数字1‐20までを英語で正しく発音できるようになる英語の歌・ビデオ教材4選‼【小学校英語学習】 - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]Numbers 数字1から20まで

Welcome to Mr.Kame's English with fun

数字1‐20までを英語で正しく発音できるようになる英語の歌・ビデオ教材4選‼【小学校英語学習】

Mr.Kame

Mr.Kame

number0

以前英語で1から10まで数えれるようにするための歌、教材、英語活動を紹介しました。

それらの英語活動は本当の初心者ビギナー向けのものです。

英語を始めたばかりの子ども達に少しずつ英語という物に慣れていってもらうための教材です。

いわゆるスモールステップとして、少しずつ少しずつゆっくり教えていく場合に利用できます。

そちらの英語教材に興味がある方は以下のリンクから確認できます。

参考英語指導案:1から10までの数字
・楽しく踊りながら英語の数字1から10まで暗記できるビデオがある!
・素早く答えた者が勝ち‼英語の数字を楽しみながら学べる方法!
・決定版‼幼児、小学生向け 英語の数字を楽しんで学習できる英語学習プリント3選!

さて、今日は、少し、ステップアップして1から20まで教える場合のビデオ教材をご紹介します。

1から10までは問題なく言えるので以前紹介したの教材では物足りない。

小学校の中高学年で1から20まで一度に教えても問題がない。

そんな子ども達を指導している方への教材、授業案になります。

【最強!】小学生向け英語での数字学習用の歌!Let's Count to 20

年齢の小さい子どもには歌が一番です。

今回の目標は書けなくてもいいのできちんと発音して言えるようになることです。


1.Let's Count to 20 Song For Kids英語ビデオ教材数字1から20

マットさんのDream English.comからの数字学習用の歌です。

またか、と思われるかもしれませんが、いろいろ聞いて試した結果やっぱりこの歌が一番です。

特に小学生には簡単で、振り付けもあり踊りながら歌うこの曲が最高です。

ビデオに合わせて数回繰り返すだけでほとんどの子どもが20まで英語で言えるようになります。

いつもの歌の教材と一緒で聞いて真似をするだけです。

1から10までの曲と同じように授業では使用します。

【このビデオを利用した授業の流れ】

Ⅰ)一度聞く

全員で一度聞いてみます。

Ⅱ)一緒に歌ってみる

曲に合わせて歌ってみましょう。振り付けなしです。

聞こえた通りに発音するようにします。

Ⅲ)振り付けを練習する

教師が見本としてゆっくりと振り付けを見せ、子ども達が真似をします。

10の後jumpをして手を叩くところが少し難しめです。

さらに、11から先は歌いなら踊るのは大変です。

踊りに集中してしまう子どもが出てきますが踊りだけに集中しないように伝えましょう。

spin(回る)stop(止まる)という単語をまだ知らない場合ここで教えます。

Ⅳ)振り付けを付けて歌ってみる

さて、ビデオに合わせて振り付けを付けて歌います。

楽しみましょう。

Ⅴ)クラスの子ども達の前で発表する。

数回練習したら発表してもらいましょう。

私は数名を1グループにして発表してもらっています。

ビデオを撮影し保護者の方と共有することもあります。

YouTube上には数多くの曲がありますが数字を教える教材でどれか一曲選んでくれと言われればこの曲をまず選びます。

幼児、小学生には大人気の曲です。

ゆっくり英語で20までの数を数える!Counting Numbers


2.Counting Numbers 1-20 Lesson 英語ビデオ教材数字1から20

数字の発音を一つずつ確認したいときに使えるビデオです。

ビデオを見ながら一緒に発音しましょう。

このビデオでは数字を1から20まで数えた後に20から1まで逆に数える活動が入っています。

この活動を利用して
ビデオを見た後に2つの課題を子ども達に出すことができます。

1から20まで英語で順番に数える

20からで1まで英語で数字の逆読みカウントダウンチャレンジ

1から20まで順番に数えるのは簡単にできる子も、20から逆に数えるのはかなり大変ですのでとても良い練習になります。

チャレンジ成功した子ども達の名前を黒板に書いたり、シールを上げたりするとやる気を出す子がでてきます。


こちらのビデオは20から順番に数を減らしながら数えていく数字の逆読みカウントダウンビデオです。

普通に数えることができるようになり、カウントダウンに挑戦してみようと思う場合などに使用することができます。

子ども達と一緒にビデオを見て一つずつカウントダウンできるように練習しましょう。

英語で数字をリズムよく数える!Number song 1-20


3.Number song 1-20 for children 英語ビデオ教材数字1から20

数字を一つずつ数える練習をするのに適したビデオで2番目の曲よりもリズムがいいです。

イラストが低学年向けですので幼児、小学校低学年のクラスに使用可能です。

ノリの良いクラス向け!英数字20までCount to 20 and Workout

4.Count to 20 and Workout | Fun英語ビデオ教材数字1から20

最後に紹介するのは、これまで紹介した歌、ビデオがどれも子どもすぎるという場合に紹介したいビデオ教材です。

小学校高学年でも使用可能です。

数人ノリのいい子どもがクラスにいたら最高です。

Jackと一緒に踊って数を数えます。

間奏の部分は真似をするのは難しいので数字のところだけ一緒に歌うようにします。

他にもJackさんはノリのよい曲を歌っていますので子ども達が気に入った場合はクラスで使用してください。

最後に

今回は数字1から20までを言えるたまになるために使用できるビデオ、歌を紹介しました。

年齢の小さい子どもの場合、何度も聞くことで正しい英語の発音が身に付きます。

この年齢に細かい発音を教えても理解するのが難しいだけです。

逆に教師は何度聞いても新しい音を完全にマスターする事はできません。

この場合は、発音の仕方を基礎から学習する必要があります。

そんな方のために、数字を英語で発音する時の注意事項を別の記事で書いています。

そちらをぜひ参考にしてみてください。
参考英語教材
14?40?英語の数字Teenとtyの発音/読み方の違いはここ!【英語発音講座】

子どもも、大人も正しいい発音を定着させるためには何度も聞いて発音する事が大切になってきます。

そのため英語の時間だけでなく、いつでも曲を聞けるように工夫が必要です。

私の行っている対策としては

・曲のリンクを保護者の方にシェアする。

Lineや学級通信などを通じでシェアすることで家族の方にも興味を持ってもらい家庭で曲を聴いてもらう事が出来ます。

・USBメモリカードに入れてあげる。

最近はスマートフォンの普及でUSBに曲を入れる事は減りましたが
子ども達がUSBメモリカード持ってくればそこに曲を入れてあげます。

それを持ちかえり、家庭のパソコンなどで聞き練習してもらいます。

これらは家庭でも練習してもらうためのちょっとした工夫です。

今回紹介したビデオで20まで言えるようになったら、様々な英語活動で定着させていきます。

それらは、他のページで紹介していますので参考にしてください。

数字1から20を教える小学校英語指導案
・すぐに英語で数字を素早く言えるようになる!4つの楽しい英語学習活動・指導例
・楽しめる!数字1から20の学習に使える究極の英語学習プリント4選!

それでは、みなさん楽しんで英語に親しみましょう。


関連記事


Comments 0

There are no comments yet.