Welcome to Mr.Kame's English with fun

Hokey Pokeyを歌って踊ってボディーパーツを覚えよう!【子ども英語教材】

Mr.Kame

Mr.Kame

hands

今回からボディーパーツ(体の部分の名前)の教材を紹介していきます。

まずは英単語を覚えれるようなビデオ教材を紹介します。

有名な歌から教室で簡単にできる活動などを紹介していく予定です。

以前学習しましたがここではHave got/ Has gotの復習もします。

ぜひ参考にしてみてください。

有名!Head shoulder knees and toesでマスター

最初に紹介するのはおそらく一番簡単でさらに有名な曲です。

Head shoulder knees and toes.

と繰り返しながらその部分を触っていきます。

歌いながら体も動かせるので楽しみながら単語を覚えることができます。

いろいろな方がYouTubeにビデオをアップロードしていますので是非お気に入りを探してみてください。

ここで紹介するのは私がお勧めするものです。


最初に私がお勧めするのはアニメーションバージョンです。

かわいい動物たちが歌いながら踊ります。

動物たちに合わせて子ども達が体を動かすことができます。

この動画を私がお勧めする理由は、歌のスピードがどんどん速くなっていくからです。

ゆっくりから始まります。

歌いながらその体の部分を触っていきます。

毎回少しずつ早くなっていくので子ども達も飽きることなく最後の最高速までチャレンジします。

最後まで行くとかなりの運動になります。

それと同時に英単語もマスターできます。


この曲は一曲目と同じからスタートします。

曲の初めに少し長めの前ぶりがあるので少しチャレンジしたいクラスにちょうどいいです。

さらに曲のテンポも速めです。

それを2度繰り返した後に同じリズムでNeck,elbows, hip and feedと単語を変えて繰り返します。

普段のバージョンでは学習できない単語も学習できます。

最後に紹介するのはストーリーになっているものです。

同じように体の部分を学習するのですがいつものようにSteveが面白く紹介してくれています。

Maggieのマジックによって隠れた体の部分を見つける一人かくれんぼをしながら体の名前を学習していきます。

楽しみながら学習できるのでお勧めです。

歌を歌ってボディーパーツを学習しよう!

ここでは、より多くの単語を学習できる歌を紹介していきます。

ボディーパーツを教えていくと困るのは一体どのくらいの単語を教えるかということです。

基本的な単語は教えていきますが、眉毛は?まつ毛は?頬は?あごは?細かい部分まで考えるとたくさんの単語が候補として挙がってきます。

自分が教えているクラスの状況などによっては多めに教えることも考えられます。


■登場する英単語■
Head, Eyes,Nose, Mouth, Ears, Chin, Arms, Hands, Fingers, Legs, Feet, Toes

リズムにのって上に紹介した英単語を学習することができます。

スピードがゆっくりなのですが字幕がないのでしっかり聞きながらそれをまねすることになります。

■登場する英単語■
Eyes, Eeas, nose, body, head, shoulders, waist, hips, arms, hands, legs, feet

今回のビデオも歌に合わせて体を動かします。

ビデオを流すだけで授業の流れができているので便利です。

まず一度ビデオを見せます。次にもう一度聞いてみます。

この時歌詞が字幕として出てくるので歌詞を勉強します。

3回目は一緒に歌ってみましょう。

最初から歌なしが難しい場合は2回目を繰り返し歌付きで歌ってみましょう。

4回目歌詞もなくなります。

歌を暗記できれば一番良いのですがそうでなくても家で何回も聞いてもらい練習してもらいます。

MatさんとDanさんのコラボです。

幼児向けです。

体をシェイクするようにします。

腕を振り、フリーズしたりします。

歌詞も簡単ですので子ども達もすぐに歌って振付を覚えてしまいます。

対象年齢が小さい場合はこのビデオをお勧めします。

フラシュカード形式に一つずつ単語を確認しよう!

ここではフラシュカードのように単語を一つずつ学習できるビデオ教材を紹介します。


単語を一つずつイラストと合わせながら学習したい場合はこのビデオです。

一通り単語をがくしゅうしたらビデオのようにTouch your hairなどと子どもたちに指示をして体の部分を触ってもらう活動ができます。

この活動は教師が一通り指示をだしたら子ども達に順番に英語で指示を出してもらうようにするとフレーズも学習できます。

Hokey Pokeyで楽しくボディーパーツを学習!

最後はとっておきのビデオ教材です。クラス中の子ども達と踊って英単語を覚えましょう。


このダンスソングの名前はHokey Pokeyです。

机などを動かしクラスみんなが一つの円になるようにするとよいと思います。

円の中がインで円の外がアウトです。

画面に表示されるボティーパーツを円の中に入れたり、出したりし最後にシェイクします。

曲のスピードもだんだんと速くなってくるのでやりながら子ども達も盛り上がってきます。

ボディーパーツを学習する際に利用できるビデオはたくさんありますが私が一番気に入っていて利用するのがこれです。

INやOut、RightとLeftも一緒に学習できます。

最後に

今回はボディーパーツを学習する際に利用できるビデオ教材、歌を紹介しました。

ビデオを使うことで子どもたちはネイティブが発音する音に触れることができます。

英語を得意としない先生でもビデオを使うことで自分が正しく発音できなくてもきちんとした英語に子ども達が聞くことができるのでお勧めです。

皆さんにもお勧めのビデオがありましたら是非コメント欄より教えていただけたら嬉しいです。

それではよい一日を。

関連記事


Comments 0

There are no comments yet.