Welcome to Mr.Kame's English with fun

14?40?英語の数字Teenとtyの発音/読み方の違いはここ!【英語発音講座】

Mr.Kame

Mr.Kame

numbers on the mail box

英しく聞き取ることが難しいと感じたことはありませんか。

13と言っているのか、30と言っているのかうまく聞き取れないことありませんか。

3がうまく通じなかったことありませんか。

もしも、いま理解できない人がいても安心してください。

ネイティブでのこれらに発音は難しいです。

電話などでは確認の意味も含めて聞き返す事はよくあります。

今日は数字の読み方、発音の仕方を少し解説したいと思います。

英語の授業をするからには、少しでも良い発音で子ども達に教えたいですよね。

今日この記事を読んでいただけたら、数字についての発音の仕方、読み方がぐっと理解できると思います。


14?40?英語の数字TeenとTyの発音/読み方の違いはここに注意!

最初に一番の問題部分から説明していきます。

日本人にとって13(Thirteen),14(Fourteen)などのTeenと30(Thirty).40(Forty)のtyの聞き取りは非常に難しいですよね。

まずは、英語表記で並べて比べてみましょう。

13(Thirteen)-30(Thirty

14(Fourteen)-40(Forty

15(Fifteen)-50(Fifty

16(Sixteen)-60(Sixty

17(Seventeen)-70(Seventy

18(Eighteen)-80(Eighty

19(Nineteen)-90(Ninety

見た目の違いは明らかですよね。

TeenとTyです。

発音をカタカナで書くならティーン(Teen)とティイ(Ty)です。

そんなことはわかっているという方すみません。

この異なる部分の発音が違うのは明らかですよね。

でも実はもっと大きな違いがあるんです。

それを理解するだけでかなり変わります。

それがアクセントの位置です。

すべての英単語にはアクセントがあります。

アクセントというのはその単語の中で強く発音される部分です。

そのアクセントの位置が異なるんです。

では13など十の位の数は、Teenにアクセントが来ます。

つまり、後半部分が強く発音されます。

大文字と小文字を利用してアクセントを表現するならthirTEEnとなります。

30などの10の倍数はアクセントが前半部分に来ます。

同じく大文字小文字を使ってアクセントを表現するとTHIrtyとなります。

アクセントの位置の違いが分かってもどうやってアクセントをつけるのかわからない方がいますよね。

そのような人は次の2つの事を注意してみてください。

アクセントの場所を発音する時に

1)少し高い音で発音する

2)母音の音を少し伸ばし長めに発音するです。


アクセントの内部部はこの逆で少し低めの音で短めに発音すればOKです。

この2つを意識すると聞き取りやすい非常にわかりやすい発音になります。

このテクニックはすべての英単語に共通します。

文章の時はその文章の中で強く発音する単語とそうでない単語が出てくるので単語一つ一つのアクセントをそこまで気を付けなくなりますが、このアクセントは非常に大切です。

もう一度先ほどの数字をアクセントをいしきして表記すると次のようになります。

13(ThirTEEn)-30(THIrty

14(FourTEEn)-40(FOrty

15(FifTEEn)-50(FIfty

16(SixTEEn)-60(SIxty

17(SevenTEEn)-70(SEventy

18(EighTEEn)-80(EIghty

19(NineTEEn)-90(NInety

さらにもう一つ大切な情報を教えます。

特にアメリカ英語に顕著なのですが、アクセントの後の音はそこまで大切でなので音が変わることがあります。

Thirtyを例に説明してみます。

前半部分がアクセントが付いて強く読まれます。

つまり後半のTyの部分はそこまで大切ではありません。

なので弱く読まれるのですが、発音がTyではなくdyに近づいてきます

つまりTHirdyと聞こえる場合があります。

みなさんがこう発音する必要はありませんが、こんな風に発音してくる人もいることを知っているとネイティブの英語を聞いている時により理解できるのではないでしょうか。

30(THIrty)=THirdy

40(FOrty)=FOrdy

50(FIfty)=FIfdy

60(SIxty)=SIxdy

70(SEventy)=SEvendy

80(EIghty)=EIghdy

90(NInety)=NInedy

こんな感じになります。

この他日本人が発音する場合Teenの最後のNの音を意識的にしっかり発音すると通じやすくなります。

日本人はNの発音があまり上手ではないようです。


実は3種類もある英語20の発音/読み方!

次にお話したいのは20の発音についてです。

20を英語表記するとTwentyとなります。

アクセントは前半部分にくるのでTWEnty(トゥエンティー)と発音する事になります。

これで完璧です。

誰もが皆さんの英語を理解してくれます。

しかし、同じ20という単語でも別の発音をする人がいます。

これはそういう人がいるという事を知っていれば理解できるますが、知らないと、何??となることがあります。

代表的なのが先ほども説明したTの発音がDの発音になることです。

TWEndy(トゥエンディ)と発音する人がいます。

さらにネイティブの人たちはこのDの音を省略してしまう人もいます。

つまりTwenyと発音する人です。カタカナで書くとトゥエニーとなります。

こうなると21、22などの数字すべてがこの発音になります。

21=Tweny-one(トゥエニーワン)となります。

一つの英単語をとってもこれだけ異なる発音があるという事を意識しながら英語を聞いてみるとより理解できるのではないでしょうか。

英語の苦手な方用!英語の数字10までの読み方をカタカナで表記!

この章では、10までの数字の読み方をカタカナ表記して注意事項を書いていきます。

英語の授業で発音する際に少しだけ注意してみてください。

One=ワン 特に日本人は問題なく発音できます。最初のwの音を出すときに口を小さくすることとnの音をmと間違えないようにする事が大切です。

Two=トゥー こちらもtの発音の後にしっかり口を小さくしてウの音を出せば理解してくれます。

Three=スリー THの発音が日本語にはないので難しい数字の一つです。下を歯の間に軽く入れてその間から空気を出す時にでるこすれるような音。言葉ではうまく説明できません。ごめんなさい。

Four=フォー Fは上の歯で下唇を軽く噛んでその隙間から空気を出す時の音。Rも日本人には難しいですが、rが最後の音なので気にしなくてOKです。

Five=ファイヴ FはFourのFと同じです。VはFと同じ口の形で息を出す時に唇が揺れて音が出るようにします。Fが無声音なのに対して、同じように音を出しますが有声音です。

Six=シックス これは問題ないです。

Seven=セブン Vの音だけ唇を噛むようにすればOK

Eight=エイトゥ これも問題ないです。

Nine=ナイン 最後のNの音だけしっかり出せば通じます。

Ten=テン 最後はNですMでは無いことに気をつけましょう。

英語の発音で一番大事なことはこれ!

最近では色々な国の人が英語を話すようになり、色々なアクセントの英語を耳にするようになりました。

それらの英語を理解するには自分がそのアクセントに慣れておく必要があります。

英語を母国語とする人ですら沢山異なるアクセントがあるので、そこまでアクセントについて気にする必要はないと思いますが、一番大切なことは相手が自分の言っていることを理解してくれることです。

ネイティブの様にベラベラ話せなくてもいいんです。

ゆっくりでも聞き取りやすい、理解しやすい、はっきりとした発音が一番大切です。

残念ながら英語の発音に関しては自分で発音方法を学習して何度も練習するしかありません。

市販で販売している教材などで一度発音について基礎から学習すると少しは自信が持てると思います。


DVD&CDで英語の発音が正しくなる本

さらに子どもの場合は、Youtubeのビデオでもよいのでネイティブの発音に触れさせることです。

本物の発音を聞いていることで英語の発音を理解し発音の仕方を習わなくても発音できるようになります。

こちらも市販の教材などを利用している方も多いようです。


幼児英語 My Best English DVD 3巻セット【特典付】

それぞれの成長過程に合わせた英語学習がありますので、しっかりと教材を選んで学習していきたいものです。


関連記事


Comments 0

There are no comments yet.