Welcome to Mr.Kame's English with fun

ビデオを見ながら真似するだけで英語のコミュニケーション力が上達する!

Mr.Kame

Mr.Kame

theatre play

英単語を覚え、英語の歌をビデオを見ながら歌うだけではコミュニケーション力は向上してきません。

しかし幼児や小学生が対象となるとできることは限られてきます。

皆さんが中学生の時の英語の授業はどんな感じだったか覚えていますか?

中学校時代の英語の教科書は会話形式であった記憶があります。

会話文を通してコミュニケーション力を向上させる狙いがあったのでしょう。

では対象が小学生になるとどうでしょう。

今回は小学生でもできる活動を紹介します。

ビデオを見て真似するだけでいい英語劇

中学生のように会話形式のテキストを渡して読むことは小学生にはできません。

しかし対話形式の英語にも親しんでもらいたい。

英語で短い会話ができるようになることで英語を学ぶ楽しさを感じてほしい。

また、会話の練習で会話で使える英語を覚えてほしい。

今回紹介するのはそんな時に使えるビデオを使った対話形式の英会話を学習する方法です。

ビデオを見るだけではありません。

そのビデオをそのままロールプレイします。

短い英語劇をすることになります。

ビデオロールプレイの授業の流れ

まずは下に掲載したビデオをご覧ください。



【ビデオを使ってのロールプレイの方法】

1)ビデオを見せます。

見せるのは最初の50秒です。流してみてもらいます。

2)会話の意味の確認

ビデオを見ているので中には会話の意味を推測することができる子どももいます。

字幕付きのビデオ会話を見せ、会話ごとにビデオを止めて意味を確認します。

3)会話の内容が分かったところでもう一度ビデオを字幕付きで見ます。

ビデオが短いのでもう一回見てもらいましょう。

4)グループを作り自分の役を決めます。

今回のビデオには6人の登場人物がいます。ソロでの会話があるのは先生、転校生と一人の男の子。

つまり3人いればできますが、英語が苦手な子もいるでしょうから4人か5人のグループにして2人はみんなで答える部分だけにします。

初めから大きなプレッシャーを与えるのはやめておきましょう。

5)自分のセリフの練習

役が決まったらもう一度ビデオを見せましょう。この時自分のセリフを確認するように子ども達には伝えましょう。

黒板に会話を板書するといいと思います。

何回か自分のセリフを個人個人練習します。

6)ビデオに合わせて練習

自分のセリフを練習したらもう一度ビデオを見せます。

この時自分のセリフのところはビデオに合わせて声に出して話すようにします。

ビデオの声付きと合わせての練習は数回するといいと思います。

7)声なし字幕のビデオに合わせて練習する

最後はビデオの声なし字幕に合わせて自分のセリフを言う練習をします。

これができるようになったら完璧です。

8)グループごと発表

クラスのみんなに練習の成果を見てもらいましょう。

発表の時もビデオを流し、ビデオと一緒に会話をしましょう。

声なし字幕のビデオに合わせるのが一番ですが、初めての会話形式の学習なので声ありでもOKにしましょう。

ビデオと一緒にロールプレイをすることで子ども達にも安心感がでてきます。

うまく言えなくてもビデオは先に進んでいきます。

いえなかったら次!という感じです。

9)違う役にもチャレンジ

ここまで学習を進めてくるとセリフの無かった子ども達がもう少しできるのではと思えてきます。

その場合は役を交代してやってみます。

role playing

ビデオ英語劇をお勧めする理由

このビデオをお勧めする理由を以下に挙げます。

1)会話が短い

英語学習を始めたばかり子ども達でもすんなりとできる50秒。

役一人当たりの会話も少ない。

ハードルが少ないことがまずおすすめの理由です。

2)英語のフレーズも短く簡単

授業の中で最後の発表までしようとすると時間がかかりますが、それぞれのフレーズが短くて練習時間が短くても発表できるまでなる。

英語劇というと大変で敬遠されがちですが、まずは短いものからスタートさせてみましょう。

3)ビデオに合わせて練習できる

ビデオそのものがロールプレイするためのものなのでセリフの練習もビデオに合わせてすることができます。

聞いて真似をすることでナチュラルな発音が可能になります。

また、セリフを忘れてもビデオが教えてくれるので子ども達の気持ちも楽になります。

最後に

今回は初めてのロールプレイでしたが回数を重ねながら会話自体の時間や会話数を増やしていきます。

短かろうと英語劇をすることができた。

ということが自信につながります。

そして、次もう少し長めのをやってみたいというモチベーションにもなります。

今回紹介したビデオの制作会社は他にもたくさんのロールプレービデオをYouTubeにアップしています。

クラスのレベルや学習内容によってビデオを選んでみてください。

それでは、楽しみながらロールプレイし英語の会話力を高めていきましょう。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.