正しく英語を読み取りモンスターを完成させよう!【こども英語教材】 - [幼児/小学校英語教育指導案、無料教材]Body parts 私の体

Welcome to Mr.Kame's English with fun

正しく英語を読み取りモンスターを完成させよう!【こども英語教材】

Mr.Kame

Mr.Kame

feet

今回は体の部分を表す英単語を学習する3回目です。

これまでビデオ教材、パワーポイント教材を紹介してきました。

それらの教材は以下のリンクから確認できますのでご覧ください。

参考英語教材
Hokey Pokeyを歌って踊ってボディーパーツを覚えよう!【子ども英語教材】
シンプソンズBart君のロボットを君は修理できるか!?【子ども英語教材】

今回は学習プリント、ワークシート編です。

クラスで楽しく行えるクラフトワークシート、宿題などとして出せる普通のプリントなどそろえてみました。

用途に合わせてご利用ください。

マッチング式ワークシートでボティーパーツを学習

まずは体の部分を表す英単語を学習するために利用できる選択式のワークシートを紹介します。

どれっも答えを選ぶだけのシンプルなものです。

スペルがわからなくても大体の音で答えを見つけることができます。

body parts worksheet1

最初のワークシートは上のようにイラストに矢印と番号が書かれているのでその体の部分を表す英単語を選んで空欄に書いていくものです。

登場する英単語もそれほど多くなくさらに英語を書かなくてもよいので年齢の小さい子ども達でも行うことができます。

英語のアルファベットやスペルにも慣れ親しんでももらいたい場合は書き込みをするワークシートがお勧めです。

そちらは後半に登場してきます。

こちらのワークシートは以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツ学習用ワークシート(要無料会員登録)
body parts worksheet2

こちらのワークシートもイラストと書かれている英単語をマッチさせその番号を空欄に書き込んでいくものです。

イラストが若干わかりずらい物もありますが、それは、ワード形式のファイルですのでそれぞれが編集しましょう。

登場する英単語も20個とそれほど多くないのがお勧めの理由です。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツ学習用ワークシート(要無料会員登録)
body parts worksheet3

ここで紹介するのはターザンの体の部位を英単語とマッチさせていくものです。

このワークシートはかなり多くの単語を網羅しているところがポイントです。

基本的な単語を学習している子ども達の復習とさらに多くの単語を学習してもらいたい時に使用しています。

このワークシートは英単語を一度ですが書く必要があります。

いきなりこれだけの単語がでてくるとびっくりしてしまうので応用編という感じで使用すればよいと思います。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツ学習用ワークシートターザン編(要無料会員登録)
body parts worksheet4

最後はおなじみのワークシートです。

イラストに数字があるのでそれらを表している英単語を選んで四角にアルファベットを書いていきます。

文字数が違うと答えが間違っていることに気づくので便利です。

特に口、歯、唇などイラストがわかりにくいものがあるのでそれらは文字数で判断するようにします。

さらにいつものように緑色の部分を縦に読むと秘密の暗号が出来上がるのでそれが何なのか考えてみるのも楽しいです。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツ学習用ワークシート(要無料会員登録)

クラフト式ワークシートで楽しくボティーパーツを学習

ここでは少し異なった活動ができるワークシートを紹介します。

body parts worksheet5

このワークシートはFredが登場します。

左上に描かれているFredが完全体です。

そのほかの小さいFredには描かれていなところがあります。

その欠けている部分を見つけその部分の英単語を空欄に書き込んでいきます。

間違い探し的な要素があるので子ども達には人気があります。

さらに年齢が小さい場合は色を塗ってもらったりすることもできます。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツ学習用ワークシート(PDFファイル)
body parts worksheet6

ここで紹介するのはクラフトワークシートです。

ワークシートは2枚編成になっています。

一枚目は上のようなモンスターの説明文です。

1から10まであるので子ども達にどれか一枚をそれぞれ配ります。

その英文を読んで2枚目にある体の部分に色を塗ったり、切り取ったりしてモンスターを完成させます。

それぞれが異なったモンスターを作ることになるのでそれぞれの子どもたちの定着度を確認することができます。

完成したモンスターを見せながらそのモンスターについて英語で説明できるところまで活動を広げられれば最高ですね。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツ学習用クラフトワークシート(PDFファイル)

自作のモンスターを英語で説明しよう!

ここで紹介するのは書く練習が含まれます。

body parts worksheet7

このワークシートは描かれているモンスターのイラストを見て何がいくつかるのか英語で書くものです。

パワーポイント教材ではイラストを見て英語で表現することを練習しました。

今回はそれをワークシートで書くという活動を通して定着させていきます。

使うフレーズはシンプルにIt has got です。

四角の中に体を表す英単語が記載されているのでそれがいくつあるのか数えて文を作っていきます。

最後の問題は自分でモンスターを描いてそれについて書くアクティビティーになっています。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツ学習用ワークシート書き取り(要無料会員登録)
body parts worksheet8

こちらのワークシートは自分でモンスターを描いてそれについて話したり書いたりするものです。

まず何を何個描くのか決めてからスタートするようになっています。

そのため意外とこういった創作活動が苦手な子どもでも取り込みやすくなっています。

モンスターには色も塗り最後は説明文を英語で書きましょう。

名前を付けたりいろいろ情報を追加していくと面白い活動になります。

ここまでこの単元でできるようになることが目標です。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツ学習用ワークシート(要無料会員登録)

折り紙!パクパク君で楽しく学習

最後はおまけとしてクラフト学習プリントです。
body parts worksheet9

以前も同じものを異なる単元で利用しました。

折り紙のパクパク君を使ってボティーパーツを学習するようにできています。

まずは色を塗り、正方形に切り取ったら折り紙のパクパク君と同じように折りたたんだら出来上がり。

英語の授業を少し楽しくするためのアクティビティーと考えて使っています。

こちらの教材は以下のリンクからダウンロードできます。

引用サイト(外部リンク)
ボティーパーツを学習できるパクパク君(要無料会員登録)

最後に

今回はボディーパーツ学習する際に利用できる学習プリントを紹介しました。

学習プリントは市販のものもたくさんあります。

お気に入りのものを見つけてそれを使っていただけたらと思います。

皆さんにもおすすめのワークシートありましたら是非コメント欄より教えていただけると助かります。

それでは今日も良い一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.