アルファベットUNO(ウノ)カードを使った英語活動アイディア3選!!~アルファベット、数字、色を学習~【小学校英語】 - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]The Alphabet アルファベット

Welcome to Mr.Kame's English with fun

アルファベットUNO(ウノ)カードを使った英語活動アイディア3選!!~アルファベット、数字、色を学習~【小学校英語】

Mr.Kame

Mr.Kame

a lamp in the evening

有名なカードゲーム”UNO”はご存じでしょうか。

子供のころに夢中になったことはありませんか。

今日は、その”UNO”を利用した3種類の英語アクティビティーを紹介したいと思います。

今回の英語アクティビティーを通して学習できることは次の3つ。

今回学習できる事
  1. 簡単な数字と色青

  2. アルファベットと色

  3. アルファベットと簡単な英単語

1は通常のUNOカードを利用しますが、2,3は特別なアルファベットUNOカードを利用します。

ゲーム感覚で学習できるので子供たちには人気があります。

英語を学習を始めたばかりの子供たちが対象になるのが、1,2のゲーム3は小学校の高学年など英単語を少し学習している子供たちが対象になります。

英語の授業を楽しくするのは少しの工夫で、それらのアイディアは日常生活の中にあったりします。

最近の流行りのものや、子供たちに人気のものは英語学習に使えないかなど常に考えていきたいですよね。

それでは、UNOを利用した英語アクティビティーの紹介を始めます。



カードゲーム”UNO”を使って英語の数字と色を学習するアクティビティー

最初に紹介するアクティビティーは、通常のUNOカードを利用してできる英語アクティビティーです。

1~9までの数字と、基本的な色を名前を学習する事ができます。

英語の授業でゲームをする時に大切なこと

英語でゲームを行うときに大切な事をまず一つ。

英語のゲームで大切な事
  • できるだけ英語を使う!

これは、本当に大切です。

日本語でゲームをすると英語学習の部分がなくなって、ただのUNOゲームになってしまいます。

ゲームの勝ち負けにこだわるあまり、ゲームに夢中になるあまり日本語を話してしまう子供がでてきます。

それでは、本末転倒。

ゲーム中に使うことができる英語のフレーズをいくつか教えることで、小学生でも英語のみでゲームを行うことが可能になります。

”UNO”カードゲームを行う前に学習しておきたい単元

1の”UNO”カードゲームを行う前に、1~10までの数字と、色の名前を英語で言えるようになっていることが望ましいです。

1~10までの数字を学習するための子供向けビデオ教材は『【最強!】歌って、踊って覚える英語の数字の発音の仕方1から10まで!』で紹介しています。

さらに、工作プリントを利用した英語活動も子供たちに人気があります。

こちらは『英語の数字を工作しながら楽しんで学習できるペーパークラフト3選!』をご覧ください。

英語の数字を工作しながら楽しんで学習できるペーパークラフト3選!

今回は英語の数字をペーパークラフトを使って工作しながら学習していける教材を3つ紹介します。まず、前回の数字1から10までの指導で使える英語の歌と利用して数字を英語でだいたい言えるようになったとします。今回はその学習した数字の発音とアルファベットで書かれている数字を関連付ける活動をしていきます...

また、11色の色の名前を学習する事ができる英語の歌を『英語の色の名前(カラー)を教えるための歌とビデオ教材5選!!』で紹介しています。

色を学習した後に、オリジナルのT-シャツづくり活動を私はしています。

子供たちに大人気です。『英語の授業でタイダイ絞り染め(Tie_Dye)!色々な縛りかたとやり方で自分だけの柄Tシャツを作ろう!』で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

英語の授業でタイダイ絞り染め(Tie_Dye)!色々な縛りかたとやり方で自分だけの柄Tシャツを作ろう!

歌やゲーム、学習プリントなどを使って英語の授業をしてきたけど何か特別な事をしたい‼子ども達がいつまでも覚えていてくれるような活動をしたい。家に帰って親の人に英語の授業でしたことを話すような授業をしたい.そんな教師の皆さん、この活動は本当にお勧めです。本日紹介するその活動の名前はタイダイ染めといいます!...

”UNO”カードゲームを英語で行う方法、授業の流れ

最初の”UNO”カードを利用した英語アクティビティーは通常のUNOを英語で行うものです。

準備するもの

英語UNOゲームのルール

  • UNOカードを最初に7枚ずつ配る

  • 同じ色か同じ数字の場合にカードを出すことができる

  • 黒色のスペシャルカードをいつでも出すことができる

  • 出すカードがないときはデッキから一枚引く

  • 最後から2枚目を出すときに”UNO”とコールする

  • 最初に手札が無くなった人が勝ち

他にも細かいルールがあると思いますが、英語の学習がメインなのでこれでも十分です。

最後に英語学習用に1つだけルールを付け足します。

英語学習用UNOルール
  • カードを出すときにカードの色と数字を英語で言う

Seven Red””Red Skip”などと声に出してからカードを出すようにします。

カードの名前やゲーム中に使える英語フレーズは後半に紹介していますのでそちらを参考にしてください。

英語アルファベットUNOカードを利用した英語アクティビティー

UNOカードを使った英語アクティビティー2つ目は、アルファベットUNOカードを利用して、アルファベットA~Zまで26文字と色の名前を学習します。

アルファベットUNOカードを利用した英語アクティビティー

下の画像のようなカードを利用します。

英語アルファベットUNOカードalphabet uno cards

このゲームを行う前に、26文字のアルファベットを言えるようになっておくと活動がスムーズになります。

英語のアルファベット26文字一覧表と順番に発音できるようになる小学生向け英語ABCの歌4選!』では、アルファベットを覚えるためのアルファベットの歌を紹介していますので参考にしてみてください。

英語のアルファベット26文字一覧表と順番に発音できるようになる小学生向け英語ABCの歌4選!

英語の学習の最初の敵はアルファベットです。平仮名、カタカナ、漢字とは全く違うので日本人の最大の敵となりえます。大人でさえ苦手意識があるものですから子どもにとってはさらに大きな敵です。初めて見る虫のような文字…最初のステップとしては書けなくたってOKです

アルファベットUNOカードを利用した英語アクティビティーやり方

事前準備

アルファベットUNOカードをダウンロードし、切り取りカードを作る。

グループの数だけアルファベットカードが必要になります。

アルファベットUNOルール

  • カードを最初に7枚配布する

  • 同じ色か、同じアルファベットの場合カードを出すことができる

  • 黒色のスペシャルカードはいつでも出すことができる

  • 出すカードがないときはデッキから一枚引く

  • 最後から2枚目を出すときに”UNO”とコールする

  • 最初に手札が無くなった人が勝ち

アルファベットUNO特別ルール
  • カードを出すときにアルファベットと色を英語で言う

B Green””Red Skip”などと声に出してからカードを出すようにします。

カードを出す時にアルファベットを読むのでアルファベットの学習になります。

カードの名前やゲーム中に使える英語フレーズは後半に紹介していますのでそちらを参考にしてください。

ここで紹介したアルファベットUNOカードは以下のリンクから無料でダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
無料アルファベットUNOカードセット

この他にもアルファベットを学習できる楽しい英語アクティビティーを『アルファベット順に26文字並び替えゲームで英語のアルファベットの順番を覚える活動アイディア』などで紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

アルファベット順に26文字並び替えゲームで英語のアルファベットの順番を覚える活動アイディア

英語を学習し始めた子供たちにとってアルファベットは平仮名やカタカナとは全く異なるもので、なかなか覚えられなかったりする事があります。そんな子供たちが楽しみながらアルファベットをAから順番に言えるようにするための英語アクティビティー”アルファベット並び替えゲーム”を今回は紹介します...

英語アルファベットUNOカードを使って英単語学習

アルファベットUNOカードを利用して英単語を楽しく学習する事もできます。

今回使用するアルファベットUNOカード

使用するカードは同じくアルファベットUNOカードです。

英語アルファベットUNOカード黄色alphabet uno cards2

アルファベットUNOを使ってで英単語を学習する方法

事前準備

アルファベットUNOカードをダウンロードし、切り取りカードを作る。

グループの数だけアルファベットカードが必要になります。

アルファベットUNOルール

  • カードを最初に7枚配布する

  • 同じ色か、同じアルファベットの場合カードを出すことができる

  • 黒色のスペシャルカードはいつでも出すことができる

  • 出すカードがないときはデッキから一枚引く

  • 最後から2枚目を出すときに”UNO”とコールする

  • 最初に手札が無くなった人が勝ち

アルファベットUNO特別ルール
  • カードを出すときにそのアルファベットで始まる英単語を言う

B”を出す場合、”Bear”などそのアルファベットで始まる英単語を1つ言ってからカードを出すようにします。

英単語をある程度知っている場合は次の特別ルールを設定することも可能です。

ゲームを面白くする特別ルール
  • 同じ英単語は言わない

  • 同じ英単語を言ってしまった場合は一枚引く

  • カードがあっても英単語が思いつかない場合はカードを出せない

カードを出す時に英単語を言うので、英単語の学習になります。

カードの名前やゲーム中に使える英語フレーズは後半に紹介していますのでそちらを参考にしてください。

ここで紹介したアルファベットUNOカードは以下のリンクから無料でダウンロードできます。

さらにブランクカードをダウンロードできるサイトもあるのでリンクを紹介します。

引用サイト(外部リンク)
無料アルファベットUNOカードセット
空欄UNOカード

この他の英単語を楽しく学習する英語アクティビティー

アルファベットUNOカードを利用したゲーム以外にも英単語を学習する方法を紹介します。

  1. 英単語を素早く書くアップルゲーム

    黒板を利用した英単語を使った英語アクティビティーです。

    指定したアルファベットから始まる英単語を4つ早く書きリンゴの絵を描いた人が勝ちというゲームです。

    詳しいルールややり方は『授業での楽しく英単語学習!小学生が英単語を簡単な英語単語ゲームで復習、暗記する!”アップルゲーム”』で紹介していますので、参考にしてください。

    授業での楽しく英単語学習!小学生が英単語を簡単な英語単語ゲームで復習、暗記する!

    それぞれの単元で新しい英単語を学習していきます。一回に習う英単語はそこまで多くなくても毎回習っていくとかなりの数になってきます。そこで、定期的に復習できる英語活動を私は取り入れています。復習していかないとすぐに忘れてしまいます...

  2. 英単語でしりとり!リンキングゲーム

    最初に指定したアルファベットから始まる英単語を書き、あとはしりとりの要領で最後の文字から始まる英単語を書き、それを繰り返していきます。

    最初に5つの英単語でしりとりができた人が勝ちというゲームです。

    こちらの英単語しりとりについては『小学校英語で小学生が楽しみながらできる英単語を使った英語ワードゲームとそのやり方』で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

    小学校英語で小学生が楽しみながらできる英単語を使った英語ワードゲームとそのやり方

    今回も習った英単語を使った教室でできる英語活動を紹介します。前回紹介したアップルゲームと同じようにこれまで学習した単語を使って行う英語活動、ゲームです。この活動で何かたくさんの新しい英単語を学習できるというものではありません。繰り返すことでこれまで学習したものを思い出したり、より定着させる意味があります...

  3. 限られた文字から英単語を作り出す”ボグル”ゲーム

    与えられた16前後のアルファベットを利用して英単語をできるだけ多く作り出す英語ゲームです。

    これまでの英単語学習アクティビティーと違い文字に限りがあるので難易度が上がります。

    こちらの英語アクティビティーについては、『小学生から大人まで楽しめる英単語ゲーム”Boggle”(ボグル)の無料教材とやり方』で詳しく紹介していますので参考にしてください。

    小学生から大人まで楽しめる英単語ゲーム”Boggle”(ボグル)の無料教材とやり方

    小学校の英語の授業でできる英単語学習を楽しくできる英語アクティビティーを探していませんか。英単語の学習というと暗記というイメージが強く退屈な感じがします。英単語を使えるようにするには暗記しないといけませんが、小学生には楽しく英語を学習してほしいと思っています...

  4. 野外でもできる”スカベンジャーハント”

    室内でも野外でもテーマを変えればどこでもできるスカベンジャーハントは子供たちに大人気の英語活動です。

    詳しくは『野外英語活動Scavenger hunt(スカベンジャーハント)って何?やり方は?』で紹介していますので参考にしてください。

    野外英語活動Scavenger hunt(スカベンジャーハント)って何?やり方は?

    子ども達に英語の活動を楽しんでもらいたいという方は多いと思います。しかしどういう活動をすればいいのかというのは常に課題です。春先の天気が良い日に外で何か活動できないかなと考えたことはありませんか。そんな時にできる野外英語活動を本日は紹介します。その活動の名前はscavenger hunt(スカベンジャーハント)という海外で有名なアクティビティです...

UNOを英語で行うとき便利な簡単英語フレーズ

最後に小学生でも英語のアクティビティー中に使える英語フレーズをまとめてみます。

なるべく短く簡単な表現にしてあるので、ぜひUNOを行う前に紹介して、ゲーム中はなるべく英語を使ってみてください。

UNOプレー中に使える英語フレーズ

まずはカードの名前から紹介します。

UNOカードの英語での言い方
  • 数字のカード”Seven Yellow”などと数字と色を英語で言います。

  • スキップ(Skip)

  • リバース(Reverse)

  • ワイルドカード(WildCard)

  • ドロー2(Draw2)

  • ドロー4(Draw4)

ゲーム中に使える簡単な英語フレーズを紹介します。

UNOゲーム中に使える英語フレーズ
  • It's my turn.
    (私の番)

  • It's your turn.
    (あなたの番)

  • It's .......'s turn.
    (…さんの番)

  • It's not your turn.
    (あなたの番じゃない)

  • Take 4 cards
    (カードを4枚引いて)

  • Take a card
    (カードを1枚引いて)

  • You didn't say "UNO"
    (UNOって言わなかった)

  • Don't look my cards.
    (私のカードを見ないで)

  • Don't cheat!
    (ずるしないで)

  • I won!
    (勝った!)

まだまだたくさん考えられますが、まずは短く簡単なフレーズから使っていく事をお勧めします。

最後に

今日は、有名なカードゲーム”UNO”を利用した英語アクティビティーを3つ紹介しました。

楽しみながらアルファベットや数字などを学習できるので是非参考にしてみてください。

この他にも人気のあるアルファベット学習用英語アクティビティーを紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

簡単‼アルファベット26文字線つなぎゲームワークシート(dot to dot)!アルファベットを聞き取り線でつなごう!』はアルファベットのリスニングの練習にもある点つなぎゲームを紹介しています。

簡単‼アルファベット26文字線つなぎゲームワークシート(dot to dot)!アルファベットを聞き取り線でつなごう!

英語を学習し始めた子どもにはたった26文字ですが、アルファベットを覚えるのは大変なことです。将来的には当然アルファベットを大文字、小文字共に書けるようになってほしいですし、そのための練習もしていく事になります。しかし、小学生にはまずは聞いて、そしてそれを正しく発音することができるように指導していきます...

【無料】英語アルファベット迷路(Maze)!大文字、小文字学習用ワークシートを無料作成サイトで作成!』はアルファベットの順番を学習できるアルファベット迷路を紹介しています。

参考にしてみてください。

【無料】英語アルファベット迷路(Maze)!大文字、小文字学習用ワークシートを無料作成サイトで作成!

このサイトでは英語を学習し始めた、幼児、小学生向けに多くのアルファベット学習用ワークシートや英語アクティビティを紹介しています。今回も、幼稚園や小学校の英語の授業でアルファベットを指導する際に利用できる英語活動を紹介します。今回は迷路を使います...

それでは、今日も良い一日を。


Comments 0

There are no comments yet.