無料ビンゴカード作成サイトを利用して自分だけのカードを作成しよう!【小学校英語教材】 - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]adjectives 形容詞

Welcome to Mr.Kame's English with fun

無料ビンゴカード作成サイトを利用して自分だけのカードを作成しよう!【小学校英語教材】

Mr.Kame

Mr.Kame

beach1

今回も引き続きOpposite(反対)の意味を持つ形容詞を中心に学習するための英語活動を紹介していきます。

英語の授業で楽しく反対の意味を持つ英単語を学習できるアクティビティを3つ紹介します。

これまでも4回にわたり英語教材、英語活動を紹介してきていますので、そちらをまずご覧ください。

参考英語教材
I say Big, You say ??英語の対義語(Opposite words)をマスター!【小学校英語ビデオ教材】
きれいな蝶々を完成させて基本的な形容詞を学習しよう!【小学校英語】
イラストを見て反対の意味を持つ形容詞を言えるようにしよう!【小学校英語学習プリント】
スゴロク、ドミノ、パズル!様々な英語活動を通して基本的な形容詞をマスターしよう!【小学校英語活動】

ビンゴカード無料作成サイトを使ってオリジナルビンゴカードを作成!

本日最初に紹介するのは、Oppositeビンゴゲームです。

以前に1度だけ紹介していますが、ネット上で適したビンゴカードが見つからない場合や自分が教えた単語のみが掲載されたビンゴカードを自分で作成したい場合は以下に紹介するサイトが非常に便利です。

ビンゴカード30枚までなら無料で作成できます。

今回はこのページの使い方、作成方法を紹介します。

【ビンゴカード無料作成サイト使用方法】

1.まず以下に掲載したリンクをクリックする。

リンクからアクセスすると以下の作成ページに移るようになっています。

bingo cards maker

2.ビンゴのタイトルを決める

ビンゴのタイトルをChoose a titleにタイプします。今回はOpposite Wordsなどとするとよいと思います。

3.ビンゴに登場する単語を打ち込む

Enter words or numbersにビンゴで使用したい単語を打ち込んでいきます。

単語ごとに改行してください。

単語を打ち込むごとに右側のカードが自動的に編集されてカードのサンプルを見ることができるようになっています。

通常のビンゴが70以上の数字からできているのでそれ以下の場合はビンゴになりやすい、それ以上だとなかなかビンゴになりません。

1時間で行う場合は50単語前後がよいと思います。

4.カードのデザインを変更する

画像のサンプルカードはアメリカの国旗のようになっていますが、Themeからカードのデザインを変更できます。

クリックするたびにサンプル画像が変更されるのでそれを参考にしながらお気に入りのカードデザインを選んでください。

5.ビンゴの列の数を決める

単元によって、時間によって5×5のビンゴができない場合があります。

その場合は、Grid sizeより3×3、4×4、5×5の中からサイズを決めることができます。

6.カードのサイズを決める

最後の項目Bingo cards per pageはカードのサイズを決めます。

私は2つのカードが1ページにあるものにして印刷後に切るようにしています。

大きなサイズは見本として使用できますが、配布用はミディアムサイズもしくはスモールサイズがお勧めです。

7.Next stepをクリック

これで基本的な設定と準備は終わりました。

Next stepをクリックすると完成したカードが表示されます。

さらに30Cards freeというのが見えると思いますのでそれをクリックしてください。

PrintをクリックするとPDFファイルをプリントというのがあらわれるのでそれをクリックしてください。

これでカードの準備は終了です。

【ビンゴゲーム授業の流れ】

ビンゴゲームのルールについては省略します。

今回のテーマはOpposite Wordsということなので、子ども達にカードを引いてもらい書かれている単語を読んでもらいます。

本来ならその単語を見つけて印をつけるのですが、今回は出た単語の反対の意味を持つ単語を見つけて印をつけてもらうようにします。

単語を聞いて、見つけるだけでは簡単すぎますよね。これで、ゲームで遊びながら学習できます。

最初にビンゴになった数人の子ども達に賞品を上げるとさらに盛り上がります。

今回紹介したビンゴカード無料作成サイトは以下のリンクよりアクセスが可能です。

引用サイト(外部リンク)
ビンゴカード無料作成サイト

フラシュカードを利用してShout it outで対義語をマスター

次に紹介するのはShout it outです。

こちらの英語活動も以前に紹介しています。

詳しい説明は以下のページをご覧ください。

参考英語教材
素早く答えた者が勝ち‼”Shout it out!”英語の数字を楽しみながら学べるゲーム!

【Shout outバリエーション】

Opposite Wordsを学習するにあったってShout it outもいくつかのバリエーションが考えられます。

1.フラシュカードを利用したShout It Out

以前紹介したようにフラシュカードを利用してShout it outをすることができます。

フラシュカードを見せて答えを素早くいった方の勝ちなのですが、今回はOpposite Wordsなので見せたフラシュカードの反対の意味の言葉を言ってもらうようにします。

フラシュカードは英単語の場合とイラストの場合が考えられます。

2.聞いて答えるShout It Out

2つ目のバリエーションとしては、教師などが1つ形容詞を言いそれを聞いた子ども達がその反対の意味の形容詞をこたえるものです。

これは、フラシュカードを準備する必要がないので準備なしでできます。

さらに、子ども達は集中して聞かないといけないのでクラスの中が静かになる時間が生まれます。

同時に答えたり、判定が難しかった場合はもう一度行ったり、じゃんけんで勝負をつけましょう。

以前のページでも書いていますが、個人戦やチーム戦などやり方も色々あるので参考にしてみてください。

Opposite Wordsチャンピオン決定戦を開催しよう!

本日最後に紹介するのはOpposite Wordsチャンピオン決定戦です。

大げさな名前を付けましたが文字通りクラスで一番Opposite Words(反対の意味を持つ単語)を知っている人を決定します。

人数が少ない場合はトーナメントをお勧めします。

人数が多い場合は時間がかかってしまう可能性があるのでその辺りはグループにして同時進行などにすることで問題を解消できます。

今回はトーナメント形式で行うことにします。

【Opposite Wordsチャンピオン決定戦概要】

ルールはシンプルです。

お互いに形容詞を一つ言い、相手に反対の意味の英単語をこたえてもらうというものです。

相手が答えられなかったら勝ち!

1.トーナメント表を完成させる

番号札を配ったりしてトーナメント表を完成させます。

くじ引きなと平等になるようにしましょう。

2.対戦相手と向かい合ってゲームスタート

向かい合って一人ずつ単語を言っていきます。

単にBigでもいいのですができるならフレーズでWhat is the opposite of ....といえるとさらに良いと思います。

制限時間を決めておくとスピーディーにゲームが進みます。

どちらかが間違えるか、タイムーバーになるまで続けて勝敗を決めます。

3.チャンピオンを決定する

トーナメントを進めていきチャンピオンを決めます。

1ゲームに時間がかかってしまうことがあるのが問題なのですが、それぞれが問題を出し合うので効果は抜群です。

少し難しめの単語を必死に覚える子ども達が出てきます。

時間がある場合は日を変えて行うと家で単語を暗記してくる子どもがたくさん出てきて、英語の授業としては成功です。

ゲームとしては永遠に終わらなくなってしまうことが考えられますが。。。

最後に

本日は反対の意味を持つ形容詞を学習する場合にクラスで行える英語活動3つを紹介しました。

すべてを行う時間はないかもしれませんが、クラスにあわせて子ども達が楽しめる活動を行えるといいですよね。

他にも良いアイディアがありましたら教えていただけると嬉しいです。

それでは今日も良い一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.