Welcome to Mr.Kame's English with fun

英語のアルファベット発音、読み方を発音記号が読めない方用にカタカナで表記しました。

Mr.Kame

Mr.Kame

forest in autumn1

学習指導要領の改正で突然英語を指導することになった教師の方のほとんどが英語を教えた経験はないと思います。

そして、英語を苦手とする方も多いのではないでしょうか。

特に英語を発音しないといけない場合はハードルが上がりますよね。

今日は、そんな教師の方のために、英語のアルファベットの発音をできるだけわかりやすくカタカナで表記しようと思います。

一番良いのは、発音記号を読めるようになることですが、そこまでは多くの時間がかかり大変です。

今の時代、このサイトで紹介しているようにビデオ教材など英語の発音を聞くことができる教材が多くありますのでそれらを使う事で教師の発音はそこまで重要でなくなります。

しかし、英語活動をしていくとどうしても教師が英語を発音しないといけない場合が出てきます。

そんな時のためにここでは発音について少しだけ説明します。

日本人のカタカナ発音はダメなのか?

英語を正しい発音で発音する必要はあるかについて私の考えを書きます。

答えは、伝わればいい!です。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどたくさんの国で英語が話されています。

そんな英語を母国語とする人たちの発音もかなり違います。

その他にもインド、パキスタン、フィリピン、いくつかのアフリカの国など英語を公用語の一つとして使用している国はさらに異なる発音や、アクセントがあります。

すべてが英語なんです。

日本人がカタカナ読みした英語も1つの英語だと私は考えています。

ただ、最低限伝わるために知っておく必要があることがあり、それに気を付けていればいいと思います。

日本人ができない英語の発音がある

英語の発音にあって、日本語の発音に無いもの。

日本人が苦手にしている音というのがあります。

最も有名なのが「R」「L」です。これはかなり多くの方が聞いたことがあるのではないでしょうか。

詳しい発音の仕方については省略します。

この他にも「F」「N」「V」「TH」などは日本語には明確な音としてないか、意識して使い分けていない音です。

つまり、英語の発音について全く学習しなかった日本人が英語をカタカナ読みすると上記の音を別の音で発音してしまうことになります。

この音が多いと一生懸命発音しても伝わらないことがあります。

この他にも「H」「Y」やいくつかの母音を苦手にしています。

これを知っているか、知らないかだけでも大きな違いがあります。

小学生に英語を教えるときにはこれらの詳細は伝える必要はありません。

ビデオなどを聞いているだけで小学校の低学年の子の中にはこれらの音を区別して認識し始める子がいます。

しかし、大人は残念ながら聞いているだけでは新しい音を学習することはほぼ不可能です。

つまり、私たちはどの口の形で、舌をどうして、どんな風に息を出すとその音が出るかを学習する必要があります。

ここまで小学校の教師に求める事はないので、今回はアルファベットの発音をできるだけわかりやすくカタカナで表記し、少しだけ解説します。

英語アルファベットの発音一覧カタカナ版

カタカナだけでは表記は実際のところ不可能なのですが発音記号を知らない教師の皆さんのためにカタカナとローマ字表記をしていきます。

注意が必要なことを説明文にて記載しています。

「A」(ei/エイ)

エーと単純に伸ばすのではなく、口を横に開いてイの発音もしましょう。

「B」(Bii/ビイ)

こちらは同じIの音が続いているのでビーと伸ばしても通じると思いますがイの音を少し伸ばすとわかりやすくなります。

「C」(Sii/シイ)

これはカタカナで書かないほうが良い文字です。

なぜならカタカナでシーと記入するとShiiと発音することになるからです。

SとShの音の違いを明確に区別する必要があります。

Shは静かにしてほしい時シーって言いますよね。

あの音です。Sは英語圏ではヘビの音です。

「D」(Dii/ディイ)

最後のイの音だけ他のアルファベットと同じように気を付ければ問題ありません。

そして、デーではありません。

「E」(Ii/イイ)

これまでのイの音を2つつなげる感じです。

口を横に意識して広げましょう。

「F」(Ef/エフ)

この音は日本語にはありません。

エは日本語のエで大丈夫です。

フの部分は、上の前歯で下唇を軽く噛んで息をその間から出す感じに音を出します。

「G」(Jii/ジイ)

これはローマ字表記することができませんでした。

Giiと書きたかったのですがこれだとローマ字読みだとギイとなってしまうからです。

しかしZiでもないんです。

JapanというときのJの音です。

「H」(Eich/エイチ)

カタカナで書いたようにエイチと読みます。

「I」(Ai/アイ)

これもカナカナのアイでOKです。

「J」(Zyei/ジェイ)

カタカナ読みのジェイでOK。

ジェの音を出すときに口びりを少し丸めるとはっきりすると思います。

「K」(Kei/ケイ)

カタカナ読みのケイで通じます。

「L」(El/エル)

るの音がLの発音が日本人に難しい音です。

舌を補足して先を上の前歯の根元に着けてルと発音してみましょう。

「M」(Em/エム)

mの音は口を閉じてウという感じです。

つまりエの後に口を閉じてムといいます。

口は閉じたままです。

「N」(En/エヌ)

nは口を閉じず舌を上の前歯の根元にくっつけます。

EnuではなくEnであることに注意が必要です。

「O」(Ou/オウ)

カタカナでオウと発音すれば通じます。

オーと伸ばすよりもウをきちんと発音したほうが良いです。

「P」(Pii/ピイ)

他の文字と同じようにイの音に注意したらOKです。

「Q」(Kyuu/キュウ)

これもカタカナでキュウと読めば通じます。

最初のUの音の時に少し唇をつぼめればさらい良いです。

「R」(Ar/アーr)

カタカナでアールと書いてしまうと違うのであえて最後はrにしました。

Rの発音はここで書くのは難しいので省略させてください。

よくたとえとして言うのはカモの鳴き声のように発音する事です。

「S」(Es/エス)

カタカナでエスといえばOKです。

「T」(Tii/ティイ)

これもカタカナでティイでOKです。

しかしテーでないことに注意してください。

「U」(Yuu/ユウ)

カタカナでユウで通じます。

「V」(Vii/ヴィー)

ここではローマ字にはないVを使用しました。

なぜならBではないからです。

Vの発音ですが口の形、舌の位置はFと同じです。

ただFが無声音なのに対しVは有声音です。

つまり下唇が震えて音がでます。

「W」(Daburyuu/ダブリュウ)

これもカタカナで書くのが難しいですね。

だたWが英単語の中に入るとダブリュウとは発音しないのでそこまで気にすることはありません。

「X」(Ekkus/エックス)

これもカタカナでエックスと読めば通じます。

「Y」(Wai/ワイ)

これもカタカナで通じつと思います。

ワの時に口を少しつぼめると良いと思います。

「Z」(Zii/Zet/ジー/ゼット)

イギリスではゼット、アメリカではジーと発音します。

アルファベット26文字の発音を発音記号が読めない方のために簡単に説明しました。

参考になればうれしいです。

最後に

本日はアルファベットの発音の仕方を少しだけカタカナを使って説明しました。

正直そこまで気にすることはないとは思いますが、年齢が大きくなってからではどうしても聞いただけでは違いがわかならなかったりしますので説明しましたので参考にしてもらえたらうれしいです。

それでは、今日も良い一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.