語表記付き(PDFファイル)
ESL_Flashcards_Numbers英語表記なし(PDFファイル)

フラシュカードの上にカーソルを当てるとプリント、ダウンロードのアイコンが表示されます。

download(ダウンロード)をクリックすると保存先の指定画面が出てきますので、フォルダを指定して保存してください。

フラシュカードを利用したゲーム:Shout out

以前紹介したShout outをすると子ども達は大興奮して活動します。

詳しい方法は、

参考指導案
素早く答えた者が勝ち‼英語の数字を楽しみながら学べる方法!

をご覧ください。

上の活動例では子ども達に教室の空いているところに2列に並んでもらいました。

もしも、時間がなかったり、簡単な復習としてこの活動をする場合

子ども達は自分の席にいたまま、隣り合っている2人でShout outをすることもできます。

その場合は、教師が子ども達の席を一つずつ回ってカードを見せていきます。

正解したら1ポイントとすると隣り合った子よりも多く回答しようとかんばります。

ゲーム形式の方が盛り上がります。

その他のフラシュカードを利用した英語学習活動例は

参考指導案
反復練習も気にならない‼フラッシュカード(単語カード)を利用した英語指導法/ゲーム3選‼

をご覧ください。


windows

黒板全体を使った活動:Slap(スラップ)

黒板全体に数字をランダムに書くだけで準備ができてしますこのスラップもお勧めです。

されに、子ども達が大興奮します。

詳しいルールや方法は以前の活動例

参考活動例
文房具を英語で言えるようにするための楽しい英語活動‼”Slap(スラップ)”&”Bingo(ビンゴゲーム)”

を確認ください。

さらに4×4であればビンゴゲームも可能になります。

ナンバーズドミノ

ドミノはご存じでしょうか。

上記で紹介した3つの活動は英語が苦手だったり学習スピードが遅い子ども達は大変です。

自分が活躍する画面が少なくなります。

それに比べるとドミノは個人個人のスピードで確認できるので有意義です。

日本人がドミノと言うと小さな木の板を立てていき模様などを作り、最後に倒すものをイメージする方が多いかもしれませんが、今日ここで紹介するのはそれではありません。

numbers domino

学習プリントの一部を上に掲載しました。(ダウンロードリンクは後半)

これを子ども達に配布すると口をそろえて、これ間違ってる!って言います。

そうなんです隣り合っているイラスト数字と英語の数字が一致していないんです。

それを一致させる活動がドミノです。

【ナンバーズドミノの活動例】

Ⅰ)黒い太線のところをはさみで切る

マッチしていない英語をイラストをセットで太線のところをはさみで切ります。

数字20までなので20枚のカードができます。

Ⅱ)机の上で英語とイラストをマッチさせながら並べる。

上の画像を例に説明します。一番上のカードには17とOneとあります。

まずこれを机の上に置き、次に英語のoneのイラストを探します。つまり1です。

1を見つけたら、oneの隣に並べます。

1の隣りにはsixがあります。つまり6を探しsixの隣に並べます。

これの繰り返しで最後まで並べていきます。

すべてが正解なら最後の英語は一番最初のイラストと同じもの。

こんかいはSeventeenとなるはずなので答え合わせも簡単にできます。

Ⅲ)クラスで競争する

一度最後まで出来たら、カードを裏返しよく混ぜます。

クラス全員で競争します。ready go! でそれぞれ自分のカードを裏返しもう一度全ても並べます。

最後まで終わったらI'm done(終わった!)と言って挙手します。

Ⅳ)ドミノゲームが終わったら

ゲームが終わったら2パターンあります。

・英語のノートに張り付ける。

もう一回練習でき、ノートに教材が残るのでノートを使った復習ができる。

この場合はドミノゲームはできなくなります。

・そのままカードを持ち帰り、個人で何度もドミノゲームをする。

学校の休み時間や空いた時間、家に帰ってから何度も自分で練習できます。

こちらの方がよいのですが、子どもの中にはものをきちんと保管できない場合もあるので、なくしてしまったり、捨ててしまうくらいならノートに張り付けた方がよくなります。

上記に例で示したドミノカードのダウンロード先

引用サイト(外部リンク)
esl numbers domino cards無料英語教材ダウンロード(PDFファイル)

教材上部に表示されるdownloadボタンを押してください。

最後に

今回は4つの活動を紹介しました。

私自身4つすべてを毎回行っているわけではありません。

子ども達の様子や、クラスの特徴を考慮して活動を選んでいます。

勝ち負けにこだわてすぐに喧嘩をしてしまうようなクラスにゲーム性の強り活動が向かなかったり、おとなしい女の子ばかりのクラスならドミノなどの個人活動が中心になるものを使ったりします。

みなさんも自分のクラスに合った活動を選んで楽しんで英語活動をしてください。

それでは、今日も良い一日を。


関連記事


Comments 0

There are no comments yet.