大人数のクラスでも楽しめるハロウィンパーティーゲーム10選!【小学校英語】 - [小学校英語イベント授業案]Halloweenハロウィン

Welcome to Mr.Kame's English with fun

大人数のクラスでも楽しめるハロウィンパーティーゲーム10選!【小学校英語】

Mr.Kame

Mr.Kame

halloween pic4

今週はハロウィン前という事で、小学校の英語の授業を使ってできるハロウィンに関係する英語教材やゲームを紹介しています。

これまでハロウィンに関係する英単語とそれを学習するための英語教材や、ハロウィンの歌、ハロウィンパーティーなどでできる少人数でもできるハロウィンゲーム等を紹介してきました。

それらの教材は以下のリンクから確認できますので興味がありましたらご覧ください。

参考英語教材
・【Halloween】ハロウィンに関係する英単語一覧表と小学校英語で使えるゲーム、教材、ワークシート!
・【Halloween】ハロウィンっていつ?何の日?起源は?何する日?仮装だけじゃない!小学生に英語の授業内で説明!
・【小学校英語】ハロウィンパーティーで少人数でもできるハロウィンゲーム10選!
・子どもと一緒に教室をハロウィンパーティー用に飾り付け!無料教材、アイディア12選!【小学校英語】

今回は、大人数でもできるハロウィンゲーム・英語活動を紹介します。

クラスの人数が10人程度であれば色々なゲームが可能ですが、30人を超えてくると全員が同時に活動できる英語活動は限られてきます。

今回紹介するゲームが皆さんの役に少しでも立てたらうれしいです。


ハロウィンパーティーで大人数でもできるゲームと活動5選

少子化と言われていますがクラスの人数が30人以上あることはよくあります。

そのみんなが同時に同じ活動で楽しめるハロウィンゲームを紹介します。

1、大人数可ハロウィンゲーム:ビンゴゲーム! 

まずパーティーと言えばビンゴゲームです。

カードさえあれば何人でも参加可能です。

商品を準備するのを忘れないようにいましょう。

使用するカードですが、普通の数字のビンゴカード、ハロウィン仕立てのカードなど色々あると思います。

まずは、ハロウィン仕立てのビンゴカードが無料でダウンロードできるページを紹介します。

ページによってカードの枚数が異なるので自分のクラスの人数分カードがあるか確認してからダウンロードしてください。

まずは20枚のカードがダウンロードページです。

リンク先のページの記事の最後のあたりにピンク色の少し大きめの文字でClick here to download your free halloween bingo cardsとあるのでそこをクリックしてください。

カードは以下の様なものです。

無料ハロウィンビンゴカードhalloween bingo cards1
引用サイト【外部リンク】
無料ハロウィンビンゴカードダウンロードページ

他のサイトは、無料でダウンロードできるカードが10枚以下です。

10人以下の少人数のクラスを持っている方もいるかと思いますのでリンクを貼っておきます。

無料ハロウィンビンゴカード halloween bingo cards2

こちらは全10枚のカードをダウンロードできます。

このカードには抽選用カードが付いていないのでビンゴをする前にイラストの英単語を書きだして抽選用にする必要があります。

イラストを引くこともできますが、英語の授業としてビンゴをすることを考えると英語を引いて、イラストを探す事がいいと思います。

引用サイト(外部リンク)
無料ハロウィンビンゴカード10枚セット
無料ハロウィンビンゴカード halloween bingo cards3

こちらは全部で8枚のビンゴカードをダウンロードできます。

こちらは最後のページに抽選用のイラストがあります。

イラストを引いてイラストを探す事になってしまうので、抽選用のイラストカードに英単語を書き込んで、そちらを言ってイラストを探す活動をお勧めします。

引用サイト(外部リンク)
無料ハロウィンビンゴカード8枚セット

最後に以前紹介した無料ビンゴカード作成サイトを利用して自分でビンゴカードを作ることも可能です。

このサイトは自分がますに入れたい英単語を自分で打ち込むことで自動でビンゴカードを作成してくれます。

事前に子ども達に教えたハロウィンに関係する単語を利用すれば復習にもなります。

このサイトは無料で30枚までビンゴカードを作成できます。

それ以上の場合は有料になります。

こちらのサイトと使い方は以下のページで説明していますのでそちらをご覧ください。

参考英語教材
無料ビンゴカード作成サイトを利用して自分だけのカードを作成しよう!【小学校英語教材】

さらに最近では楽天市場などでもハロウィン版のビンゴカードを購入できるようです。それらを利用する事も可能です。


【楽天市場】ハロウィン ビンゴ カード 3セット

2、大人数ハロウィンゲーム:ハロウィンスカベンジャーハント! 

大人数でも可能なハロウィンゲームとしてハロウィンスカベンジャーハントもすることができます。

以前普通のスカベンジャーハントについては記事にしていますのでまずは、そちらをご覧ください。

参考英語教材
野外英語活動Scavenger hunt(スカベンジャーハント)って何?やり方は?

【ハロウィンスカベンジャーハントとは?】

子ども達には与えられたヒントをもとに隠された何かを探してもらうゲームです。

日本のオリエンテーリングのようなものです。

ヒントで与えられた場所に行くと、キーワードなどがありそれをいち早く全部集めたチームが勝ちになります。

ヒントの与え方としては、

We can play music. 

We can play football.

などある特定の場所のヒントを出しその場所に行くとキーワードを見つける事ができる様にしておきます。

私は、見つけたキーワードを並び替えたりするとHappy Halloweenであったり、Trick or treatなどのハロウィンに関係する英語の文になるようにしておきます。

こうする事で見つけたキーワードをもとに最後にチームで協力して秘密の暗号を見つける流れになり、早くに暗号を見つけたチームが勝ちになります。

校内全体を使うと場所も色々あり、行動範囲も広がるので子ども達も楽しんでくれます。

基本的には4,5人を1つのグループにすると40人近くの子どもがいてもみんなで楽しむことができます。

市販のカードを利用すると準備の時間がとても短くなります。

3、大人数ハロウィンゲーム:ハロウィン宝探しゲーム! 

ハロウィン宝探しゲームも子ども達から人気があります。

英語の活動からは少しずれてしまいますが、教室内であったり、指定した場所に宝を教師が隠し、子ども達がそれを探します。

ハロウィンなので小さな袋にいくつかのキャンディーやチョコを入れて置き、それを隠したり、小さいカボチャに番号を書いて隠しておき、そのみつけた番号によって異なる賞品をもらえるようにします。

子どもの数にもよりますが、一人1つ、もしくは2つと見つける事ができる数を決めておきましょう。

そうする事で全員が何かをもらえることになります。

4、大人数ハロウィンゲーム:お化け当てクイズ! 

このお化け当てクイズはベットシーツをかぶったお化けが一体誰であるか当てるゲームです。

【お化け当てクイズのやり方】

クラスの子ども達の中から3人ほど選び教室の外に出てもいます。

そしてその3人が話し合って誰がシーツをかぶってお化けにあるか決めます。

選ばれた一人が教室に戻ってきて、他の子ども達はそのお化けが誰なのか当てます。

靴屋、靴下などでもばれてしまうことがあるので、教室の外で子ども達が交換する事も可能です。

本来は質問タイムを設けます。

声でもわかってしまうのでお化けは裏声を使ったり、声を変えて答える様にします。

5、大人数ハロウィンゲーム:カボチャ落としゲーム! 

これは、皆さんご存じのハンカチ落としをハンカチでなく小さなカボチャで行うものです。

小さなカボチャもしくは最近はお店でもカボチャの形をしたおもちゃを買うことができるのでそれらを利用しても良いと思います。

本物のカボチャを利用する時は、くれぐれもカボチャを投げないように注意しましょう。

ハロウィンパーティーで大人数でも楽しめるゲームと活動5選

ここから後6個の大人数でもできるハロウィンゲームを紹介していきます。

6、ハロウィングループゲーム:目玉運びゲーム 

まず、ピンポン玉に目玉を書きます。

その目玉付きピンポン玉をたくさん用意します。

あとはそのピンポン玉を利用してチーム戦によりピンポン玉運びゲームをします。

このゲームは色々種類が考えられますが、スプーンで早くピンポン玉を反対側に置いてある箱などに入れて戻ってきて、次の人に交代するようなリレーゲームをします。

いくつか種類を考えておき、すべての種目の総合得点が多いほうが優勝としましょう。

7、大人数ハロウィンゲーム:ケーキウォークゲーム 

まず床に下の図の様な数字をクラスの人数分ばらばらに貼り付けます。

cake walk numbers

ゲームは椅子取りゲームの様に音楽をかけて、音楽が流れている間はみんなで教室内を歩いたり、踊ったりして動き回ります。

音楽が止まった時に子ども達は床に張り付けてある番号の一つをえらびそこに立ち止まります。

人数分数字はあるので全員が数字一つを持つことになります。

最後に、教師が準備した数字が書かれた紙を1枚選び、その数字の上に立っていた子どもが勝ちになります。

今回はハロウィンなので、選ばれた子どもがお菓子や賞品をもらえるようにすると盛り上がります。

上の見本で見せた数字は以下のリンク先から無料でダウンロードできます。

数字は30まであります。

引用サイト(外部リンク)
ハロウィンゲームケーキウォークナンバーズ台紙

8、大人数ハロウィンゲーム:魔女の椅子はどれゲーム 

椅子を円形に並べます。全員が内側を向いて、顔が見える様にします。

一人魔女を決めます。

他の子ども達は椅子に座っています。

魔女は他のみんなには秘密に一つだけ椅子を選びます。

選ばれた椅子が魔女の椅子です。

この後、音楽を流しみんなが移動します。

音楽が止まったらどれかの椅子に座ります。

全員座ったら、魔女がどの椅子が魔女のイスか伝え、魔女の椅子に座っていた人がアウト!そして次の魔女になります。

これを続け、何回魔女の椅子に座ったら罰ゲームなどと決めておくと盛り上がります。

9、大人数ハロウィンゲーム:Poke a pumpkin 

筒の中にお菓子を入れそれをオレンジ色のカバーで多い中が見えないようにします。

中身が違う筒を子どもの数だけ作ります。

こどもたちには1つずつ筒を選んでもらいその中に入っていたものが賞品としてもらえる、お楽しみボックスのようなものです。

準備するのに少し手間がかかりますが、ハロウィンパーティーの最後に少し楽しいことをしたい場合などに使えます。

10、ハロウィンパーティーゲーム:仮装コンテスト 

ハロウィンと言えば仮装コンテストでしょう。

この日は子ども達に仮装をしてきてもらうか、学校でハロウィンパーティーの前に着替えてもらいます。

授業の中で自分が何なのか英語で言うスピーチの時間を作ることも忘れないようにしましょう。

教師もしくは子ども達全員で誰の仮装が良かったか決めたり、いくつかの賞を決めるなど仮装コンテストをすると盛り上がります。

最後に

今回は大人数でもできるハロウィンゲームを紹介しました。

ハロウィンパーティーで学習したことを生かしてクイズ大会をすることを可能です。

参考英語活動
ハロウィン常識クイズ10問とその答え!小学校英語ハロウィンパーティーでクイズ大会!クイズミリオネア

少しでも子ども達が楽しめ、英語や異文化に興味を持ってくれるといいなあと思います。

ハロウィンパーティーを計画する際に今回のゲームが参考になればうれしいです。

それでは、皆さんも楽しいハロウィンパーティーを!

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.