小中学生のうちに覚えたい形容詞の対義語(反対語)55対110単語まとめ一覧と指導時に役立つアクティビティー4選【小学校英語活動】 - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]adjectives 形容詞

Welcome to Mr.Kame's English with fun

小中学生のうちに覚えたい形容詞の対義語(反対語)55対110単語まとめ一覧と指導時に役立つアクティビティー4選【小学校英語活動】

Mr.Kame

Mr.Kame

good luck 2021-3

英単語を暗記するのに苦労している人が多いと思います。

日常生活で使う英会話であればそこまで多くの英単語は必要ありませんが、映画を見たり、ネットの記事を読んだりするにはある程度の英単語を知っている必要があります。

より多くの英単語を効率よく学習するための方法として派生語も一緒に学習していくというものがあります。

市販されている単語帳には派生語が一緒に掲載されているものがほとんどです。

この派生語を一緒に学習するというアイディアに似ているのですが、私は小学生に形容詞を教える時に対義語を対にして教えるようにしています。

反対の意味を持つ英単語を対にすることで効率よく英単語を学習することができます。

今回は英語の対義語(反対語)をまとめて一覧にしてみたいと思います。

小学生だけでなく中学生にも利用できるように55対、計110単語をまとめてみました。

最初の33対の反対語形容詞は小学生でも知っておきたい対義語、後半の22の対は中学生なら知っておきたい形容詞の対義語と2つのグループに分けてあります。

また後半は対義語を指導する際に利用できる教材や英語活動を紹介していますので是非参考にしてみてください。

また『これだけは小学生に教えたい簡単な英語動詞100単語一覧!』では小学生にまず教えたい英語の動詞100を紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

これだけは小学生に教えたい簡単な英語動詞100単語一覧!

子ども達に英語を教える場合、高校生や社会人に英語を教える様に細かく詳しく教えていく事はできません。常に、どこまで教えるのか、どれだけ教えるのかが難しいところです。文法は?教える単語の数は?読みは教えるのか?書き方は教えるのか?非常に悩むところです。今回は小学校の英語の授業で、小学生にまず教えたい100個の動詞を紹介したいと思います...



小学生でも知っておきたい形容詞の対義語(反対語)33対66単語まとめ一覧

最初に小学生でも知っておきたい基本的な英語の形容詞の対義語を紹介します。

小学生に形容詞を指導する際にはこの中から良く使うものを選んでみてください。

小学生でも知っておきたい形容詞の対義語33対一覧表

小学生に形容詞の対義語を紹介する時は絵カード/フラッシュカード等を利用すると視覚的に英単語の意味を理解できるのでお勧めです。

超基本の形容詞:対義語(反対語)33対
  • Big⇔Small
    (大きい⇔小さい)

  • Slow⇔Fast
    (遅い⇔速い)

  • Hot⇔Cold
    (暑い⇔寒い)

  • Good⇔Bad
    (良い⇔悪い)

  • New⇔Old
    (新しい⇔古い)

  • Young⇔Old
    (若い⇔年寄り)

  • Short⇔Long
    (短い⇔長い)

  • Short⇔Tall
    (背が低い⇔高い)

  • White⇔Black
    (白⇔黒)

  • Thick⇔Thin
    (厚い⇔薄い)

  • Light⇔Heavy
    (軽い⇔重い)

  • Beautiful⇔Ugly
    (美しい⇔醜い)

  • Strong⇔Weak
    (強い⇔弱い)

  • Low⇔High
    (低い⇔高い)

  • Poor⇔Rich/Wealthy
    (貧乏な⇔お金持ちの)

  • Fat⇔Thin/Slim
    (太い⇔細い)

  • Dark⇔Light
    (暗い⇔明るい)

  • Lazy⇔Hard-working
    (怠けている⇔勤勉な)

  • Quiet⇔Loud/Noisy
    (静かな⇔うるさい)

  • Cheap⇔Expensive
    (安い⇔高い)

  • Far⇔Near/Close
    (遠い⇔近い)

  • Tidy⇔Messy
    (きちんとした⇔散らかった)

  • Happy⇔Sad
    (うれしい⇔悲しい)

  • Soft⇔Hard
    (やわらかい⇔固い)

  • True⇔False
    (正しい⇔間違い)

  • Clean⇔Dirty
    (きれい⇔汚い)

  • Easy⇔Difficult/Hard
    (簡単な⇔難しい)

  • Early⇔Late
    (早い⇔遅い)

  • Full⇔Empty
    (いっぱい⇔空っぽ)

  • Right⇔Wrong
    (正しい⇔間違い)

  • Dry⇔Wet
    (乾燥している⇔湿っている)

  • Full⇔Hungry
    (満腹の⇔空腹の)

  • Worst⇔Best
    (最悪の⇔最高の)

小学生など子供たちに英語単語を紹介する時はビデオなどイラストと音声付きの教材がお勧めです。

I say Big, You say ??英語の対義語(Opposite words)をマスター!』では形容詞の対義語をテーマにしたビデオや歌を紹介しています。

そちらも参考にしてみてください。

I say Big, You say ??英語の対義語(Opposite words)をマスター!

今回から身近でよく使う形容詞(Adjective)をテーマに教材を紹介していこうと思います。これまでもBig-Smallなど形容詞は学習してきています。形容詞という言葉を使うと難しいイメージがありますが頻出するものだけでも学習していきます。私はこの形容詞を子ども達に教える場合は対義語をセットにして教えています。大きい、小さい。短い、長い。セットにすることで覚えやすくなる...

中学生までには覚えたい形容詞の対義語(反対語)22対44単語まとめ一覧

ここで紹介する形容詞の対義語は少し難しくなります。

中学生でも学習できるものを選んでみました。

中学生までに覚えておきたい形容詞の対義語22対一覧表

中学生の場合は、パワーポイント教材などで単語を紹介することも考えられます。

種類が豊富!対義語(反対語)の形容詞を指導する際に使える便利なパワーポイント教材9選!』でお勧めのパワーポイント教材を紹介していますので参考にしてください。

基本の形容詞の対義語22対
  • Straight⇔Curly
    (まっすぐ⇔曲がっている)

  • Loose⇔Tight
    (ゆるい⇔きつい)

  • Healthy⇔Sick
    (健康的な⇔病気の)

  • Deep⇔Shallow
    (深い⇔浅い)

  • Polite⇔Rude
    (礼儀正しい⇔無礼な)

  • Modern⇔Traditional
    (近代的な⇔伝統的な)

  • Wild⇔Narrow
    (広い⇔狭い)

  • Pessimistic⇔Optimistic
    (悲観的な⇔楽観的な)

  • Selfish⇔Generous
    (自分勝手な⇔気前が良い)

  • Single⇔Married
    (独身の⇔既婚の)

  • Bitter⇔Sweet
    (苦い⇔甘い)

  • Safe⇔Dangerous
    (安全⇔危険な)

  • Alive⇔Dead
    (生きている⇔死んでいる)

  • Interesting⇔Boring
    (興味深い⇔つまらない)

  • Smart/Clever⇔Stupid
    (賢い⇔愚かな)

  • Brave⇔Afraid
    (勇敢な⇔怖がる)

  • Calm⇔Nervous
    (落ち着いている⇔緊張している)

  • Kind⇔Cruel
    (親切な⇔無慈悲な)

  • Normal⇔Strange
    (普通の⇔変わっている)

  • Publick⇔Private
    (公共の⇔私立の)

  • Raw⇔Cooked
    (生の⇔料理された)

  • Careful⇔Careless
    (用心深い⇔不注意な)


対義語学習用楽しい英語アクティビティ4選!

たくさんの形容詞の対義語をまとめて一覧にしてみました。

子供たちにこれらの対義語を教える時は楽しい英語アクティビティー等を行うと楽しみながら学習し、身に付きます。

ここでは、その例となる活動アイディアを紹介します。

小学生に対義語を教える時に役立つ英語アクティビティー

反対の意味を持つ形容詞を楽しく学習するためのアイディアとしてこのサイトで以前紹介したものは以下のものです。

対義語学習用英語アクティビティー
  • スゴロクを使っての対義語学習

  • ドミノを使って反対の意味の言葉学習

  • パズルを利用して反対語の学習

パズルやドミノは個人でも行える学習活動です。

スゴロクは最低2人必要になりますが、子供たちに大人気のアクティビティーです。

これらの無料教材や詳しい活動方法は『スゴロク、ドミノ、パズル!様々な英語活動を通して基本的な形容詞をマスターしよう!』にて紹介していますので是非参考にしてみてください。

スゴロク、ドミノ、パズル!様々な英語活動を通して基本的な形容詞をマスター!

反対の意味を持つ形容詞を学習する単元5回目です。今回はこれまでに紹介しきれなかった英語活動やゲームを紹介したいと思います。これまでのビデオ教材や学習プリントは以下のリンクから参照いただけます。今回はスゴロクやドミノといった教材を使って対義語の学習をしていきます...

ビンゴゲームを通して形容詞の対義語を学習する方法

対義語だけではありませんが、ビンゴをしながら英単語を学習するアクティビティーも子供たちには人気があります。

無料ビンゴカード作成サイトを利用して自分だけのオリジナル英単語ビンゴカードを作成!』では無料で英単語ビンゴカードを作成できるサイトの紹介と作成方法を説明しています。

そちらも是非参考にしてみてください。

無料ビンゴカード作成サイトを利用して自分だけのオリジナル英単語ビンゴカードを作成!

今回も引き続きOpposite(反対)の意味を持つ形容詞を中心に学習するための英語活動を紹介していきます。英語の授業で楽しく反対の意味を持つ英単語(反対語/対義語)を学習できるアクティビティを3つ紹介します。その一つで一番お勧めなのが、無料ビンゴ作成サイトを利用してオリジナルビンゴカードを作りそれ使ってビンゴをする活動です...

最後に

今回は小学生から中学生に教えたい形容詞の対義語の一覧とそれを小学生や中学生に指導する際に使用できる教材や英語アクティビティーを紹介しました。

この他にもワークシートを使って定着を図ることができます。

ワークシートは『イラストを見て反対の意味を持つ形容詞(反対語)を言えるようにするためのワークシート!』で紹介していますのでそちらを参考にしてみてください。

イラストを見て反対の意味を持つ形容詞(反対語)を言えるようにするためのワークシート!

これまで3回にわたって、基本的な形容詞を反対の意味を持つ英単語を対にして学習するための教材や英語活動を紹介してきました。形容詞を使えるようになると英語での表現の幅が広がります。しかし、そこまで使い方は難しくないので小学生でも比較的簡単に使えるようになります。今回は反対の意味を持つ形容詞を学習するためのイラスト付きワークシートを紹介...

少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

それでは今日も良い一日を。


Comments 0

There are no comments yet.