11月11日何の日?ポッキーの日間近!英語でお菓子の言い方、英語名一覧表とその使い方 - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]Food 食べ物

Welcome to Mr.Kame's English with fun

11月11日何の日?ポッキーの日間近!英語でお菓子の言い方、英語名一覧表とその使い方

Mr.Kame

Mr.Kame

fall yellow leaves.jpg

ネット上で11月11日は何の日か検索を書けると驚くことに、色々な日に指定されていることが分かります。

40以上もあるようです。しかし、一番有名なのはポッキーの日ではないでしょうか。

1という文字の形がポッキーの形に似ていることから11月11日はポッキーの日に指定されたようです。

厳密にいえばこの日は1がもっとたくさん並ぶ瞬間がありますよね。

11月11日11時11分11秒11111111…本当に瞬間的に1が限りなく無限にづづく瞬間がある。

ぞろ目は縁起が良かったりするので11時11分のスクリーンショットをとる人もいるのではないでしょうか。

今回はポッキーの日にちなんでお菓子の英語名の一覧表とその使い方などを紹介したいと思います。

コンビニやスーパーで見かけるお菓子を英語で言える様になりましょう。

お菓子の他に日本食の英語名も別のページで紹介していますので興味がある方はご覧ください。

参考英語教材
【保存版】日本食(和食)の英語名称一覧表!これで外国人に日本食について教えれる!

色々あるお菓子の英語での言い方、英語表現

英語でお菓子って何ていうのでしょうか?まずは、特定のお菓子の名前ではなく、お菓子全般に使える英単語を紹介します。

国によって若干の違いがありますので参考程度にしてください。

【英語でお菓子の言い方、英語名一覧表】

お菓子の英語での言い方一覧

  • Sweets(スウィーツ)
特にイギリス英語では飴やチョコレートなどのお菓子の事をSweetsと呼びます。語源通り甘いものという意味です。

  • Candy(キャンディー)
日本では飴玉という意味ですが、アメリカ英語では飴だけでなく小さい甘いお菓子の一般名称としても使います。アメリカでは飴に対してはLolipop(ロリポップ)という英単語を使う時もあります。棒付きの飴をロリポップと呼びます。

  • Snacks(スナックス)
甘いものだけでなく、ポテトチップスなど塩辛いお菓子も含まれます。食事と食事の間に食べるお菓子の少々をスナックと呼びます。海外の小学校にはスナックを持っていく習慣があり、そのスナックはサンドイッチから、ニンジンのスティックさらにはリンゴなどを持っていく子もいます。これらすべてがスナックです。

  • Treats(トゥリーツ)
ハロウィンでTrick or Treatというようにお菓子という意味でも使われます。しかし、ご褒美的な意味で使われることもあり、何か頑張った時などにTreatをもらう感じです。お菓子にだけ関して言えば、少し高級感や貴重な感じ出てきます。

  • Confectionary(コンフェクショナリー)
和菓子などに使われるかなりフォーマルなお菓子の言い方です。普段の会話で、お菓子という意味では使われることは少ないです。

  • Dessert(デザート)
食後に食べる甘いものを指します。ポテトチップスなどはデザートにはなりません。このあたりの感覚は日本人と同じだと思います。

国によって違いはありますが、ここで紹介した英単語は大体どこの国でも通じると思いますので参考にしてみてください。

身近なお菓子の英語での言い方、英語名一覧表パート1

次に、それぞれのお菓子の名前を見ていきたいと思います。

日本人としても馴染みのあるものもあれば、日本ではあまり食べないものもあります。

【色々なお菓子の英語の言い方、英語名一覧表1】

色々なお菓子の英語名15

  • Biscuit(ビスケット)
複数形になることが多いのでBiscuitsという事の方が多いです。

  • Cooky(クッキー)
こちらも複数形でCookiesとなることが多いです。

  • Cracker(クラッカー)
クラッカーは甘くないしょっぱい薄いおせんべいみたいなものです。

  • Cake(ケーキ)
何のケーキは最初に付けます。Chocolate Cakeなどとなります。

  • Chips(チップス)
アメリカ英語ではポテトチップスなどのチップス系のお菓子を表します。イギリス英語の場合はフライドポテトになります。

  • Crisps(クリスプス)
イギリス英語のポテトチップなどのチップス系のお菓子をいいます。

  • Chocolate(チョコレート)
チョコレートの総称です。Chocolate barともいいます。板チョコです。日本語と同じようにDark chocolateMilk chocokateなどそれぞれの名前もあります。

  • Ice cream(アイスクリーム)
アイスクリームの総称です。Banana ice creamなど名前の最初に何のアイスクリームつけます。

  • Muffin(マフィン)

  • Dried Fruit(ドライドフルーツ)
海外では乾燥させた果物をスナックとして食べる習慣があります。日本ではレイズンくらいですが海外ではDried apricotsなど色々な果物を乾燥させます。

  • Popcorn(ポップコーン)

  • Popsicle(アイスキャンディー)
棒の付いた氷系のアイスクリームです。

  • Nuts(ナッツ)
すべてのナッツ系の総称です。Peanutsなどそれぞれの名称で呼ぶ場合もあります。

  • Rice cracker(御せんべい)
日本人が食べるおせんべいのことです。お米からできているのでRiceが付いています。

  • Cotton candy(わたあめ)
綿=Cottonの飴です。日本語と同じですね。

色々なお菓子の英語での言い方、英語名一覧表パート2

それで他のお菓子も思いつくだけ一覧表にしてみます。

【色々なお菓子の英語の言い方、英語名一覧表2】

色々なお菓子の英語名

  • Chewing gum(ガム)
私たちが普段噛んでいるがむです。風船が作れるガムの事をBubble gumとも言います。

  • Pancake(パンケーキ)

  • Doughnut(ドーナッツ)

  • Pie(パイ)

  • Apple Pie(アップルパイ)などとこちらも前に何のパイか付けます。

  • Pudding(プリン)

  • Caramel(キャラメル)

  • Nachos(ナチョス)
チップスにチーズをのせてオーブンに入れて溶かしたもの。メキシコ料理。

  • Crape(クレープ)
薄いパンケーキに果物やクリームを包んだもの。

  • Marshmallow(マシュマロ)
キャンプファイヤーで温めたり海外で大人気のお菓子です。

  • Waffle(ワッフル)

  • Milkshake(ミルクシェイク)
お菓子ではないですが。。。

  • Jelly beans(ジェリービーンズ)
日本のグミのような小さい豆型をしたお菓子

  • Parfait(パフェ)

  • Shaved ice(かき氷)
アイスを削ったものという意味です。正確に言うとShaved ice topped with flavoured syrupです。味付きのシロップがかかった物を付けるとイメージしやすいと思います。

最後にポッキーを英語で言うと何?

11月11日ポッキーの日にちなんで英語でお菓子の言い方や英語名を紹介しました。

ちなみにポッキーは日本発祥のお菓子です。

20年以上前の話になりますが、私の妹がアメリカ留学した際にお世話になったホストファミリーのお母さんがすごく日本のお菓子が気に入って、毎月の様にポッキーやコアラのマーチなどを送っていました。

その当時は、クッキーにチョコがついているようなお菓子がアメリカには少なかったのだそうです。

最近では、東南アジアではセブンイレブンなどがありそこでロッキーという名前で売られているのを見た事があります。

また、似たような商品を色々な国で見かけます。

英語でポッキー(Pocky)を言うとなると、Long cooky stick with chocolateの様になります。

どんなものなのかを英語で説明するので言い方はいくつもありと思います。

Pockyという英単語もありますが、皮膚にできるぶつぶつの事を言うようですのでそのまま使わない方が良さそうです。

ヨーロッパではMIKADOという名前で販売されているようです。

Pockyという名前は使いたくないようです。

皆さんもポッキーの日にはポッキーと食べてみてはどうでしょうか。

食べ物に関係してもう少し知りたい方は以下のページも参考にしてみてください。

参考英語教材
朝食の種類、メニューの英語名一覧表と日本語訳!小学生用学習教材
英語で食事の感想や食べ物の味について表現できるようになるための英単語一覧とその使い方!

それでは、皆さん素晴らしいポッキーの日を!

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.