Welcome to Mr.Kame's English with fun

英語での日付の書き方、読み方と表記の仕方。それに必要な序数字と西暦の英語での読み方一覧!

Mr.Kame

Mr.Kame

wall and numbers

海外旅行に行って入国審査などで用紙に英語で日付を書かないといけない時ありますよね。

どのような順番で、どんな表記の仕方で書いていいのか迷った事はありませんか。

05/02/2020とすでに書かれている日付を見て5月の2日なのか2月の5日なのか迷った事はありませんか。

今日は英語でどのように日付や曜日を書くのか、言うのか表記の方法を説明しようと思います。

学校で英語の授業をする際、毎回子ども達に英語で聞いて、黒板に書いていくと子ども達もすぐに書き方を理解します。

しかし、問題が1つだけあります。

アメリカ英語と、イギリス英語で表記の仕方が異なることです。

今日は基本的な日付の表記の仕方、読み方、西暦など年の読み方から最後はアメリカ英語とイギリス英語の表記の違いまで説明していきたいと思います。

子ども達に日付の言い方、書き方を教える前に一読すると教えるときに困らないかと思います。

さらに、子ど達に日付の書き方、言い方を教える前には以前学習した、曜日や月の名前を復習しておくことをお勧めします。

曜日、月の名前の英語教材は以下のリンクから確認いただけます。

参考英語活動
英語の曜日や月の名前学習用教材集

日付を英語で書く時に必要な序数字の書き方読み方

これまで英語で数字100まで言える様に英語教材を紹介してきました。

しかし、日付を英語で言う時、書く時はそれらの数字は使えません!

Ordinal Number(序数字)というものを使います

序数字って何って思われた方、序数字とは〇〇番目という順番を表す数字の事です。

例えばゲームをする時誰が最初か決めますよね。

俺が一番目、私が2番目という風に言うと思います。

この1番目、2番目という表現です。

又は、かけっこなどをした時誰が勝ったか決める時、1位、2位などと順番を決めますよね。

この時に俺が一番!という順番を表す数字の事を序数字といいます。

この序数字ですがいくつかの例外を除けば規則性があるので覚えるのは簡単です。

それでは、まずは以下に英語の序数字をお見せします。

読み方は書かれているように読みます。

基本的にはthをつけるのですが、いくつか注意したい数字がありますので、そちらは赤字で書いています。

■英語序数字の書き方一覧■

First
Second
Third

Fourth
Fifth
Sixth
Seventh
Eighth
Ninth

Tenth
Eleventh
Twelfth
Thirteenth
Fourteenth
Fifteenth
Sixteenth
Seventeenth
Eighteenth
Nineteenth
Twentieth
Twenty-first
Twenty-second
Twenty-third

......
Thirtieth
Thirty-first

改行後の本文はこちら(ここは削除してください。)

最初の1番から3番までがまず不規則です。

これは覚えるしかありません。

そして、5番目がFivethではなくてFifthです。

8番目はEightとthのTがダブっているので一つにしてEighthです。

9番目はNineのEを落としてthを付け、Ninthです。

12番目もTwelveのVをfにしてthを付け、Twelfthになります。

15番目は5番目と同じくFiveではなくFifを使いFifteenthです。これは普通の15と同じですね。

20番目もTwentythではなくTwentiethになります。

21番目からは見ての通り一の位だけ序数字を使用しTwenty-first, Twenty-secondとなっていきます。

日付けを各場合はThirty-firstで終わりですが、何番目という場合はこの方式でForty-first,,,,Fifty-fifthなどと同じ要領で数えていきます。

この英語表記が基本的に序数字の読み方になります。

書類などに日付を書くときはこのようには書きません。

基本的に略式で書きます。

しかし序数字を読むときは上の様に読みます。

書類などに書く日付用の序数字の略式は以下の様になります。

こちらも基本的には数字にthを付けますが1番目から3番目が異なるので注意が必要です。

■英語序数字の略式表記■

1st
2nd
3rd
4th
5th
6th
7th
8th
9th
10th
11th
12th
13th
14th
15th
16th
.....
20th
21st
22nd
23rd
....
30th
31st

略式表記は簡単ですね。

基本はthを付けます。

こう書かれているのを読むときは先に紹介したように読みます。

21stはトゥエンティーファーストゥと読むという事です。

この数字を英語で日付を書くときに使用します。


英語での西暦の書き方、読み方表記の仕方

日付を書類に書く時は西暦を使います。

書く時は1999であったり、2020と数字を利用するので問題はありません。

しかし、それを読むときには少し注意が必要です。

ここでは、西暦の英語の読み方を説明します。

【西暦の読み方の基本】

基本として覚えておいてほしいのは西暦を英語で読むときは2桁ずつ読むという事です。

どういうことかというと、2020ならば20/20と2桁ずつ読みます。

つまり、Twenty-twenty
と読みます。

基本はこれです。1997ならNineteen-ninetyです。

まずはこの2桁ずつ読むのが基本ですので忘れないでください。

【西暦の英語の読み方例外】

1)1800など最後の2桁が0の場合

この場合はEighteen hundredと読みます。

18個100があるという意味ですね。

同じように1400ならFourteen-hundredです。

2)1908など十の位が0の場合

この場合、0をオウ(アルファベットのOの発音に似てますね)と読みます。

つまり、Nineteen-oh-eightと読みます。

3)2000の場合

千が2つTwo-thousandです。

これは普通の算数の時と同じです。

4)2007など百と十の位が0の場合

この場合は2千と7と読みます。

つまりTwo-thousand and sevenと読みます。

Andをつけることが多いと思いますが省略する事も可能です。

5)2010から2019の様に最後の2桁が10以上20以下の場合

この場合はTwo-thousand and tenとTwenty-tenの両方が可能です。

ここまでが西暦の英語での読み方の基本になります。

書く時は数字を使えばいいので心配はありませんね。

【1980’sなどのSについて】

時々西暦の後ろにsが付いているのを見かけますね。

このsの意味は1980年代という10年の幅がある期間を示します。

音楽の話などをしている時に、80sはすごくよかったなんていう風に使いますよね。

つまり、80年代の音楽は良かったってことになるんです。

アメリカ(米国)英語の日付の書き方表記の仕方

アメリカ英語での日付の書き方をここでは説明します。

最初に例で出した05/02/2020で説明します。

アメリカ英語ではMonth/Day/Year(月/日/年)の順番に書きます。

つまり2020年5月2日という事になります。

少し丁寧に書くとMay 2nd, 2020という事になります。

カタカナで読み方を書くとメイ セカンドゥ トゥエンティー トゥエンティーとなります。

アルファベット数字で記入する場合はDayとYearの間にカンマを打ちます。

さらに曜日を付ける場合は一番最初に書きます。

つまりMonday, May 2nd, 2020となります。

曜日を書く時に省略形を利用しMoやMonと書く時もあります。

イギリス(英国)英語の日付の書き方、読み方表記の仕方

イギリス英語での日付の書き方はアメリカ英語と日と月が逆転します。

つまりDay/Month/Year(日/月/年)になります。

これは日本の真逆になるので覚えやすいとおもいます。

同じように05/02/2020を例にとるならイギリス英語ではこれは2020年2月5日になります。

アルファベットを使って記述する場合はThe 5th of February, 2020となります。

5th February 2020となりカンマは打たないです。

イギリス英語でも曜日を付ける場合は一番最初に来ます。

最後に、英語での日付の書き方に困ったら

今回は英語で日付を書けるように、読めるようになるための少し説明をしました。

日本ではアメリカ英語を学校では教えているので月/日/年と書くことが多いかもしれませんが、世界を見るとイギリス式の方が多いです。

イギリスが植民地として支配していた国の数を考えればすぐにわかると思います。

海外で用紙に日付を書かないといけないとき、困ったらDayの部分にthなどを付けたりすると誤解がなくなるかと思います。

親切な用紙にはdd/mm/yyと書いてくれている場合があります。

この場合は最初がDay、次がMonthそして最後がYearです。

少し長くなってしまいましたが、皆さんの英語学習の参考になったらうれしいです。

それでは今日も良い一日を。


関連記事


Comments 0

There are no comments yet.