ハロウィン用の歌を小学校英語の授業で使って学習してみよう!【Halloween】 - [小学校英語イベント授業案]Halloweenハロウィン

Welcome to Mr.Kame's English with fun

ハロウィン用の歌を小学校英語の授業で使って学習してみよう!【Halloween】

Mr.Kame

Mr.Kame

halloween pic5

ハロウィンの時期が近づいてきました。

今回はハロウィンの季節に小学校英語の授業中に使用できる歌を紹介します。

今回紹介する歌は大きく分けて3種類あります。

1つ目は、ハロウィンそのものをテーマにした歌で、ハロウィンに関する英単語が出てきたり、トリック オア トリートというフレーズが出てきたりと、歌いながらハロウィンそのものの風習が学習できるものです。

2つ目はあるテーマに沿った英語教材(アルファベット、数字、文房具)のビデオでその映像がハロウィン仕立てになっているもの。これらのビデオも見ながら、これまで学習したことを復習したり、新しく学習できる教材。

3つ目は、ハロウィンパーティーなどをクラスで行う時、英語活動中などにバックグラウンドに流すことができる少し怖い感じのハロウィンの歌を紹介していきます。

ハロウィンという機会をうまく利用して英語に関心を持ってもらいこれからも意欲的に学習してもらえるように工夫したいですね。

これまでにハロウィンでよく耳にする英単語一覧表や、小学生にハロウィンとは何かを説明できるようなハロウィンの基礎知識を別のページで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考英語教材
・【Halloween】ハロウィンに関係する英単語一覧表と小学校英語で使えるゲーム、教材、ワークシート!
・【Halloween】ハロウィンっていつ?何の日?起源は?何する日?仮装だけじゃない!小学生に英語の授業内で説明!
・【小学校英語】ハロウィンパーティーで少人数でもできるハロウィンゲーム10選!
・大人数のクラスでも楽しめるハロウィンパーティーゲーム10選!【小学校英語】
・子どもと一緒に教室をハロウィンパーティー用に飾り付け!無料教材、アイディア12選!【小学校英語】

ハロウィンの様子も分かる小学生向けハロウィンの歌

小学生向けハロウィンの歌です。

最初に紹介するのはビデオを見る事で、ハロウィンでは人々がどんなことをするのかなど簡単なイメージがつくものや、ハロウィンに関係する英単語を学習できるビデオです。

【ハロウィンの様子と英単語を学習できる歌】


子ども達が仮装をして家を回る様子を歌にしたものです。

どんな感じでTrick or treatingをしているかイメージすることができます。

さらに、子ども達の衣装を見ながらGhost(お化け)やWitch(魔女)などのハロウィンに関する英単語を学習する事ができます。

このビデオにもありますが、バレリーナなど衣装は何でもありになってきています。

【ハロウィンに関係する英単語を歌って学習】


ハロウィンのモンスターや子ども達が仮装するものの名前を英語で覚える事ができる英語の歌です。

歌いながらモンスターの真似をしたりすると楽しむことができます。

日本ではお化け屋敷が人気がありますが、そのお化け屋敷にも登場するようなモンスターを英語で言える様になります。

【英語でいないいないばあっ!の言い方がわかる歌】


ハロウィンは仮装をして友達を驚かせたり、家を回って怖がらせる真似をします。

ここでは、お化けが家の中に隠れて驚かせる様子が歌になっています。

日本語でいう”いないいないばあっ!”をお化けがします。

英語では、Peek-a boo!(ピカブー)といいます。

Peekとは短い時間見るという意味です。

チラ見をする感じでしょうか。

そして、人を脅かすときに日本語では”ワーッ”と言いますが、英語ではBoo!!と言って脅かします。

赤ちゃんにも日本人がいないいないばあっ!と言って喜ばせる様に、英語圏ではピッカブー!!と言い手で隠した顔を急に見せて遊びます。

ちょっとした文化の違いを紹介できるビデオです。

小学校英語教育教材ハロウィン版ビデオ・歌

この章では、ハロウィンバージョンの普通の英語教育用のビデオ、歌を紹介します。

現在教えているテーマを普通に教えるのではなくて、ハロウィン版のビデオや歌で教える事ができます。

【ハロウィン版アルファベットの歌ABCの歌】


ハロウィンの季節にアルファベットを教えている方は少ないかもしれませんが、復習として子ども達の一緒に歌ってみましょう。

ゆっくりでアルファベット名前をしっかりと発音してくれているので小学校の低学年向けにお勧めです。

さらに、音楽もハロウィン仕立てで少し怖い感じになっています。

【ハロウィン版英語の数字の歌1から10】


このビデオは、ハロウィンの夜に魔女などが外で踊っている、と言った感じでその魔女の数を英語で数えるビデオです。

子ども達と一緒に英語で10まで数え、さらに、モンスターの名前を英語で言える様になります。

魔女や、吸血鬼などは子ども達にも大人気のキャラクターなので英語で言える様になると子ども達がその単語を生活の中で利用し始めます。

【カボチャ提灯:ジャック・オー・ランタンの作り方の歌】


ハロウィンと言ったらカボチャで作られた提灯ランタンです。

英語ではJack-o-lanternといいますが、それを子ども達が作っている様子を歌いながら目、鼻、口といった体の一部を英語で言える様にするものです。

もしも、大きめのカボチャが手に入るようならクラスで一つ作ってみると子ども達が喜びます。

【基本的な動作動詞をハロウィン版歌で学習】


モンスターの様に足を踏み鳴らせ。

魔女の様に空を飛ぼう、骸骨の様にダンスをしよう。

と歌いながらハロウィンの英単語と簡単な動作動詞を学習できるハロウィンの歌です。

音楽もハロウィンの感じがし、さらにはリズムも良いのでお勧めです。

これを歌えるようになったらかっこいいですね。

さらに歌いながら体を動かせるので子ども達も楽しんでくれます。

【ハロウィンスケルトンダンスで体の部分を学習】


ハロウィンでよく見かける骸骨(スケルトン)が踊りながら体のパーツの名前を学習できます。

ちなみにBoneは骨です。

DemThemという意味です。

Them Bonesという事になります。

一番最初にThemが来るのに違和感がある方がいるかもしれませんが、このThemThoesという意味で使われています。

つまりDem bones=Thoes bonesという意味になります。

歌の中では体の部分を骨の名前と一緒に学習するのでThe leg boneと言うようにすべてにBoneがついています。

楽しく体を動かしながら歌ってみましょう。

ハロウィンパーティー用音楽!ハロウィンの雰囲気が出る歌、曲

最後に紹介するのはハロウィンのパーティーソング、ミュージックです。

授業中にバックグラウンドの曲として雰囲気を出すために、ハロウィンのパーティーをするときに掛ける曲です。

最初の2つは歌なしの曲のみです。

【ハロウィンパーティーソング/ミュージック】


リズムも良く、怖すぎない曲で1時間以上の長さがあります。

とてもハロウィンの雰囲気に合った曲でバックグラウンドで流すには最適です。


こちらも1つ目のビデオクリップと同じようにバックグラウンドとして流す曲です。

ビデオの長さが2時間を超える長いものになっています。

タイトルのHowling Werewolfというのがあるように、こちらは一つ目のビデオよりも怖い感じに仕上がっています。

お化け屋敷の中で流れ手入れもおかしくない感じです。

授業で流す音楽というよりもホラー映画の中で流れそうな曲です。

【英語のポップミュージックでハロウィンを演出】


直接ハロウィンとは関係があるわけではありませんが、ハロウィン用のポップソングプレイリストがあります。

ハロウィンの時期に流れていてもおかしくないような曲調の歌を集めてくれています。

Youtubeで検索してくみてください。

プレイリストをここに張り付ける事は出来ないようなので個人で検索をお願いします。

歌だけでなくビデオクリップを見ても楽しめるものがあるので子ども達と一緒に鑑賞してみるのもありだと思います。

Katy Perryのビデオクリップは子ども達に人気があります。

こういった活動から、子ども達が英語の曲を聴くようになったりします。

以前英語の歌を使った授業案も紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

参考英語教材
子ども達でも歌いやすい英語の歌(POPソング)3選と教材、活動例!【小学校英語】

最後に

今回は、小学校の英語の授業で利用できるハロウィンをテーマにした歌を紹介しました。

この時期は、教材から始まり、教室の飾り付けまですべてをハロウィン一色にしていくと子ども達の興味も高まり、活動の幅も広がっていきます。

英語の授業にとどまらず他の教科とも関連付けて活動していけると素晴らしいと思います。

それでは、今日も良い一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.