Welcome to Mr.Kame's English with fun

世界のナベアツ3の倍数と3の付く数字でアホになる!ギャグを応用して100までの数字を英語で言えるようになるゲームに挑戦!

Mr.Kame

Mr.Kame

lights numbers

本日は、数字を英語で100まで数えるようになるための練習としてクラスで楽しくできるゲームを1つ紹介します。

これまで、ビデオやパワーポイント等を使ってある程度数字を覚えてきた子ども達と一緒にできる活動です。

もしくは、復習もかねてクラスで楽しみながら英語の数字を練習したい場合に最適です。

年齢も関係ありません。高校生でも可能です。

ある程度子ども達が数字がスラスラと言えたほうが盛り上がるので、少し不安な方は以下のページで紹介したビデオ教材等でもう一度練習する事をお勧めします。

参考英語教材
英語100までの数字教材、活動例集
さて、少し古いですが、以前芸人さんに世界のナベアツさんという方がいたのをご存じでしょうか。

彼が爆発的に人気が出たときに行っていたギャグがあったのですが覚えていますか。

それが「3の倍数と3のつく数字の時にアホになる!」というものだったんです。

今回はそれを応用し、英語の授業でゲームとして活用します。

世界のナベアツ3の倍数でアホになるゲームで英語の数字をマスター!

今回紹介する英語の活動/ゲームは〇〇の倍数の時は手をたたくです!

オリジナルのギャグはアホになるのですが、今のこの時代こういったことをするとイジメの原因になったりするので、アホになることはお勧めしません。

私は、シンプルに手をたたくようにしています。

手をたたくことの他に何かアクションを入れることも考えられます。

その辺りは、それぞれのアレンジにお任せします。

さらに、色々な倍数で行うことができます。

3と4がやはり難しいのでお勧めです。

2だと交互になってしまいます。5だと手をたたく数字が簡単にわかるので盛り上がりに欠けます。

当然7や9でも可能ですが、手をたたく回数が多いほうが間違える可能性が増えて盛り上がるので、3か4.私は基本的に3で行っています。

次の章でもう少し詳しくやり方を説明します。

3の倍数で手を叩くゲームのルール!

英語ゲーム〇〇の倍数の時は手をたたくのルール説明をします。

子ども達が1から順番に数字を英語で言っていきます。

一人1つの数字を言い、次の人が次の数字を言っていきます。

そして、自分の言うべき数字が3の倍数の時は言わずに手をたたきます。

つまり、流れはこんな感じです。

A「One」

B「Two」

C「Clap!!

D「Four」

E「Five」

F「Clap!

G「Seven」


間違えたらそれでOUT!!終了!、ゲームから抜けていきます。

間違えた人が出たら、もう一度1から数えるようにしています。

当然間違えた数字の続きから行うことも可能です。

最後の一人になるまで繰り返します。

私はアウトになる条件を以下のように決めています。

■ゲームからアウトになる条件■
・数字を間違えた場合
 これは完全にアウトです。

・3の倍数の数字を言ってしまった場合
 私は数字を言いきらなくても少しでも言ってしまったらアウトにしています。

・3の倍数でないのに手をたたいてしまった場合
 私は、手をたたいてしまったらアウトにしています。少し手が動いたくらいならセーフ。

・リズムを大きく乱した場合
 次の数字がわからなかったり、手をたたくべきか考えてしまい数秒空白が出来たらそこでアウトです。

さらに、最後3人の時は手をたたく人が同じになってしまうので一人助っ人を入れて4人で行うと平等になります。

基本的なルールはこのくらいです。4の倍数でも同じです。

3の付く数字でもアホになる!

第二章で紹介した3の倍数で手をたたく英語の数字学習ゲームだけでも十分楽しめるのですが、学年が上がってくると意外と簡単になってきます。

そこで、本家の逆バージョンに戻ります。

本家世界のナベアツさんのギャグは「3の倍数と3のつく数字でアホになる!」です。

つまり、3のつく数字でも手を叩くバージョンをやります。

まず3の倍数は2章で紹介したのと同じ。

つまり、3,6,9,12で手を叩きます。

それプラスで3が付く数字でも手を叩くことになります。

3が付く数字とは以下のような数字です。

・1・20・1・2・334・・・」

つまり、数字を書いた時に3がある数字です。

これを2章のシンプルなバージョンが簡単にできるようになったら挑戦してみるとさらに盛り上がります。

手を叩く数字がふえるのでかなり難しくなります。

大抵50以下で誰かが間違えます。

教師は間違えをきちんと把握しないといけないので事前に少し練習しておくことをお勧めします。

最後に

この活動は、授業で数字を学習している時はもちろんできますが、学期はじめなどクラスの緊張をほぐしたいときなどにも行うことができます。

学級の時間に英語の活動をしたいなという時にも使えます。

当然日本語で行ったりもできます。

今回の英語ゲームのような活動で英語の授業自体を楽しく行えるようになれば最高ですよね。

皆さんのお勧めの英語活動、ゲームをコメント欄より教えていただけたら嬉しいです。

それでは、今日も良い一日を。


関連記事


Comments 0

There are no comments yet.