【Halloween】ハロウィンっていつ?何の日?起源は?何する日?仮装だけじゃない!小学生に英語の授業内で説明! - [小学校英語イベント授業案]Halloweenハロウィン

Welcome to Mr.Kame's English with fun

【Halloween】ハロウィンっていつ?何の日?起源は?何する日?仮装だけじゃない!小学生に英語の授業内で説明!

Mr.Kame

Mr.Kame

halloween pic2

最近は日本でもかなり浸透してきたハロウィンですが、当然英語の授業であるかうのであれば簡単にハロウィンはいつなのか、どうして始まったのか等の起源、いったい何をするのかなどを簡単に説明する必要があると思います。

歴史の専門家でない私たちはハロウィンについては仮装して楽しむ日のような認識になっていますがせっかくのチャンスです。

自分たちにはない異なる文化を学ぶチャンスですので簡単に説明する事をお勧めします。

私もハロウィンについて詳しいわけではありませんが、私の知っている限りの事を小学生でもわかるように書いてみたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

これまで紹介してきたハロウィン英単語とそれを指導するための教材、ゲームも参考にしてみてください。

参考英語教材
・【Halloween】ハロウィンに関係する英単語一覧表と小学校英語で使えるゲーム、教材、ワークシート!
・ハロウィン用の歌を小学校英語の授業で使って学習してみよう!【Halloween】

・【小学校英語】ハロウィンパーティーで少人数でもできるハロウィンゲーム10選!
・大人数のクラスでも楽しめるハロウィンパーティーゲーム10選!【小学校英語】
・子どもと一緒に教室をハロウィンパーティー用に飾り付け!無料教材、アイディア12選!【小学校英語】

ハロウィンっていつ?何の日?英語の授業で説明しよう!

まず、ハロウィンは毎年10月31日です。

毎年同じ日で他の日になることはありません。

では、どうして10月31日なのか簡単に説明します。

【ハロウィンが10月31日の理由】

詳しい起源は次の章で書きますが、古代ケルン人の信仰では冬の始まりである11月1日が新年だったようです。

つまりハロウィンは古代ケルン人の秋の最後の日の夜、大晦日(イブ)10月31日に当たることになります。

ハロウィンは大晦日のお祭りと言った感じです。

ハロウィンの起源。どうして仮装するの?小学生にも説明!

どうして10月31日にがハロウィンなのか紹介しましたが、その起源などをもう少し詳しく紹介していきます。

どうして子ども達が大晦日に当たる日に仮装をして歩くようになったのかなどを簡単に説明します。

【ハロウィンの起源】

古代ケルン人(ヨーロッパに昔住んでいた人)にとって11月1日が新年、10月31日が大晦日であったことは説明しました。

ケルン時はこの時期に死者の霊が家族を訪ねてくると信じていたようです。

つまり、日本のお盆のような感じですね。

しかし、死者の魂が家族を訪ねてくるのと同時に、悪い精霊や魔女なども一緒にやってくると信じられていたようです。

顔をくり抜いたカボチャ(ジャック・オー・ランタン)を家の前に置くのは、悪い精霊や魔女などが家に来ないように、霊を怖がらせて追い払うためです。

【ハロウィンで仮装をする理由】

ハロウィンで仮装をする理由は悪い霊や魔女から身を守るためです。

それぞれが怖いお化けや魔女の格好をすることで、悪い霊を怖がらせて来ないようにする。

又は同じような格好をすることで悪い精霊などに気づかれないようにする意味があるようです。

ハロウィンで人々は何をする習慣があるのか英語の授業で説明!

ハロウィンの歴史的背景を簡単に説明しました。

では、現在ヨーロッパからアメリカまでハロウィンを行っている国は沢山あります。

一体どんなことをしているのかここでは説明します。

【現在のハロウィンで人々がしていることは?】

1)Jack-o-lanternジャック・オー・ランタンを作って飾る

現在でも多くの家族がジャック・オー・ランタンを作ります。

農場に行ったり、マーケットに行って好みのカボチャを買ってきてそのカボチャに怖い顔をくり抜いて作ります。

大きなカボチャほどくり抜くのが難しくなるので、包丁などを使う時は気を付けないといけません。

小さな子がいる家庭では保護者が協力して作ります。

保護者が作ってしまうところも多いです。

もう子どもが大きくなってしまったり、子どもがいない家庭は最近ではおもちゃ屋さんから電気で光るジャック・オー・ランタンを買ってきて設置する人も増えてきました。

こちらは、何年も使え、さらに片付けが簡単です。

2)カボチャ料理を作る

ハロウィンはサンクスギビングデイやクリスマスの様に豪華な夕食を食べるような習慣はありません。

どちらかというと、カボチャやリンゴを使ったパイや、ケーキなどのスイーツを現在は作っている家庭が多いように思います。

ヨーロッパの方には伝統的なハロウィン料理というのがあるようです。

3)仮装をして近所の家を回る

夜になると、子ども達は仮装をして近所の家を回ります。

原則的に、玄関前にあるジャック・オー・ランタンに火が灯っていたら訪ねる事ができるという感じになっています。

ランタンがなかったり、ランタンに火が灯ってなかったらその家は訪ねないというのがルールです。

家のベルを鳴らしたり、ノックをしてその家の人が出てきたら、Trick or Treat(お菓子をくれないといたずらするぞ!)と言います。

そうするとその家の人がチョコレートや飴などをくれます。

子ども達は小さな袋を持っていて、そこに入れて次の家に行きます。

一晩でものすごい量のお菓子を集める子ども達がいます。

悲しい現実!最近のハロウィンはこんな感じ。消えつつある風習

地方や大きな町の郊外ではまだまだ子ども達が仮装をして家々を回る姿を見る事ができます。

しかし、時代の変化とともにハロウィンの在り方も変わってきています。

【現在のハロウィン:これが現実】

日本でもそうであるように、近所や地域の人々の関係が弱くなってきています。

そのため、保護者の中には自分の子どもを夜暗くなってから出さない人や、そもそもハロウィンで家を回ることを禁止する家庭も出てきています。

さらには、夜子ども達が寝てから集めてきたお菓子を一つずつ確認して空いているものなど怪しい?!物を捨てる親もかなりの数いるのが現実です。

どんな人が住んでいるかわからない、どんなものをもらうかもわからないという状況がこういった現象を起こしています。

ハロウィンでもらった飴に毒が入っていたら。。。ハロウィンで出かけた我が子が誰かにさらわれて帰ってこなかったらという心配からです。

残念ですが、これが現実です。

その対策として、子どもが小さい時は親が一緒に回ったり、年の大きな高校生くらいと一緒に回らせたりするのはもちろんですが、地域の学校にみんなが集まって、体育館内で飴を渡すといった事を行っている地域もあります。

(つまり近所を歩き回るのはやめて、体育館内だけでハロウィンを済ませてしまうということです。)

こういった流れはこれからもどんどん進んでいくことが予想されます。

大都市だけでなく中堅都市の郊外の住宅街などですら年々仮装をして家々を回る子が減ってきています。

もしかしたら、日本の様に若者が仮装をして大騒ぎするだけのお祭りになってしまうのかもしれません。

最後に、ハロウィンの絵本も使える

さて今日は、英語の授業でハロウィンを扱う場合に、ハロウィンの仮装をして楽しむという部分だけでなく少しだけ多文化の理解を深めるためのハロウィンの起源や歴史などを書いてみました。

日本にも素晴らしい文化があるように海外にもその土地に根付いた文化や風習があります。

それについても英語の授業を通して少しでも学習していけたら素晴らしいなあと思います。

小学生でしたら絵本などを利用する事も可能です。

アマゾンや楽天などから購入する事ができます。



【楽天市場:中古】ハロウィ-ンってなぁに?

今回学習したことをもとに、ハロウィンパーティーでクイズ大会でもしてみませんか?

参考英語教材
ハロウィン常識クイズ10問とその答え!小学校英語ハロウィンパーティーでクイズ大会!クイズミリオネア
それでは、楽しいハロウィンの日にしてください。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.