Welcome to Mr.Kame's English with fun

反復練習も気にならない‼フラッシュカード(単語カード)を利用した英語指導法/ゲーム3選‼

Mr.Kame

Mr.Kame

lockers

学習内容を定着させるためには反復練習しかありません。

しかし、反復練習ほどつまらなく飽きるものはありません。

いやいやながら練習しても身につかない。

時間の無駄になってしまいます。

では、子ども達が楽しみながら反復練習できる英語活動ってどんなのがあるのでしょうか?

そんな質問の答えの1例となる活動を今日は紹介します。

当然ながらいろいろな指導方法が存在しますが、その中でも今日はフラシュカード(単語カード)を利用した指導法/活動を3つ紹介します。

フラシュカードを準備しよう

【事前に必要なもの】

教える課題のフラシュカード。

今回は文房具を教える事と仮定します。

フラシュカードですが、現在はインターネット上で無料でダウンロードできますので、それを印刷して使えばOKです。

無料でフラシュカードがダウンロード可能なリンク先は記事後半にのせてあります。

今回使用するフラシュカードは学習したい物の絵が描かれているものを使用します。

何度も何度も使うので、カラーで印刷してラミネートすることをお勧めします。

ラミネーターをお持ちでない方は楽天から購入も可能です。



フラシュカードが準備できたら早速使用してみましょう。

瞬きが命取り!フラシュ‼(Flash!)

フラシュカードを使った活動の利点として挙げられるのが、子ども達カードやカードが飾られた黒板に集中するという事です。

カードを見ていないと活動できないですからね。

子ども達の注意を引くことができる教材としてとても有効です。

1.瞬きが命取り!フラシュ‼(Flash!)

教師がフラシュカードを持って子ども達の前に立ちます。

教師はフラシュカードの後ろ側を子ども達に見せます。

子ども達にはどのカードなのかわかりません。

教師はカードを素早く回転させて子ども達にカードに描かれている絵短時間だけ見せます。

子ども達は回転する瞬間を見逃さずに見て、描かれている絵が何か答えます。

教師はカードを回転させる時に、

What is this?』や『Three,two,one』と言って子ども達の注意を引くようにします。

子ども達は『It is a/an ......』と答えます。

その時によって、少し早めにしたり、ゆっくり回転させたり回転の速度を変化せせます。

さらに、ゲームの途中に使える英単語として

Fast!(早く)』や『Slowly!(ゆっくり!)』もしくは『One more time(もう一回)』

などを教えると子ども達はすぐに使いだします。

子ども達は一瞬を逃さないようにフラシュカードに集中します。

見ていないと答えられないので自然と子ども達全員の視線があつまります。

何が隠れているかな?(Slowly slowly)

2.何が隠れているかな?(Slowly slowly)

この活動は1のFlashの逆の活動です。

教師はカード重ねて持ち、一番最初のカードを他のカードや紙で隠して何かわからないようにします。

教師は『What is it?』と言って隠れている絵を少しずつ見せていきます。

子ども達は少しずつ見えてくる絵をみて、何かわかったら手を挙げて答えを言います。

これも同じようにIt is a/an ......』と答えます。

この活動では、子ども達に『More!(もっと)』という単語を教えます。

見えている部分が少なすぎて答えがわからない時にMore!(もっと)』という様にします。

短いフレーズなどを英語で言えるようにしていきましょう。

無くなったのは何? (What's missing?)

hide and seek

3.無くなったのは何? (What's missing?)

3目の活動は暗記ゲームのような感じのものです。

この活動の流れは次のようになります。

1)単語の復習をします

まずフラシュカードを一枚ずつ子ども達に見せて単語の復習をします。

確認したものから、黒板にランダムに張り付けていきます。

すべてのカードを確認し黒板に張り付けたらゲームの開始です。

2)1分間でカードの場所を覚えます

子ども達に1分間時間をあげるのでカードの場所を覚えるように伝えます。

3)顔を伏せてゆっくり10数える。

今度は全員顔を伏せて、黒板を見ないようにします。全員が顔を伏せたらみんなでゆっくり1から10まで英語で数えます。

4)教師は子どもが10数えている間にカードの一枚を取り、体の後ろに隠します。

教師は子ども達が顔を隠しているのを確認したら、黒板に張られているフラシュカードの中から一枚を選び黒板から取り外し、カードを子ども達が見えない所に隠します。

5)顔を上げてなくなっているカードを当てます。

教師は、子ども達が顔を上げたら、『What's missing?』と言い

子ども達は黒板を見て無くなっているカードは何かを当てます。

子ども達は『〇〇〇 is missing!』と答えるようにします。

6)子ども達にカードを隠してもらう

教師が何回かカードを隠した後に、今度は子ども達にカードを隠してもらうようにすると子ども達も喜んで活動します。

時間が十分にあるなら全員が一回ずつカードを隠せることが理想です。

時間がない場合は、無くなったカードを当てた子どもに隠してもらいましょう。

誰もが隠す人になりたいので必死にカードの位置を覚えます。

フラシュカード無料ダウンロード可能サイト

今回は文房具を一例にダウンロードが可能なサイトやリンクを紹介します。

同じサイトで他のトピックのフラシュカードもダウンロード可能ですので確認ください。

引用リンク(外部サイト)
文房具フラシュカードダウンロード可能リンク(英単語入りPDFファイル)
文房具フラシュカードダウンロード可能リンク(英単語なしPDFファイル)
文房具フラシュカードダウンロード可能サイトリンク(英単語入り無選択可能PDFファイル)
文房具フラシュカードダウンロード可能サイトリンク(英単語入りPDF,Word選択可能)

他にもたくさんのサイトがフラシュカードをシェアしてくれていますので順次紹介していきます。

最後に

幼児や小学生には絵などの描かれたフラシュカードが非常に有効です。

ビデオやフラシュカードなど見て分かるものがお勧めです。

特に英語を習い始めたばかりのクラスではフラッシュカートを頻繁に利用します。

その時に毎回同じ活動ではなく、異なった活動を行うことで子ども達が飽きることなく参加できます。

実際には反復練習をしているのですが、楽しいので飽きません。

飽きないので続けられます。

他にもたくさんのフラシュカード利用活動があります。

ぜひ、子ども達が喜んで学習する活動を見つけてください。

今回紹介した活動以外の楽しい英語活動は以下のページを参考にしてください。

参考英語活動例
文房具を英語で言えるようにするための楽しい英語の活動‼”Slap(スラップ)”&”Bingo(ビンゴゲーム)”
楽しく学ぶ小学英語‼文房具を教える時に使用する楽しめる学習プリント2+1PPT
家庭も巻き込め‼実践型英語家庭学習(ホームワーク)‼文房具編:『What's in my bag?』

最後に、フラシュカードの活用方法を紹介しているビデオを紹介します。


多くの活動利用例を紹介してくれていますので参考にしてみてください。

それでは今日よい一日を。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.