小学生から大人まで楽しめる英語ワードゲームBoggle(ボグル)の無料教材とやり方【英語学習単語ゲーム】 - [学校英語教育]子ども達が大興奮!英単語暗記指導法‼

Welcome to Mr.Kame's English with fun

小学生から大人まで楽しめる英語ワードゲームBoggle(ボグル)の無料教材とやり方【英語学習単語ゲーム】

Mr.Kame

Mr.Kame

let it be

ここ2回、小学校の英語の授業でできる英単語を使った英語活動を紹介してきました。

それらの活動で、これまで学習してきた英単語を復習したり、忘れていたものを思い出すことができたり、他の子から新しく英単語を学習する事ができます。

そちらの英語活動は以下のリンクを参照してください。

どれも子ども達が楽しみながら英語を学習できるものばかりです。

参考英語活動
野外英語活動Scavenger hunt(スカベンジャーハント)って何?やり方は?
授業での楽しく英単語学習!小学生が英単語を復習しながら学習できるアップルゲーム!
小学校英語で小学生が楽しみながらできる英単語を使った英語ゲームとそのやり方

今回紹介するのは、英単語のスペルを学習する事ができるゲームです。

以前英単語のスペルを学習できる英語活動としてハングマンを紹介しました。

今回紹介す英語活動の名前はボグルゲーム(Boggle game)という英語ゲームです。

英単語ゲームボグルとはどんなゲームなのか、そして無料でボグルをダウンロードできるサイトや、ネット上でできるオンラインゲームまで紹介していきます。

ハングマンについては以下のページで紹介していますので、参考にしてください。

参考英語活動
英単語の綴りを楽しく覚えるための英語ゲームハングマン!

英語ワードゲームBoggleボグルのルールとやり方

まずは英語ゲームボグル(Boggle)とはどのようなゲームなのか説明します。

非常に簡単です。

【英語単語ゲームボグル(Boggle)の説明、やり方】

まずは、下の画像をご覧ください。

英語単語ゲームボグル English game boggle

ボグルは制限時間内に与えられたアルファベットを使ってできるだけ多くの英単語を作るゲームです。

上の画像で言うと、Ringなどが作れます。

与えられたアルファベットをそれぞれの単語に対して一度だけ使えます。

上の例だとEが3つあるので、一つの単語に対してEは3回まで使えます。

Need、EitherなどEを複数回使った単語を作ることが可能です。

そして、作った英単語の文字数によって点数が加算されていき合計ポイントが高い人が勝ちになります。

ポイントの付け方はそれぞれですが、私は、2文字の英単語で1点、3文字の英単語で2点、4文字の英単語で3点と文字数が多くなると点数が増えていく採点方式で行っています。

特に小学生を対象とする場合は、なるべくたくさん点数を挙げれるようにします。

中学生などが対象の場合は、3文字で1点として、2文字の英単語ではポイントがもらえないようにします。

制限時間はクラスの子ども達の英語のレベルによって変えてみてください。

5分程度が最初は良いと思います。

この英語ゲームボグルは一人ずつ行ってもいいいですし、チームを作ってチーム内で協力して行う事ができます。

無料英語ワードゲームBoggleワークシー

まず、ボグルゲームのワークシートを無料でダウンロードできるページのリンクを紹介します。

すでに出来上がっているので、印刷するだけですぐに授業で行うことができます。

【英単語ゲームボグル無料ワークシート】

英語ゲームボグル無料ワークシートenglish game boggle worksheet1

最初のボルグは10種類の異なるボルグプリントが一度にダウンロードできるのでお勧めです。

ポイントは3文字で1ポイントになっていますが、そこはそれぞれのクラスの状況に合わせて変更してください。

引用サイト(外部リンク)
英単語ゲームボグルBoggle無料ワークシート1

この他にも無料ボルグワークシートが以下のリンクからダウンロードできます。

自分の気に入ったものをお使いください。

引用サイト(外部リンク)
英単語ゲームボグルBoggle無料ワークシート2
英単語ゲームボグルBoggle無料ワークシート3
英単語ゲームボグルBoggle無料ワークシート4
英単語ゲームボグルBoggle無料ワークシート5

無料英語ワードゲームボグル作成テンプレート

このボグルは子どもたち自身に作ってもらう事ができます。

自分でボグルを作って友達に挑戦してもらったり、友達の作ったボグルに挑戦する事も楽しい活動の一つになります。

以下のリンク先からダウンロードできるボグルワークシートテンプレートを印刷してもらい、枠内に自分でアルファベットを選んで書き込んだら完成です。

まず自分で挑戦してみてから、友達に挑戦してもらうと自分が思いつかなかった英単語を友達が見つけたりするので学習が深まります。

英語ゲームボグル無料ワークシートenglish game boggle worksheet blank1

上の画像のようなテンプレートを印刷して子ども達に配布し、作ってもらいましょう。一つだけ注意する点は必ずいくつか母音を入れる事です。

母音なしではほとんど英単語を作ることはできません。

引用サイト(外部リンク)
英単語ゲームボグル作成ワークシート1
英単語ゲームボグル作成ワークシート2

さらに、黒板や掲示板に教師が例として見せる用の教材もあります。

黒板に張り付けて子ども達に考えてもらったり、色々利用方法はあります。

英語ゲームボグル教室掲示用大サイズ english game boggle big

ファイルには上のようなアルファベットが入っていますのでそれを印刷して黒板に張り付けると大きいサイズのボグルが出来上がります。

引用サイト(外部リンク)
教室掲示用大サイズ英語ゲームボグル教材

無料オンライン英語ワードゲームボグル

ネット上でもボグルを行うことができます。

教室にスマートボードがある場合や、コンピューターをプロジェクターなどで教室に映し出すことができる場合は授業でも利用できます。

もしくは、子ども達が家にかえってそれぞれがゲーム感覚で挑戦することができます。

オンライン英語ゲームボグルenglish game boggle online1
(引用:British Council

英語学習の教材やレッスンプランなどを紹介してくれているBritish Councilさんが素晴らしいオンラインボグルをシェアしてくださっています。

名前はボグルではなくWordshake(ワードシェイク)というものです。

リンク先のページの上のような画面をクリックするとゲームが自動的にスタートします。

制限時間は3分。表示されているアルファベットをクリックすると右下にそのアルファベットが表示されていくので英単語を打ち込み、最後にEnterをクリックします。

正しい単語を打ち込むと枠の中にその英単語とポイントが表示されます。

英単語のスペルを間違えたときはCancelを押すとやり直すことができます。

オンラインの良いところは、単語が正解かどうか、さらにはポイントを自動的に計算して表示してくれるところです。

クラスの人数が大人数の場合はチーム戦にしたりしましょう。

チームの人数が5人程度になるとかなりの数の英単語を見つけ出すグループが出てきます。

ワードシェイクのリンク先を最後に掲載します。

引用サイト(外部リンク)
英単語学習ゲームボグルオンラインゲームワードシェイク

最後に

ここまでに紹介してきた無料教材を利用すれば問題なく英語の授業ができます。

しかし、プリントを利用するのが嫌な場合、クラスの人数が少ない場合は市販の本物のBoggleボグルゲームを購入して行うこともできます。

教室に一つ置いておくことで子ども達が自分達で休み時間に遊んだり、英語に親しんでもらうチャンスを増やすことができます。


今日は英語ワードゲームボグルのやり方や無料教材のダウンロード先等を紹介しました。


このゲームは頭を使わないといけないもので、大人が行っても楽しむことが可能です。

楽しみながら英語を学習できる環境を少しずつ作っていきたいものです。

それでは、今日も良い一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.